アメリカの映画会社20世紀フォックスが実施したアンケートで、「オーストラリア人は1日3回ウソをつく」という驚くべき調査結果が出たと、米UPI通信社が報じた。

ウソをついている対象で最も多いのは恋人や配偶者。次に多いのが友達や仕事仲間であったという。最も多いウソの内容は「自分の現在いる場所」であり、2番目は「頼まれた家事を終わらせたかどうか」であった。

また、この調査に参加したオーストラリア人の男性の多くは、今まで性的関係を持った女性の人数を実際よりも多く返答していることも判明した。

20世紀フォックスの広報担当者は「回答者の3分の2は、自分がウソをつくのが上手だと思ってはいないが、ウソが人生を楽にしてくれるのであれば喜んでウソをつくと答えていた」とコメントしているという。

なお、この調査がどのように行われたのかは明らかにされていない。

イラスト:ロケットニュース24

■参考リンク
UPI(英文)