まもなくやってくるクリスマス。恋人に家族に友人に……何をプレゼントするのか悩み始めるのもこの時期だ。超実用的なモノは便利だけど味気ないし、かと言ってインパクト勝負の品物はその後の使い道に困ってしまう。そんななか、話題になっているクリスマスプレゼントといえば「月の土地」である。果たしてどのような商品なのだろうか?

月の土地の販売を始めたのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。彼は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、徹底的に法律を調べた。すると宇宙に関する法律は、1967年に発効した「宇宙条約」しか世界にないことが判明。さらに同条約では、月の土地を国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのである。

というわけでさっそく「月の権利宣言書」を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。これに対しての異議申し立てなどが無かったため、月の土地の販売を始めたというわけだ。

気になる価格は1エーカー(1200坪)2700円より。広さはサッカーグラウンド1つ分だ。月の土地権利書とオリジナル封筒と権利書和訳冊子、あとはクリスマスカードが付いてくる。よりグレードの高いセットだと、専用のオリジナルファイルにオーナーシップカード、さらにクリスマスラッピングも付いて7000円。ほかにも、まるでiTunes ギフトカードのような感覚で、簡単に月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」もラインナップだ!

ちなみにこの月の土地。アメリカでは2人の元大統領をはじめ、ハリウッドの著名人やNASAの職員も購入しており、全世界130万人以上が月のオーナーとなっている。日本だけだと15万人。あなたも大切な人と共に、月の土地のオーナーになってみてはいかがだろうか?

■参考リンク
「月の土地」ルナエンバシージャパン