自分で考えた空想世界のキャラ設定をノートにビッシリまとめてみたり、魔法が飛び交うファンタジー小説を執筆してみたり、「学園祭で全校生徒の前でバンド演奏」などの妄想をしてしまったり……という経験は、日本人ならば誰にでもあるはずだ。特に中学2年の頃にやってしまうことが多いため、これらの恥ずかしい行動は「中二病」と呼ばれている。

そんな中二病は、日本独特のものだと思われていたが、実はそうでもなさそうだ。

ロシアの女性ブロガーSaimon Lightさんが描いたイラストは、日本人の描く「中二病的イラスト」と比べても、まったく遜色のないクオリティを誇っている。

まるで蝶々のような羽を背負った美女、武器は剣、そして角の付いた鉄仮面……。日本でも同じような女戦士を描いたことがある人も多いはず。しかし顔はロシア風。なかなか味のあるイラストではないだろうか。

ちなみにSaimonさんが興味を持っていることは、「夜」、「アニメ」、「害虫」、「黒いカラス」、「黒猫」、「ポエム」などであるらしい。また、アニメでは日本の『HELLSING(ヘルシング)』のファンであるそうな。オタク心は世界共通である。

(文=GO
screenshot:blogs.privet.ru

▼このイラストもまた味がある。

■参考リンク
Saimon Lightさんのブログ(ロシア語)