何かと便利と評判の「クラウド」なるムーブメント。例えるならば、今まで机の上やパソコン上で行っていたものをネット上でやってしまおう!というコンセプトであるが、それを「どう使えばいいのか」がイマイチよく分からない。そんな方も多いのではないだろうか。

かく言う記者もそのひとり。いや、実はクラウドアプリのいくつかは使っている。エバーノート(Evernote)にドロップボックス(Dropbox)。メールはグーグルのGmailで、ニュースなどの情報はGoogleリーダーでまとめて確認。さらにiPhoneも組み合わせて……と、はたから見れば「使いこなしてる感」満々だが、正直内心、イマイチ使い方がよく分かっていなかったりする。

特に、ちまたでは絶賛されているエバーノートがどう便利なのか?が理解できていない。

妻から手渡された「買い物リスト」のメモ帳を、まずはパソコン上でエバーノートにタイピング。これでもう「メモ帳忘れ」で妻に怒られなくてすむ。そしていそいそと買い物に出かけ、八百屋の店先で取り出すのがiPhoneだ。iPhone版のエバーノートを立ち上げて、先ほど入力した「買い物リスト」を確認。にんじん、じゃがいも……買い忘れナシ! これでもう妻に怒られない。やったぜハイテク、ありがとうエバーノート!……といった具合だが、どうも違う。絶対に違う。このままではいかん!

ということで、専門書を買って勉強してみることにした。

書店やネットをくまなくサーチし、最終選考を勝ち抜いたのが『クラウド情報整理術』(村上崇・著) なるクラウド秘伝書。あまり話題にはなっていないが、書店でもAmazonでも売り切れ連発の隠れベストセラーらしい。みんなこの本をコッソリと読み、クラウドの何たるかをマスターしていたのか……と思うと、少し悔しい。

さて、この『クラウド情報整理術』だが、エバーノートやドロップボックスはもちろんのこと、GmailやGoogleリーダーの高度な使い方が惜しげもなく紹介されている。さらにiPhoneをはじめとするスマートフォンも組み合わせ、無駄なく情報を整理しよう的な実例をこれでもか!と紹介。初心者から上級者まで、幅広くカバーできる内容となっている。

例えば先述の「買い物リスト」で、さっそく実践してみると……妻から手渡された「買い物リスト」のメモ帳は、iPhoneのカメラでパチリと撮影。このままでも八百屋の店先で「メモ帳の画像」を確認すればオッケーだが、念のためにエバーノートにも保存しておく。これにより、「iPhoneの画像がなぜか突然消えちゃた!」などの事態になっても、エバーノートにアクセスすれば「買い物リスト」が確認できる。もし万が一、iPhoneの電池が切れちゃった!という究極の事態になっても、マンガ喫茶のパソコンからエバーノートにアクセスすれば「買い物リスト」が確認できる。どんな事態になっても、「はぁ? メモを忘れたァ?」と、妻に怒られることはないのである!

また、クラウドを使いこなしている有名ブロガー3人のインタビューも掲載されており、目からウロコのテクニック満載。特に参考になったのが、クラウドアプリをどう組み合わせて使いこなすか?という三者三様のテクニックだ。テキストエディター「秀丸」とドロップボックスの組み合わせが最強!と言う人もおり、クラウドの使い方は無限大だと痛感できる。

ちなみにその有名ブロガーというのは、「Webマーケティングブログ」のSigeoさん、「TechDoll.jp」の三橋ゆか里さん、「Hacks for Creative life!」の北真也さんの3人。クラウドを使いこなしているからなのか、みな一様に「仕事できる感」が満々であった。

とりあえず記者は、妻に怒られなければそれで満足。「仕事できる感」は全然だが、「使いこなしてる感」は当社比2倍は増量である。

photo:『クラウド情報整理術』(村上崇・著/日本能率協会マネジメントセンター刊)