中国ではイケメンすぎるホームレスが映画スターになるなど、ホームレス人気が話題となっているが、またまた新たにホームレスのニュースが飛び込んできた。偽ホームレスがあらわれ、荒稼ぎしている実態が明らかになったのである。

偽ホームレスの多くは住居を所有しており、定職についている者さえいるという。なかには1年間に270万円も稼ぐものもいるそうだ。事態を重くみた警察は、偽ホームレスの一掃(いっそう)に乗り出した。

イギリスのニュースサイト『メールオンライン』によると、イギリス東部のリンカンシャー州で浮浪者を装った偽ホームレスが急増しているという。警察の調べによると、彼らは毎日約5,300円を稼ぎ、週末には約13,000円も得ている。1年間の収入は約270万円に達し、教師の初任給程度の荒稼ぎしているのだ。

彼らのほとんどが家を持ち定職についている。9~5時まで仕事をした後に、ボロボロの衣類をまとって道端に座り込んでいるのだ。さらに、アパートの改築の費用を稼ぐサラリーマンや資金を集める麻薬の売人まで、ホームレスになりすましていた。

別の調査報告によると、通行人の約7割がホームレスの前を素通りすることに罪悪感を感じるという。そして、約4割の人がお金を与えることで、彼らが食事や宿を得られると信じているそうだ。しかし残念ながら、この町のホームレスのほとんどが偽もの。帰る家があるうえに、集まったお金を麻薬の購入に費やしている者もいる。

警察は今後、偽ホームレスを一掃するために調査を進め、悪質な場合は起訴する方針だ。人々の善意につけ込み荒稼ぎする偽ホームレス。いくらなんでも270万円は稼ぎすぎではないだろうか。

ちなみに世界では、『W杯・日本代表選手がイケメンすぎるホームレスに似ている! 中国で話題に』や『透明人間になったホームレス』、『おしゃれホームレスに話題集中! ファッションセンス抜群』、『中国に美人すぎるホームレスが登場! 本当に美人すぎる』などのホームレス関連のニュースが話題になっている。