すっげえ! すっげすっげすっげすっげすっげえ~! こんなスゴい『コカ・コーラ』を見せられて興奮せずにいられるだろうか? 19世紀に初めて作られた『コカ・コーラ』が元祖コーラとされているが、それ以来の革命的な『コカ・コーラ』が登場したのだ。

なんと! ペットボトルのフタを開けた瞬間、一気にコーラが凍っていく『コカ・コーラ』が存在するのである! 見た目は普通のペットボトル型『コカ・コーラ』で、中に入っている成分も他の『コカ・コーラ』と変わりはない。しかし、フタを空けた瞬間に凍って固形となり、ペットボトル内部がどんどん凍って白くなっていくのである

どうなっとんじゃコリャー! カチンコチンエクセレントー! という事で、トップシークレット(?)の瞬間氷結『コカ・コーラ』を徹底取材! 取材班は不思議すぎるコーラを目の前にして、まるで未来の『コカ・コーラ』を見ているかのような衝撃に襲われたのである

フタを開けるだけで凍りつく『コカ・コーラ』は通称『SUPER CHILL! コカ・コーラ』というらしく、見た目は他の『コカ・コーラ』となんら変わりない。さっそくフタを開けてもらったところ、普通の『コカ・コーラ』のようにプシュッという炭酸が抜ける音がした。特に何も変わりないけど……と思っていたのもつかの間、みるみるうちにペットボトル内部が白くなっていくではないか!

どうやら『コカ・コーラ』のフタを開けた事によりペットボトル上部からどんどん凍っていっているようなのだ。ペットボトルを押したり、横にしたりするとさらに凍っていく! これどうなってんの!? これ、この時代に存在しちゃいけないオーパーツ並みの技術なんじゃないのかーッ!?

スタッフの話によると、フタを開けた事によりコカ・コーラに衝撃が伝わって凍りはじめるのだという。いやいや、ちょっと待てと。衝撃を受けただけで凍るなんてありえないだろうと。本当は何か特別な成分が入ってるんでしょ?

いろいろと話を聞いたころ、この『コカ・コーラ』は正真正銘、普通にコンビにやスーパーで売られているものとまったく同じもの。瞬間氷結する秘密は保存している温度にあるという。マイナス7.5度の温度を保ったまま特別な冷却機材を使って保存しておくことにより、『SUPER CHILL! コカ・コーラ』を作り出すことができるというのだ

次回は、『SUPER CHILL! コカ・コーラ』を実際に飲んだ感想をお伝えしたいと思う。正直言って、『SUPER CHILL! コカ・コーラ』は今まで体験した事のない衝撃的な食感と味わいをしている。

Photo from coca-cola (japan) company Limited.