婚活という言葉がメディアで使われるようになってから、3年弱。婚活ビジネスはさまざまな形に進化している。その例として、結婚相談所への登録、婚活パーティー、インターネットで相手を探してアプローチする「インターネット型婚活サイト」、さらには受験生気分が味わえそうな(?)「結婚予備校」まで登場している。

なかでも国内外のメディアで話題となっている「婚活バー」というのはどんな場所なのだろうか? アラサーを目前に控えた妙齢の記者(女)が、日本初の独身者専用のバー『Singles Bar GREEN 六本木』で潜入取材を試みた。

『Singles Bar GREEN 六本木』のホームページによると、欧米では独身者が多く集まるバーのことをシングルズ・バーと呼ぶそうだ。しかし、これは和製英語ではないだろうか? 欧米ではバーは独身や異性に関わらず、出会いの場。目と目が合えばロマンスがはじまる、というのは本当で、バーで出会って付き合っちゃうカップルって少なくない。記者もそんなロマンスを期待しつつ、上下セットの下着を身に着け、『Singles Bar GREEN 六本木』へ向かった。

バーはビルの5Fにあり、照明が暗く、こじんまりした印象。記者が足を運んだのは金曜日の20時頃。店にはお客さんはあまりいなかったが、店のスタッフによれば「時間が遅くなればもっと人が集まる」とのこと。こちらのバーは完全会員制なので、お客になるためには会員登録が必要だ。ソファ席に案内され、会員登録に必要な資料に目を通し、個人情報を記入する。注意事項に独身者であること。彼氏・彼女がいる人は×と書かれていた。彼氏や彼女がいても、うまくいっていなければ婚活してもいいんじゃないの? と思うのは、記者だけだろうか。

登録後、気になるのは金額だ。どれぐらい支払わなければいけないのだろうか。「女性の会費は、これから紹介させていただく男性が負担することになっています。女性のお客様の飲み物の代金も男性の会員様が負担いたします。ですので、女性は無料です」とのこと。女性にとっては、出会いもあるし、タダ酒は飲めるし、天国のようなところだ。男性は、エントランス及びテーブルチャージを合わせて5000円。女性の場合、初回は無料だが次の来店からはテーブルチャージが2500円かかるとのこと。

登録完了後、男性を紹介され、その男性とお酒を飲みながら約30分間おしゃべりをするというシステムで、30分経つと他の男性を紹介してもらえる。欧米のバーは、自ら進んでいく、或いはお互いの目が合って会話が成立するから、このシステムは非常に親切である。

夜が更けて、そろそろ22時。記者は3人の男性を紹介していただいたが、店へ足を運んだときのような高揚感はなかった。紹介していただいた男性のひとりには、「君はもっと真剣に婚活に取り組んだほうがいいかもしれない」と言われてしまった。恋と結婚は、ここでは別物なのかもしれない。勉強が足りませんでした。さて、騒がしくなってきた店内を見渡すと、女性客はおそらく30代が最も多く、続いて20代、40代。男性客は30代後半から40代が多いように思えた。取材に来たのだから、参加者の話も聞いてみたいと思い、記者の隣に座っていた20代の美人女性に話しかけてみた。

記者: 「あの、とても美人ですよね。婚活バーにいらっしゃらなくても、お相手が見つかりそうですよ」
女性: 「ふふふ。出会いがないんですよー。会社の先輩たちも、出会いがないって言ってます。彼女たちはバーじゃなくて、結婚相談所に登録しているみたいですが」

こちらのバー、美人率が非常に高いのである。滝川クリステルさん似の女性もいたし、アイドル並の容姿をもつ女性が多数。着るものやメイクに気遣っている女性が非常に多く、多くの女性たちからキラキラオーラが出ていた。男性客は、美女を目前にウハウハしてしまうのではないだろうか。しかしながら、平日の早い時間帯だと、女性客が余ってしまう現象も発生しているとか。男性方、チャンスですよ!!

結婚がしたい、と心から望んでいる人は足を運んでみることをおすすめする。会員制なので、相手の身元がしっかりしているというのは安全だし、スタッフはとても丁寧にマッチングのお手伝いをしてくれる。だが記者には疑問が残った。「こんなに小さな箱の中で、本気で愛する人が見つかるのだろうか?」という疑問である。

会員の中には結婚に至ったカップルもいるというから、愛する人を見つけられたということだろう。でも、記者は違和感を感じずにはいられなかった。フィクションではあるがアメリカ版の婚活コメディ『最後の恋のはじめ方』を観て、日本の婚活バーでのお膳立てされた出会いと、米国のバーでのエキサイティングな出会いを比べてみてほしい。記者の感じた疑問をお分かりいただけるだろう。

最近はさまざまな結婚のニュースが報じられている。『まさに運命の出会い!異なる国出身のカップルが20年前の写真に偶然一緒に写っていた』や『木村カエラが妊娠5か月で瑛太と結婚へ! ファン涙目でリンガディンドン♪』などの衝撃的な結婚ニュースが世間を賑わせているが、『男性がうんざりする女性の10の行動』を読んで勉強し、とりあえず結婚の話が出るところまで恋愛を進めてみたいものである。

■店舗情報
店名: Singles Bar GREEN 六本木( http://www.bargreen.jp
住所: 東京都港区六本木3-11-6 21泰明ビル5F
営業時間: 18:00~24:00(日曜・祝日は17:00~23:00)
定休日: 月曜(祝日の場合は翌日)