葛飾区亀有駅付近に設置された、マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)の人気キャラクター・両津勘吉(以下、両さん)の銅像。銅像は亀有駅付近の数カ所に設置されており、巨大な銅像と小さな銅像の2つのサイズが存在する。大きな銅像はけっこうな人気だが、小さな銅像は地味なせいか、あまり人が集まっているのを見かけない。

そんな両さんの銅像だが、マラカスを持った両さんの銅像の腕の部分が破壊され、マラカスがもぎ取られるという騒動が発生。地域住民は、心ない人の行動に悲しんでいるという。取材班が実際にマラカス両さんを見てみたところ、確かに左手に持っていたはずのマラカスがもぎ取られていた。

見物客が銅像に触ってケガをしないように、商店街の人が左手に包帯を巻いたようである。しかし、不思議な現象が発生している事がわかった。なんと、破壊された影響で、マラカス両さんの銅像に多くの人たちが見物に訪れているのである

マラカス両さんは小さな銅像のためあまり目立たない銅像なのだが、それでも大きな銅像より注目度が高まり、女子高生から高齢者まで、多くの人たちが見学に訪れているのである。「これニュースで見たの! 記念に写真撮ろうっと♪」と、女子高生たちは壊された両さんと記念撮影。「まあ、おまえも頑張れよっ♪」と、両さんに声をかける女子高生も。壊されたのは悲しい出来事だが、両さんがどれだけ愛されているのかがわかる現象といえよう。

Photo by Rocket News24 Staff / 本誌記者撮影


壊された『こち亀』両さんの銅像! 壊された影響で大人気に