トルコのAdiyamanという都市で16歳の少女が自らの親族の手により生き埋めにされるという、痛ましい事件が起きた。この事件で少女の父親と祖父が逮捕されたが、なんと殺害理由は「少女が男の子と会話したから」というもの。元々、異性との交遊関係について厳しかった祖父は少女に虐待を加えていたという。そして“男の子と会話した”少女について、家族会議を行った結果“生き埋め”にすることにしたようだ。

事件後少女の家族は少女を行方不明とし、現地のメディアも少女が行方不明と報道していたが、今回、情報提供者の出現により、少女が生き埋めになっていることが発覚したのだった。少女の親族は生き埋めについて「名誉の殺害だった」と情状酌量を求めている。トルコの比較的貧困な地域には「名誉の殺害」ということがたびたび起こっていることも現地メディアは報じている。

記者:tani