ks-chaina

中国・河南省鄭州市で11月10日、1組のカップルが葬儀場で結婚式を挙げた。

新郎の余さんは四川省の出身。6年前に兵役で鄭州にやってきた際に新婦の張さんに一目惚れし、3年前から交際が始まった。しかし、彼らには悲しいドラマが待っていた。

二人は今年の4月に婚約、8月に入籍。しかし、幸せな結婚生活はほんの一瞬で音を立てて崩れ去ってしまった。結婚式を年末に控えていた11月9日夜、張さんが突発性てんかんで急死してしまったのである。愛する新妻の急死にショックを受けた余さんは、楽しみにしていた彼女のためにもと、葬儀の前に結婚式を行うことを決めた。そして葬儀場での結婚式が執り行われた。

花輪と遺影が飾られた水晶の棺に入った張さんのなきがらの横に立った余さんは、牧師の「あなたはこの者を妻とし、生涯愛することを誓いますか」との問いかけに、涙交じりにはっきりと「誓います」と答えた。結婚式に引き続いて葬儀が執り行われ、張さんは荼毘にふされた。

世の中で最も悲しく辛い結婚式を終えた張さんは、身辺が落ち着いたら彼女が生前行きたがっていた韓国へのハネムーンに旅立つという。もちろん、彼女の遺影と一緒に。

記者:やながわ(from cocolognews)