牛丼レストランチェーン『吉野家』には、牛丼の種類が3種類ある。並み盛り、大盛り、特盛りの3つだ。ほとんどの人が並み盛りを注文しているようだが、「もっと肉が欲しい!」と思う人もいるはず。でも、「ご飯はそんなにいらない!」という人もいるはず。そんな場合は、次のように注文してみましょう。

・肉多めに食べたいけどご飯は少なめ
「頭の特盛り(あたまのとくもり)ください」と注文しましょう
(肉110グラム、ご飯260グラムになります)

・肉かなり多めに食べたいけどご飯は少なめ
「特盛りをご飯少なめでください」と注文しましょう
(肉170グラム、ご飯260グラムになります)

通常メニューの内容量は次のとおりです。

【並み盛り】  肉:85グラム  ご飯:260グラム
【大盛り】 肉:110グラム ご飯:320グラム
【特盛り】  肉:170グラム ご飯:320グラム

「肉多めでご飯少なめ」を食べたい人は多いようで、ダイエットをしているけど吉野家をどうしても食べたい人や、肉の美味しさを十分に堪能しながら食べたい人などがいるようです。

吉野家ツウにいわせれば、「最強に濃い吉野家の牛丼を食べたいときは、特盛りのご飯少なめを注文しつつ、ツユダクダクをお願いするんですよ。これがまた濃厚で美味しい! 生卵なんて入れたら絶品だね」とのこと。ツユダクダクは牛丼の汁をかなり多めに入れたもので、少し多めに追加して欲しいときはツユダクという。

人それぞれ、自分なりの牛丼ライフがあると思われる。紅しょうがを山ほど入れたり、唐辛子を死ぬほどふりかけたりと、オリジナリティーのある味を楽しんでいる人がいるのも事実だ。一度、ためしに「特盛りをご飯少なめでください」と注文してみてはいかがだろうか?

■参考リンク
吉野家に隠された裏メニューがまだあった! 「つめしろ」「とろだく」「お湯割り」・・・・??