うちの娘がプールで泳いでいたら妊娠してしまったじゃないのよ!」と、プールを所有するホテルに対して提訴した母親が話題になっています。マグダレナ・ウイコスカさん(13歳)がプールで泳いでいたところ、プールに浮遊していた精子によって妊娠したとのこと。以前にも大麻所持で服役中の女性が妊娠して問題になりましたが今回はどういうことなのでしょうか。

ポーランドに住むウイコスカさん一家は、エジプトにバカンス旅行に行った際、ホテルのプールでスイミング。帰国したのち、ほどなくして娘が妊娠していることが発覚。妊娠した時期を逆算すると、エジプト旅行の時期と重なったようなのだ。

しかし、娘はエジプト旅行中に男性と触れ合う機会はなかったとしており、母親からすれば、プールで泳いだときに妊娠したとしか考えられないという結果に至ったようだ。

このことを伝えたマスコミのひとつニュースサイト『アナノーヴァ』によると、ポーランドの首都であるワルシャワの観光局は、ウイコスカさんからの提訴と苦情を確認しているという。つまり、本当に娘の妊娠に関してホテルを訴えるようだ。プールに浮遊していた精子が本当に妊娠の原因になるとしたらけっこう驚きなのだが……。この裁判の結果がどうなるか見守りたい。

■参考リンク