南アフリカに住む女性が11頭の猛獣と一緒に生活している様子がイギリスや中国のメディアによって報じられている。

この女性は、46歳のリアンナさん。動物が大好きというリアンナさんは自宅にチーター4頭、ライオン5頭、トラ2頭を飼っている。リアンナさんはもともと法律に関わる仕事をしていたが、2006年に1頭のチーターを譲り受けた事をきっかけに退職した。そして猛獣飼育のために非営利組織を立ち上げて1ヘクタールの野生動物園を作り、11頭の猛獣を飼育するに至ったという。

記事では11頭の猛獣と2頭の犬と一緒に寝食をともにしていると書かれているが、写真を見る限りでは寝食をともにしているのは、成長しても人間に慣れやすいとされるチーターと犬だけのようである。トラとライオンはまだ小さいようなのでじゃれあう事ができるが、成長して本能に目覚める頃にはさすがに一緒には遊べなくなるだろう。

それにしても、チーターにじゃれつかれる感じというのは一体どういうものなのだろう?

記者:やながわ(from cocolognews)

アフリカ 苦悩する大陸
アフリカ 苦悩する大陸

posted with amazlet at 09.07.19
ロバート ゲスト
東洋経済新報社
売り上げランキング: 51609
おすすめ度の平均: 5.0

5 アフリカについて知りたいのなら読むべき
5 アフリカの問題と可能性
5 アフリカの現状と展望を、独自の切り口から論じる点が新鮮な書籍
5 アフリカの可能性を伝える一冊
5 アフリカの多様性を教えてくれる