救急車の運転手が脳卒中で倒れた患者(69)を直接病院に運ばず、その結果患者が心臓麻痺で亡くなったことが英BBCの7日の報道で明らかになった。

その50代の運転手は先月18日、脳卒中で倒れた患者をピックアップ。しかしながら病院には直行せず市内にある『救急車待機場所』へ行った。『救急車待機場所』とは文字通り勤務を交代する場所であり、その運転手は勤務交代時間が15分過ぎたという理由で、その場所に直行してしまったのである。さらに驚くべきは次の交代者へはその救急車に患者がいることを話さなかったことだ。しかしながら次の運転手はすぐに異変に気づき病院へ直行。患者の容体は悪化しており、搬送された病院に到着するいなや心臓麻痺で死亡した。

患者の家から病院までは5.3kmで10分程度の距離であったが、救急車待機場所を経由したため30分も時間がかかってしまったようだ。現在、その運転手には業務停止命令が下され、詳しい経緯を調査しているとのこと。