イギリス人の男性のお腹から体長4 cmの胎児が出てきたというニュースが中国メディアによって報道されている。

報道によると、この男性はイギリス・オックスフォードに住むハイアットさんで、1ヶ月ほど前から原因不明の腹痛に襲われていたという。複数の医者に 見せるも原因が分からないまま痛みは悪化、腹部の皮膚もだんだん盛り上がっていった。ある日、盛り上がった部分が裂けて血が出ていることに気づき病院に駆 けつけたところ、胎児が出てきたという。

医者の指摘では、この胎児は、30年前に母親が妊娠した際に形成されたものがハイアットさんの体内に留まったもので、胎児は形成から3~4週間で死 んでしまったものと見られる。ハイアットさんは自分の「兄弟」をケースに入れて家に持ち帰っているが、「なんだか奇形児みたいで」と複雑な心境のようであ る。

こういう現象は、ごくたまに見られるとのこと。しかし、男性のお腹から胎児が出てくれば「ついに男性も!?」と思ってしまいませんか?

記者:やながわ(from cocolognews)

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班
新潮社
売り上げランキング: 4480
おすすめ度の平均: 4.5

5 とても参考になります。おすすめです。
5 科学的で、かつ読みやすい
3 科学的な研究はまだまだ続くようですが・・・
5 赤ちゃん学
3 普段本を読まないお父さん・お母さんにも薦められる。