「授業料を滞納している生徒には卒業証書を渡さない」島根県の県立高校で、このような通告をしたところ、一部の保護者から苦情があり、教育委員会は、授業料未納を理由に卒業証書を渡さない措置を見送るよう通知したという。

この件について、「生徒の責任ではない。卒業証書を渡さないのは不適切」とする意見もある。しかし、ブロガーの大半は、教育委員会の対応に首をかし げる。「高校は義務教育じゃない。授業料を払わなければ卒業どころか退学処分にされても文句言えない筈」(書く爆弾貯蔵庫Part2)、「けじめを教える 意味でも授業料の納入がなければ卒業証書を授与しないことは当然」(世相)などの声が代表的だ。

家計が苦しく滞納する家庭もあるが、払うべきなのに優先順位を下げて滞納するケースも多い。実際、この通告後、未納だった生徒全員が授業料を全額納入している。「確信犯で払わない人を排除するためには、この策ありだと思う」(Mummy日記)という意見もうなずける。

授業料以外に、保育園の保育料、小中学校の給食費などの滞納も問題となっている。せっかくの旅立ち、気持ちよく送り出したい思いは、学校も保護者も同じだろう。学業修了を証明するはずの卒業証書が、授業料納入のために使われるのは何とも悲しい。

葉(from cocolognews)

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)
細野 真宏
扶桑社
売り上げランキング: 7
おすすめ度の平均: 5.0

4 さすがのわかりやすさ
5 世界一わかりやすい年金制度の本です! 次は年金破綻について書いてください
5 読後の納得感がある
5 年金は納めろ!
5 厚生労働省の大罪