イギリス、プリマス大学の研究チームは40名の被験者に対し、誰かと電話で話をし後から名前や場所を思い出してもらうという記憶実験を行った。その結果、電話中に落書きをする人はしない人より29%もよく思い出すことが出来たという。専門家は落書きが電話中の空想を防止し、集中力を上げることになったのでは?と分析している。

この実験でまず半分の被験者である20人に、2分半の電話のメッセージを聞き取ってもらいその間に紙に描かれた図形を塗りつぶすように指示が出された。残りの20人には特に指示はなかった。また、どちらのグループに対しても、メッセージの内容は退屈なものだと事前に告知されていた。メッセージを聞いてもらった後、両方のグループに対し電話中に話されたある8つの名前と8つの場所を書き出すよう指示が出された。その結果、落書きをしたグループは平均7.5個思い出せたのに対して、落書きをしなかったグループは平均5.8個しか思い出せなかった。

リーダーである研究者のジャッキー・アンドレイド氏はこう述べる。「退屈な電話をしている時などは人は空想を始めやすいものです。空想は集中力を落とし、効率も落としてしまいます。しかしながら単純作業でもある落書きは、空想を防止し、集中力を高めることができます。」 また、英国心理学会のアラン教授は「落書きが努力を要しないことがポイントですね。落書きというのは少ない力で意識をはっきりと保つことができます。結果、会話に集中できるのです」と説明する。

参考:Doodling ‘may help memory recall’