「UMA」にまつわる記事

【新種か】巨大すぎる「謎の生物」がインドネシアに漂流して騒然! 大きさは全長22メートルで体重35トンとモンスター級!!

2017年2月、フィリピンの海岸で「長い毛を持つ巨大な白い生物」が発見されニュースになった。この世のものとは思えない姿は世界に衝撃を与えたため、知っている人も多いことだろう。

あれから数カ月、インドネシアにも ‟海のモンスター” の死体が流れ着き、そのサイズが巨大すぎると大きな話題となっている。全長22メートルで重さ35トンもある謎の生物の正体は、一体何なのだろうか!?

続きを全部読む

【UMA画像】よ〜く見て! アメリカで「蛾人間」と呼ばれる謎の生物が激撮されたと話題

「翼の生えた人間」と聞くと、天使や妖精などの可愛いらしい姿を想像する人は多いだろう。だが、とてもじゃないが “可愛い” とは言えないモノもいる。例えば、「モスマン(蛾人間)」がそうだ。名称からして不気味な、羽の生えた人型未確認生物のことである。

そんな恐ろしいUMAの姿をとらえた画像(?)が、ネット上で話題になっているのでお伝えしたい。問題の画像をよ〜く見ると……これは鳥!? いや、何か違うような……では一体何なんだ!?

続きを全部読む

【動画あり】伝説の雪男「イエティ」か!? ロシアで二足歩行する謎の生き物が撮影される

この世の中には、まだまだ私たち人間の知らない生き物が存在する。ごくまれにUMA(未確認生物)をとらえたという衝撃映像が世間を騒がせるものの、その謎が解明される日は来ていない。

しかし先日、ロシアで新たな映像が撮影され、世界を驚かせる事態になっている。それもそのはず、そこに映っているのは二足歩行する謎の生き物……雪国に生息する伝説の雪男「イエティ」とも言われているのだ!

続きを全部読む

【新種か】中国の山奥でドラゴンのような未確認生物が撮影される

この世には未知なる生物がまだまだ存在する。深海をはじめ、ジャングルや山奥など、私たち人間の知らない世界は数多い。そして新種が見つかるたび、人間がわかっているのはほんの一部ということを思い知らされるが、な、ななな、なんと!

つい先日、中国の山奥で新たな未確認生物(UMA)が撮影されたと話題になっている。一体、どんな姿をしているのだろうか。さっそく、動画「Dragon Caught on Tape in China」をチェックしてみたところ……こ、これは!

続きを全部読む

【UMA動画】まるでエイリアン! タイで「ダークサイドに堕ちた竜宮の使い」のような謎の生物が捕獲される / 巨大な口と鋭い牙は完全に肉食!!

ネッシー、ツチノコ、チュパカブラなど、未確認生物(以下UMA)の目撃情報にワクワクしちゃう人は多いだろう。事実、地球上には少なく見積もって数百万種の未確認生物がいると言われている。また、19世紀半ばまでゴリラが UMA だったことを考えると、巨大な未確認生物が隠れ住んでいる可能性はゼロではない。

この度、タイで捕獲された魚が「こんな生物見たことない」と話題になっている。その姿を見てみると、細長い体は「竜宮の使い」に似ているが、体と同じ幅の大きな口に何本も生えている牙は鋭く、肉食魚のオーラを放っている。さらに、生白く目がないビジュアルはエイリアンのようだ。あかん、完全にダークサイドに堕ちてはる……。

続きを全部読む

【動画あり】秒間120コマ撮影できるスマホでスカイフィッシュを撮影しに行ってみた結果

突然だが、スカイフィッシュをご存じだろうか? 魚ではない。超高速で空を飛び回る、棒状の未確認動物(UMA)のことである。そのスピードは……なんと時速280キロ以上! ほぼ新幹線の最高速度と同じ速度で、謎の “棒” が飛び回っているのだ。

その存在が初めて撮影されたのは1995年。場所はメキシコの「ゴロンドリナス洞窟」だった。その後も多くの者がスカイフィッシュの撮影に成功。もちろん日本も例外ではなく、つい先日に発売された『月刊ムー』の最新号にも、まさかの場所で撮影されたスカイフィッシュ写真が掲載されている。どこで撮影されたのかというと……

続きを全部読む

豪州で撮影されたナゾの光! 炸裂するように消える姿が不気味すぎる / 稀な気象現象「球電」か!?

ネットが普及するようになって、幽霊とかUFOとかUMA(未確認生物)などの画像・映像を誰でも公開できるようになった。その中には、「一体ナニ!?」と驚かされるものがある一方で、「コレはインチキだろ?」と思うようなものも少なくない。

そんななかで、最近海外のネットユーザーが公開した動画に衝撃を受けた。その動画はオーストラリアで撮影されたものだ。稲光が空を照らす夜間、突然上空に円形の光が姿をあらわした。しかし次の瞬間に消え去ってしまうのである。何だよ、コレ。ちょっと怖いんだけど……。

続きを全部読む

【超常現象】これはヤバい! ついにかなりのフライングヒューマノイドが撮影される!!

心霊現象をはじめ、超常現象、UFO、UMA(未確認生物)など、この世には解明されていない謎が存在する。どうせ何かのガセ情報……それらにまつわるニュースが流れる度、そう思いつつもなんだかんだ気になってしまう人も多いことだろう。

そんな中、知られざる謎のひとつ “フライングヒューマノイド” が、かなりのレベルで激撮されたのでご紹介しよう。動画「Breaking News Flying Humanoid Caught On Tape 2-9-2015」では、空に吸い込まれていく人型物体がとらえられているぞ!

続きを全部読む

アメリカで撮影されたとされる「トカゲ男」の画像がどう見ても着ぐるみにしか見えない件 / すでに海外ネットユーザーにネタ化されているもよう

いくら科学が進歩しても、科学では解き明かせないナゾはいくつも存在する。幽霊やUFO、UMAなどの未確認動物などなど、これらのナゾが解き明かされる日は来るのであろうか? 最近アメリカでこれらのナゾに加わる、未知の生物の目撃事件が発生した。

目撃されたのは「Lizard man」である。日本語でいうならトカゲ男になるだろうか。サウスカロライナ州のある教会の外で撮影されたとされる画像を見ると……。あれ? これ着ぐるみじゃねえ?

続きを全部読む

【衝撃動画】あきれるほど退屈な国立公園の映像に突然の異変! 直立歩行するビッグフットが一度に4体も撮影される

私(佐藤)はこれまでに、数々の不可解な動画について紹介してきた。UFOや宇宙人、幽霊や未確認静物などなど。今までにも多くの動画に驚かされてきたのだが、今回ご紹介する動画には久々に度肝を抜かれた次第だ。撮影場所は、2014年12月に世界遺産にも登録された、米「イエローストーン国立公園」である。

・直立歩行するビッグフットが一度に4体も撮影される

あらかじめお伝えしておく。この動画はそれほど鮮明ではない。したがって、信憑性はそれほど高くないと思われるが、撮影されたとされるのは、ビッグフットである。ただビッグフットが発見されたとされる映像であれば、そこまで驚くことはなかったかもしれないのだが、この映像には4体もの群れの姿が見えるのだ。それも一瞬……。不可解極まりない映像である

続きを全部読む

イギリスにビッグフットが出現か!? ビッグフットらしき姿が映った写真や音声動画がとらえられる! 足跡らしき物も発見

とにかく人間は、未知の物に心惹かれてしまうものだ。UFOにエイリアン、ネッシーといった未確認飛行物体や生物など、正体が分からないからこそ興味をそそられてしまう。

そんななか、未確認生物(UMA)のなかでも3本の指に入るほど有名な、ビッグフットの写真がイギリスで撮影されたというのだ!! さらに、ビッグフットのものらしき足跡や鳴き声の音声まで録音されたのだが、本当に伝説のUMA 、ビッグフットなのだろうか!?

続きを全部読む

【衝撃動画】辛坊治郎さんが乗っていたヨットの「浸水直前の映像」が公開される / 海面に浮上した何かに「ドンッ」と衝突している!

フリーアナウンサーの辛坊治郎さんと、セーラーの岩本光弘さんが太平洋横断に挑戦。しかし出航から5~6日後に浸水が発生し、救助要請を出して海上自衛隊に救助された。その浸水直前の映像が、同プロジェクトの公式ホームページ「ブラインドセーリング」にアップされ、大きな話題となっている。

浸水直前の映像は、動画サイト YouTube にもアップされており、「無題」というタイトルが付けられている。動画の時間は、わずか47秒。しかしながら、その内容は衝撃的だ。

続きを全部読む

【衝撃UMA画像】マジか!? 中国で宇宙人が野鳥用の罠にひっかかっていたと話題に

宇宙は広い。果てしなく広い。そして多くの謎に満ちている。そんな宇宙に、人類以外の知的生命体が存在しても全く不思議ではない。むしろ自然なことなのかもしれない。

2013年3月、地球上で宇宙人らしき生命体が目撃された。そして、運悪く野鳥用の罠にかかり感電死するという事件が起こっていたそうだ。その死体を関係機関で検査したところ、宇宙人の DNA は地球人とは異なるものだったという。ま、マジかー!?

続きを全部読む

【新種か】Googleストリートビューが「2本足のネコ」を激写していたと話題に

この世には、まだまだ未知なる生物が存在する。深海はもちろん、ジャングルの奥深くなどでは日々ジャンジャンと新種の生物が見つかっている。人間、地球のことを分かっているようで、ほとんど何も分かっていないのさ。ハハン。

そんななか、グーグル・ストリートビュー(Google Street View)が新種のネコを激写していたとして大きな話題になっている。海外サイト「GOOGLE STREET VIEW WORLD」に掲載された衝撃の写真を見てみると……!!

続きを全部読む

マジか!? 完全にブタの顔をした「豚面魚」が激写される

人の顔をした犬といえば「人面犬(じんめんけん)」であり、人の顔に見える魚といえば「人面魚(じんめんぎょ)」だ。人面犬は都市伝説、人面魚は実存する。上から人面魚を見ると、頭部の模様が人の顔に見えるだけだが。

そんななか……完全にブタの顔をした「豚面魚」が激写されたとして中国の掲示板で話題になっている。

続きを全部読む

【衝撃UMA映像】ユタ州でビッグフットらしき生物が撮影される

ビッグフットといえば、アメリカのロッキー山脈などで頻繁に目撃される未確認生物(UMA)である。基本的に体長は2~3メートル、色は褐色か灰色や黒っぽいことが多く、ゴリラのような二足歩行をするという。

そんなビッグフットが、米ユタ州のプロボキャニオンにて撮影されたと話題になっている。YouTubeにアップされている衝撃映像は「Provo Canyon Bigfoot Encounter? (Slowed and Enhanced Version)」である。

続きを全部読む

【衝撃映像】あまりにも人間くさい動きをする「ペンシルバニアの白いビッグフット」

ビッグフット(bigfoot)といえば、ロッキー山脈で頻繁に目撃される未確認生物(UMA)。基本的に体長は2~3メートル、大きなゴリラのような二足歩行をする生物である。色は褐色か灰色、黒っぽいことが多いとされている。

だがしかし。もしも白いビッグフットがいたとしたら、あなたはどう思うだろうか?

現在、海外のオカルトファンの間で話題になっているのがYouTubeにアップされた「The Pennsylvania white Bigfoot film」、直訳すると「ペンシルバニアの白いビッグフット映像」である。

続きを全部読む

ビッグフット最新映像公開! しかし、どこかしら違和感が……

7月7日、米カンザス州で「ビッグフット」と見られる謎の生物が撮影された。この映像は、キャンプに訪れていた家族によって撮影されたものである。

しかし、どことなく緊張感に欠ける映像で、海外のインターネットユーザーからは偽物ではないかとの指摘が相次いでいる。

続きを全部読む

イギリス、スコットランドのネス湖でたびたび目撃される伝説の未確認生物「ネッシー」が新たに目撃され、その写真が公開されたとスコットランドのテレビ局「stv」が報じた。

撮影したのは造園設計家リチャード・プレストン氏(27歳)。ネス湖の近くにあるAldourie城で仕事をしていた彼は、なにやら不気味な物体が湖に浮かんでいるのを発見。すぐさまシャッターを切ったという。

続きを全部読む