「SNS」にまつわる記事

オッサンが2017年を迎えるその瞬間に絶対にやってはいけないこと / あるいは人目に触れない小さな楽しみ

もう今年もわずか。2016年は皆さんにとってどんな1年だっただろうか? 私(佐藤)は近年稀に見るほど、充実した1年となった。どうやって年越しを迎えるのか、すでに計画を立てていることだろうと思うのだが、これだけはやめておいた方が良いことがある。

ソレは誰でも1度は試みたこと。しかもソレをInstagramなどに上げたりしたら、後々恥ずかしい気持ちになる。ソレは……。

続きを全部読む

「いつ赤ちゃんが出来るの?」との質問にウンザリした女性が反撃! SNSに公開した皮肉タップリな写真が超人気に!!

「そろそろ結婚した方がいいんじゃないの!?」だとか、「いつ赤ちゃんが出来るの?」なんていう質問は、「余計なお世話じゃ!」と一喝したくなる気持ちになってしまうこともある。

そんな一言に反撃するべく、赤ちゃんを作ることにプレッシャーを感じたある女性が、SNSに皮肉タップリかつユーモアあふれる写真を公開して、超人気を集めているのだ! こんな写真を見せられたら、周囲の人は、もうお節介な質問を出来なくなってしまいそうである。

続きを全部読む

65万人がフォローする超イケメン獣医がSNSで大人気!「動物じゃないけど診てもらいたい」とネット女子の黄色い声が止まらない!!

‟才色兼備” という言葉があるが、なかなか現実には存在しないものである。容姿はイケてるけどオツムが弱かったり、頭はキレるけどルックスがね~……なんていう場合が常である。

ところが世の中には、‟天は二物を与えず” のことわざを思いっ切り裏切ってしまう人が! そんな、約65万人がフォローする超イケメン獣医が、SNSで大人気となっているというので紹介したいと思う。ネット女子から黄色い声が、続々と挙がっているようだぞ~!!

続きを全部読む

【SNSパワー】ある少女の誕生パーティーに120万人が出席予定! メタリカとクイーンの観客動員数を合わせた以上の人数に!!

現代ではSNSの発達により、どんな画像や投稿が拡散して、話題になるか分からない時代になった。ポジティブに作用すれば良いが、そうでなかったら大きな問題にもなりかねない。

そんななか、ある少女の誕生パーティーの招待通知がSNSでシェアされまくり、出席予定者の数が120万人になってしまったというのだ! その数は、メタリカとクイーンの伝説的ライブの観客動員数を合わせたよりも多いらしいぞ!!

続きを全部読む

【東京コミコン2016】SNSに最高! 絶対に押さえたい「オススメ記念撮影スポット」まとめ

2016年12月2日、記念すべき第1回「東京コミコン2016」が開幕となった。アメリカ発・世界最大級のサブカルイベントがついに日本で開催となったのだ。20年ほど前「いつか本場(サンディエゴ)のコミコンに行ってみてぇ」と思っていた記者としては感慨深い限りである。

それはさておき、初開催ということもあって「コミケ」や「ワンフェス」などの他イベントとの違いがよくわからなかったが、一通り会場を歩いてみてあることに気付いた。東京コミコンは記念撮影できるスポットが多いのだ。これは……なかなかいいじゃないか。

続きを全部読む

仕事で成功したければSNSはヤメるべき!? 「Facebook や Twitter はあなたのキャリアを台無しにする」との説が注目を集める

Twitter に Facebook、Instagram に Linkedin。多くの人は、これらソーシャルネットワークサービス(SNS)を便利で素敵なものだと感じているだろう。たしかに友達や知り合いの近況や世の情勢を気軽に見ることができるし、知らない人とお近づきになれる機会もある。

だが良いこと尽くしではないことは、すでに多くの人がご存じのはず。SNS が “友情破壊ツール” になってしまったり、ユーザーを中毒にさせたりと悪影響だってあるのだ。

この度も、「仕事で成功したければ SNS をヤメた方が良い」と、ある大学准教授が発表し、海外メディアで話題となっている。なぜ SNS をヤメなければならないのだろうか?

続きを全部読む

【マジかよ】損保ジャパンが「ネット炎上補償」のサービスを開始! ネットの声「意地でも炎上させたくなる」

近年、多くの企業がTwitterやFacebookなどのSNSを利用しビジネスに役立てている。だが、影響力が大きいため、ちょっとした不用意な発言が大きな騒動に発展することもある。

そんなインターネットの炎上に対し、損保ジャパン日本興亜が驚きの新サービスを発表した。なんとネットを24時間監視する予防策から、炎上後の対応策、費用の補償までを支援する『ネット炎上対策パッケージ』を開始するという。

続きを全部読む

【これは行きたい】吉本芸人が毎日接客する「dグルメ食堂」が超楽しそう! 合計29組の芸人さんが日替わりで登場!!

人からミーハーと言われようが、やはり芸能人や有名人と遭遇するとワクワクしてしまうもの。しかも一緒に記念撮影なんて出来ちゃった日には……! それをSNSにアップしちゃった日には……!! そんな人たちに朗報だ。

なんと吉本芸人が毎日接客してくれる『dグルメ食堂』(東京・赤坂)が、2016年11月11日から12月22日まで期間限定でオープンするゾォォォオオオ! しかも「ピスタチオ」など今をトキめく人気芸人も含まれるというから……これは行くっきゃNEEEEEEEE!!

続きを全部読む

ワ〜オ! 「イケメンすぎるパキスタン人の紅茶売り青年の写真」にネット女子がメロメロ / ハッシュタグまで作られてトレンドに

現代は、ネットやSNSが発達しているおかげで、世界的に有名なセレブではない一般人でも、注目を浴びる機会が多くなった。

特に、美男美女の画像などは、アっという間にネットで拡散してしまう傾向にあるが、最近ネットで、パキスタン人の紅茶売りの青年がイケメンすぎて、ネット女子がザワついているというのだ。なんとも、ダークヘアに映えるブルーの瞳が美しく、罪作りなほどの美男子ぶりなのである!!

続きを全部読む

インスタを停止していたジャスティン・ビーバーが早々にアカウントを復活 → 実は単なるアクシデントだったことが判明!

2016年8月上旬に3年振りの来日を果たし、再び、日本女子のハートを震いに震わせた人気歌手ジャスティン・ビーバー。つい先日、ファンの嫌がらせにブチギレた彼が、画像共有サイトInstagramのアカウントを停止したとのニュースを、お伝えしたばかりだった。

ところが、そこはお騒がせのジャスティンのこと、なんと、2週間も経たないうちにアカウントを復活させてしまったのだ!! ……と思いきや、実は単なるアクシデントだったことが判明し、またもやファンをガッカリさせていたというのである!

続きを全部読む

キングコング西野さんの『SNSのブロックに過剰反応するブスどもへ』が正論すぎると話題 / ネットの声「嫌いだけどその通り」

ことあるごとに、その発言が炎上することで知られるお笑い芸人・キングコングの西野亮廣(にしの あきひろ)さん。正直、好感度が高いとは言えないので「彼が言うと癪(しゃく)に障る」という方もいるかもしれないが、2016年8月29日に自身のブログで公開した内容が「正論すぎる」と話題になっているのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【疑問】SNSの運営を批判すると「威力業務妨害」になるの? 法律の専門家に聞いてみた

中高生のSNSアプリ「ゴルスタ」が、ネット上で注目を集めている。このSNSは、かなりユーザーに厳しい運営を行っているらしく、運営側を批判する投稿を行うと、アカウントを停止されるそうだ。復帰するには批判的な投稿を削除して、反省文を提出しないといけないのだとか。

ネット上では、運営批判をすると、威力業務妨害でアカウントを停止されるとの話も広まっている。そもそも威力業務妨害とは、どういった行為を指すのだろうか? 専門家に聞いてみた。

続きを全部読む

【光と闇】SNSあるある40

ソーシャルネットワーキングサービス、SNS。簡単にいえば「人と人とのつながりを提供するインターネットサービス」のことである。パソコンはもちろん、スマホや携帯電話をお持ちの方ならば、何かしらのサービスを利用している人が多いのではないだろうか。

そんなSNSには「良かった!」と思える光の部分と、「マジかよ……」と気持ちが落ち込む闇の部分が混在する。各サービスによって異なる部分もあるが、今回はざっくりと『SNSあるある40』と題してお届けしたい。

続きを全部読む

【後悔しないの!?】有名人の「炎上ツイート」をタトゥーとして体に刻んでいく男性が話題

タトゥーは完全に消すことができないだけに、デザインや場所選びには慎重にならざるを得ない。それでも、現在付き合っている恋人の名前を入れたり、ちゃんと意味を理解しないまま漢字を彫ってしまい、後で大後悔してしまう人もいる。

そして、 ‟あるモノ” をタトゥーとして体に刻んでいく男性が、変わっていると話題になっているので紹介したい。パっと見は、特に珍しいデザインでもないのだが、よ~く見ると、「こんなの彫って後悔しないの!?」といったタトゥーなのである!

続きを全部読む

【個人情報ダダ漏れ】コーヒーショップのFacebookページに「いいね!」をしたらこうなった / 海外で行われた社会実験がゾッとする!

「個人情報漏えい」。ニュースで度々耳にする言葉である。実際に被害に遭ってしまった人もいれば、 “自分とは無関係” 、と他人事のように考えている人もいるだろう。

でもそんなあなたの個人情報、すでに漏れているかもしれない……。飲食店やその他さまざまな商業施設でよく目にするコレ、「いいね!で◯◯サービス!」。さっそくFacebookページを開き、すぐさま「いいね!」をポチっ……。ちょ、ちょっと待ったぁーーーッ! その前に、これから紹介する動画を見て欲しいのだ。個人情報について意識が変わること間違いなしだぞ!

続きを全部読む

【喝だ】ネットで流行中の「パンティ・チャレンジ」に非難集中 / パンツ専門家「意味不明。せっかく動物園に行ったのに剥製を見て喜んでいるようなものだ」

世の中には多くの “チャレンジ” が存在する。これまでにも「アイスバケツチャレンジ」から「ベリーボタンチャレンジ」「禁煙チャレンジ」など、様々な困難が生み出されてきた。

そして今ネット上で注目を集めているのが「パンティ・チャレンジ」だ。うーん、名前を聞いただけでは、どんな試練なのか全く想像がつかないなあ……。

続きを全部読む

別れた恋人をSNSでフォローしない方が良い理由5つ 「新しい相手探しで競争しなくなる」など

近年は、FacebookなどのSNSの登場で、人間関係や恋愛が複雑化しているように思う。友達の投稿に嫉妬したり、恋人や好きな人がアップした写真に不安をあおられたり、昔なら経験しなくて済んだことに翻弄されてしまうのだ。

そして、別れた恋人をSNSで友達削除するべきなのか、アンフォローするべきなのか迷ってしまうという人もいるだろう。そんな人達のために、海外メディアが挙げた「別れた恋人をSNSでフォローしない方が良い理由5つ」を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【魔法みたい】「撮られたくない写真」から姿が消えちゃうスカーフ! セレブ間で爆発的ヒットになっているらしい

季節を問わずに活躍するスカーフ。オシャレのアクセントにするもよし、寒さ対策・日焼け対策にもよし、緊急事態には止血にだってなる、万能の布だ!

しかも今回ご紹介するスカーフは、“望まない撮影” から身を守ってくれる機能まで兼ね備えているというではないか! もちろんセレブの間でも、爆発的人気。一体どんなスカーフなんだろうか?

続きを全部読む

【真剣コラム】なぜオッサン(私)の投稿にオッサンが群がってしまうのか? 考え得る5つの理由

SNSを活用している人は多いと思う。私(佐藤)もTwitter・Facebook・Instagramを積極的に活用し、日々感じたことや自分の執筆した記事を紹介するなどしている。しかしひとつ疑問がある。それは、なぜレスがオッサンばかりなのか? ということだ。

女性も投稿してくれるのだが、圧倒的にオッサンが多い。オッサンの発言にオッサンが群がっているような状況だ。なぜ、オッサンがオッサンに頻繁にレスしてしまうのか、真剣に考えてみた。

続きを全部読む

【注意喚起】LINEのグループトークに出没する妖怪にご用心

今や私たちの生活と切っても切れない関係となったアプリ『LINE』。気軽に連絡が取れる上、手間のかからなさが魅力で、スマホユーザーで使っていない人は皆無と言っても過言ではないだろう。しかし、便利がゆえに弊害も出てくるのが LINE だ。

例えばグループトークがそう。飲み会などの予定を立てるには最適な機能だが、一線を越えると迷惑になる危険性がある。これまで迷惑行為をする “妖怪” にイラッとした経験のある人は、意外と多いのではないだろうか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9