「PK」にまつわる記事

サッカー史上もっとも八百長を疑いたくなるPK!? 5回もやり直して6回目でようやく決着

八百長だ! サッカーを観戦していると、声を大にしてそう言いたくなることが時にある。心の中では八百長なんてないと信じたいが、海外ではスポーツが賭けの対象になることもあってか、ゼロとは言い切れないのが現状だ。

これまでに怪しまれたシーンを挙げたらキリなし。ただ、もっとも八百長だと疑われたと思われるPKは、2004年の怒涛のPKやり直し事件で決まりだろう。8月17日、アテネ五輪のグループリーグ「セルビアモンテネグロ vs チュニジア」では、PKを5回もやり直すという信じられないシーンが全世界に配信されてしまったからである。

続きを全部読む

サッカー史に残る珍事発生! 判定に納得できない選手が「お尻PK」など前代未聞の試合放棄

スポーツの試合では、審判の判定が絶対だ。不満があっても選手が異議を唱えることは許されず。仮に審判が間違っていたとしても、グッとこらえてプレーで返すというのが大人というものだろう。

だが、大人の対応どころか、ベトナムでサッカー史に残るとんでもない事件が発生。判定に納得できない選手たちは試合放棄し、さらに「お尻PK」に「でんぐり返し」と、完全に無気力となってしまった。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】試合中にまさかのポロリ! 前代未聞の珍プレーがトルコで発生!!

男たるもの、ここぞという時にポロリすることは絶対に許されない。もしそれがサッカーの試合中であれば言語道断。不名誉な上、瞬く間に大ピンチに陥ってしまうため、いつなんどきでもNOポロリが望ましいところだ。

だが、不思議なもので起きてはいけないことが起きるのも世の常。海外サッカーでとんでもないポロリ……もはや前代未聞の珍プレーが発生していたのでご報告しておきたい。題して「世紀のポロリ」である!

続きを全部読む

【珍プレー】サッカーの PK で本当にあった奇跡の3連セーブ

サッカーの試合でもっとも得点の匂いがするシーン……それはなんと言ってもPK(ペナルティーキック)であろう。なにせPKは、約11メートルの中でキッカーとキーパーが1 vs 1。ゴールが生まれるのも当たり前だからだ。

しかし、決まって当然という中でミラクルが起き、ドンデン返しがあるのもサッカーのおもしろいところ。例えば今回ご紹介するPK動画もそう。キーパーがド根性でシュートを防ぐと、立て続けに奇跡とも言えるセーブを連発することだってあるのだ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】52本目でPK決着! スコア「22−21」の珍記録が海外で生まれる

サッカーを見ていてハラハラドキドキするシーンのひとつに、PK(ペナルティーキック)がある。入れてもヒーローであり、止めてもヒーロー。まさに両チームの運命が左右される一瞬だ。

特に延長を戦った末の PK は、緊張しっぱなし。胸を締めつけられるようで見ていられないほどだが、海外で身がもたないような凄まじい珍記録が打ち立てられたのでご報告したい。なんと52本目のキックでPKが決着したという。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】ドイツ・ブンデスリーガでピッチに穴を掘ってPKを妨害する事件が発生

サッカーの試合で会場の視線を一身に集めるシーンのひとつにPK(ペナルティーキック)がある。キッカーはどこに蹴るのか、そしてゴールキーパーはどこに飛ぶのか。約11メートルの距離の中では、究極とも言える心理戦が繰り広げられる。

一瞬で決着がつくためガチンコの勝負となるのだが、日本人選手も多く所属するドイツ・ブンデスリーガで驚きの妨害事件が発生した。一体、何が起きたのか。その詳細は次の通りだ!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】ミスキックと見せかけて意表をついた技ありPKが海外で炸裂

サッカーの試合で会場の視線を一身に集めるシーンといえば、PK(ペナルティーキック)である。キッカーはどこに蹴るのか、そしてゴールキーパーはどこに飛ぶのか。約11メートルの距離の中で、究極の心理戦が繰り広げられる。

あえてド真ん中に蹴ったりするのも駆け引きがあるからだが、先日海外の試合でミスキックと見せかけて意表をついた技ありPKが決まったのでお伝えしよう。一体、どのような形からだったのかというと……

続きを全部読む

【動画あり】海外ユーザーが選ぶ「コレは鳥肌立った」っていう歴代PKベスト10

サッカーの試合ではいろんな局面で1 vs 1の対決を迎えるが、中でも究極のものはPKことペナルティーキックだろう。会場全体がキッカーとキーパーの2人に注目し、その行方を見守る。

一瞬で決する勝負ではあるが、数々のドラマが生まれてきた。そこで今回は、そのPKに注目! 海外ユーザーが歴代PKベスト10を選出していたので、動画「Top 10 Penalty Kicks in Football History」と合わせてご紹介するぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】前代未聞! 韓国サッカーで驚きのPK妨害事件が発生!!

PK(ペナルティーキック)の妨害といえば、おそらく多くの人はレーザーポインターを思い浮かべることだろう。選手の目元あたりに緑色の光がチラチラ。そんなフェアプレーの精神が感じられない光景は、見ているこちらまで気分が悪くなるものである。

「妨害」という行為……ましてやファンが試合に水を差すことは絶対に許せないが、先日韓国のサッカーリーグでもPKを妨害する事件が発生した。しかし、驚かされるのは前代未聞のその手法。なんと選手がピッチに穴を掘ってしまったというのだ!!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】こんなPK見たことない! すべてのシュートを「顔面ブロック」で防いだゴールキーパー

サッカー界における捨て身の必殺技といえば「顔面ブロック」。知っている人も多いと思われる漫画『キャプテン翼』に登場する石崎選手の必殺技だ。実際の試合でも想定外の展開からごくごくまれに見ることがある。

しかし、サッカーは何が起きるかわからないもので、なんとPK戦ですべてのシュートを「顔面ブロック」で防いだゴールキーパーがいた。一体どんなゴールキーパーなのか、早速動画「Top Soccer Shootout Ever – Studio C」で確認してみよう!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】最後の締めはオーバーヘッドキック! 欧州サッカーのPKで神がかり的な鉄壁ディフェンスが炸裂!!

サッカーの試合を見ていて息を呑むシーンのひとつにPK(ペナルティーキック)がある。キッカーとキーパーの真剣勝負は見ている方までハラハラドキドキ。ほんの数秒で天国と地獄がハッキリ分かれるため、すべての視線は2人に注がれるものだ。

それだけに2004年のアジアカップ・ヨルダン戦で川口能活選手が見せた神セーブのようにドラマが生まれることもめずらしくない。そして先日、またひとつ伝説となるであろうPKが誕生したので動画「Joel Mall Great Defended Penalty FC Aarau vs FC Zurich 9/11/2014/ Switzerland Super League」と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】すべて計算通り!? これまでにないトリックプレーから決めたペナルティーキックが話題

サッカーの試合で「ペナルティーキック」こと PK はエリア内での反則、もしくは延長を戦っても決着がつかない場合に行なわれる。キッカーとキーパーの真剣勝負は見ている側まで緊張してしまうものだ。

そんな中、過去に例のない斬新すぎる PK が先日炸裂したと話題になっている。ということで今回は、その様子を動画「Adubarey Epic Penalty – Afghanistan vs Maldives」と共にご紹介するぞ!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】敵や味方はもちろんシュートする本人でさえも予想だにしない展開になったフリーキック

サッカーの試合において、直接ゴールを狙える位置でのフリーキックは見所のひとつである。敵は自らの身体を盾にしての「壁」を作り、ボールを蹴る者はその「隙」を狙う。

選手も監督も観客たちも固唾を飲んで見守る緊張の一瞬であり、まさかのミラクルプレイが生まれることも数多い。一方、敵や味方はもちろん、シュートする本人でさえも予想だにしない展開になったフリーキックも存在する。

どんなプレイだったのかは、YouTubeにアップされた動画「フリーキック 全員フェイント Free Kick Awesome Trick Play」を見ればよく分かる。ボールを蹴るのは、3人の選手のいずれかだ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】お見事! まさかの「軸足ペナルティーキック」がスゴイ!!

キーパーとキッカーによる1対1のガチンコ勝負、それがサッカーのペナルティーキック(PK)だ。集中力と決断力、そして一瞬の判断力によって勝負が決まる、まさに真剣勝負である。

我らがサッカー日本代表が誇る世界レベルのPKの名手といえば、ヤットさんこと遠藤保仁選手。彼が繰り出す「コロコロPK」は、一度見たら忘れられない独特のタイミングでボールを蹴り出す。

そんなコロコロPKに匹敵する、衝撃的なペナルティーキック動画が話題になっている。通称「軸足PK」だ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー映像】史上最高レベルにダサいペナルティーキックが話題に

サッカーの試合におけるPK(ペナルティーキック)は、緊張感漂うドラマチックな場面である。入ったらヒーロー。止めてもヒーロー。だがしかし、何度見てもダサいと思える、哀愁ただようペナルティーキック映像が全世界で話題になっている。

大ヒット中につき、さまざまな名前で同じ内容の動画がアップされているが、直訳すればどの動画も「史上最悪のペナルティーキック動画」といったタイトルである。

続きを全部読む

W杯なでしこジャパンPK戦で優勝キターー! 日本国民「神風ふいてる!!!!」

なでしこジャパンがPK戦で優勝キターーーーーー! 『FIFA女子ワールドカップ2011 ドイツ大会』決勝戦は、日本時間の2011年7月18日(月)早朝から試合が開始された。日本対アメリカということで、早朝にもかかわらずインターネット上ではテレビ観戦者が応援の書き込みが多く見られた。

続きを全部読む

ハラハラドキドキな展開が面白いサッカーの試合だが、特にPK戦ともなると緊張感が増し、ますます手に汗握る展開となる。しかし、いくらドキドキのPK戦とはいえ、40分間もPK戦が続いたのではサポーターも飽き飽きだろう。

2010年11月7日に開催された、高校サッカーの福岡大会で、合計44人がPK戦でボールを蹴り、40分間もPK戦が続いたのである。つまり、本試合でも決着がつかず、PK戦でもなかなか決着がつかなかったのだ。

続きを全部読む