「MV」にまつわる記事

【閲覧注意】GACKTの新曲『罪の継承』のMVがグロすぎて賛否両論!「新曲ええやん 」「お薦めできない」

整った顔立ちと鍛え上げられた肉体、そして美声が人気の歌手が GACKTさんだ。最近では、音楽の分野のみならず『芸能人格付けチェック』で連勝し、知識豊富な一流芸能人としても活躍中なのはご存知の通りである。

そんなGACKTさんが先日、2017年3月22日に発売される新曲『罪の継承 〜ORIGINAL SIN〜』のMVを公式YouTubeチャンネルなどで公開。その内容が “グロすぎる” と話題になっている。さっそく確認してみると……動画タイトルの時点で「※閲覧注意※」だ!!

続きを全部読む

【やってみろ】空想委員会のMVが完全に「恋愛ゲーム化」しててビビった! ハッピーエンド率はたったの12パーセント!!

恋愛シュミレーションゲームといえば、美少女と恋する『ときめきメモリアル』や『ラブプラス』を思い浮かべる人も多いだろう。選択肢によって変化するストーリー展開はドキドキするが、今あるロックバンドのミュージックビデオ(MV)を見ると恋愛シュミレーションさながらの体験ができると話題になっている。

それが空想委員会のMV『色恋狂詩曲』だ。MVで恋愛シュミレーション? と疑問に思うが、なんと画面上の選択肢をタッチし、登場キャラクターをデートに誘ったり、告白したり……とまさに恋愛ゲームそのものなのだ。美女を落とすため、何百回も再生すること間違いナシだぞ!

続きを全部読む

【二度見動画】米ロックバンド「OK Go」の最新ミュージックビデオがすげえ!! 4.2秒にすべてが詰め込まれている

ユニークなミュージックビデオを制作することで有名なアメリカのロックバンド「OK Go」が、また手の込んだ映像を公開したぞ! 彼らはこれまでに、無重力状態で映像を制作したり、トリックアート満載の映像を公開したりと、これまでのミュージックビデオの概念をくつがえすような挑戦を続けてきた。

最近になって、新たな映像を公開したのだが、コレは絶対に2回見てしまう! 映像の冒頭の数秒間にすべてが詰まっているのだが、そのわずかな時間に何が起きたのか、見極めることができない。その後にすべてをスローモーションで明かしていくのだが、スローを見てみると……。え!? たった数秒でそんなことしてたの!!

続きを全部読む

【ラスボス】小林幸子と柔道家の篠原信一がMVで共演 / ネット声「最高です!」「篠原さん何やってんのん?」

「ラスボス」の愛称でお馴染みの大物演歌歌手・小林幸子さん。2015年に出演したNHK紅白歌合戦ではボーカロイド曲『千本桜』を歌唱するなど、近年はジャンルにとらわれない活躍をしている。

そんな幸子さんが、また新たなボカロ曲『ロミオとシンデレラ』をカバー。ミュージックビデオ(以下MV)では人気キャラクターの初音ミク役を演じているのだが、一緒にチラチラ登場する大きい男性……元柔道家の篠原信一さんじゃん! 一体なぜ!? 予想外の “大物共演” にネット上では喜びの声が上がっているぞ!

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】韓国要素が混ざった “トンデモ日本” を多用する、独ヒップホップ「Genetikk」のPVが何だかおかしい

以前の記事で、ドイツのヒップホップシーンで「Bushido」や「Chakuza」など、日本語に由来する言葉を用いる事が流行っていると紹介した。日本の神秘的なイメージや格闘技、ゲームなどが格好いいと思われているのである。

さてそんなドイツヒップホップシーンの中でも、完全にコンセプトを日本に振り切ってしまったヒップホップグループがいる。その名は「Genetikk」。作品で日本を取り上げる彼らなのだが、どうもその抱いているイメージが間違っている気がするのだが……。

続きを全部読む

【動画】英バンド「コールドプレイ」の新作PVがハンパない合成映像の嵐で目が釘付けに! 曲なしでも心から楽しめる神クオリティ!!

ミュージックビデオとは、そのアーティストにとってただの宣伝目的ではなく、それ自体も大事な作品である。凝りまくったミュージックビデオ(MV)を作るアーティストといえば、米ロックバンド「OK Go」が有名だ。

見ていただきたい映像がある。世界中で大人気の英バンド「コールドプレイ」が公開した『Up&Up』という曲のMVだ。これ、マジですっげぇぞ! 非現実的な合成映像が続々と登場するのだが、そのどれもが摩訶不思議かつ圧巻の美しさ。ぜひ全画面にして酔いしれてほしい。

続きを全部読む

人類史上初! 無重力空間で撮影された「OK Go」の新作ミュージックビデオが話題

OK Go(オーケー・ゴー)」と言えば、1台のカメラを1度も止めないで驚きの映像を作り出す、いわゆる “ワンカメラ・ワンカット” のミュージックビデオでグラミー賞を受賞している、アメリカの4人組人気バンドだ。

そんな OK Go が2016年2月11日、今度は人類史上初の無重力状態で撮影されたというミュージックビデオ(MV)を公開した。その驚愕の映像は音楽ファンならずとも絶対に観ておくべき内容となっているぞ!

続きを全部読む

謎すぎプロジェクト「nowisee」の第2弾PVが公開! 今回も楽曲が超絶カッコE!!

以前の記事で、「よくわからないけど、なんかカッコE!」謎のミュージック動画・nowisee(ノイズ)をご紹介した。音楽を中心に映像や物語が一体となって織りなされる「クロスコンテンツプロジェクト」だということだけは発表されているが、それ以外は いまだに全て謎のままである。

歌手も謎なら、作詞作曲も謎、物語の全容も謎とういう、謎ずくめのプロジェクトだが、一つだけハッキリしていることがある……それは今回も音楽が超カッコE! ということ。そんな とにかくカッコいい、nowisee 第2弾『ハードボイルド』をご紹介したい。

続きを全部読む

【何これ速報】アニメ? PV? 音楽? よくわからないけどnowisee(ノイズ)がスタイリッシュで超クール!

実態はよくわからないが、「なんかすげぇ」「ちょっとカッコいい」と思うものに出会うことが、たまにある。しかもそれが世に出たばかりだと、概要さえよく掴めない……。今回はそんな「よくわからないけどなんかカッコE!」 アニメ? PV? 音楽? をご紹介したい。

それは nowisee(ノイズ)という、音楽を中心に映像や物語が一体となって織りなされる「クロスコンテンツプロジェクト」だという。クロス……コンテンツプロジェクト? 正直いまだによくわかっていないが、なぜか引き込まれるようなスタイリッシュさが確かにあるのだ。

続きを全部読む

【職場閲覧注意】YouTubeで「Worst music ever」と検索して発見したスーパー個性的なビデオベスト5

ネット上で動画を見る人も多いだろう。特にYouTube を視聴する機会が多いはずだ。以前の記事でスーパー個性的な動画、『嫁がゆるさへん』についてお伝えした。この動画はブラジル人ダニエルさんが日本語(関西弁)で、テクノ演歌という独自の音楽ジャンルで歌唱したものである。

これに匹敵する中毒性のある動画はないか、探してみたところ、あるキーワードにたどり着いた。それが、「Worst music ever」である。このワードで検索すると、世界中の個性的なミュージックビデオを視聴できることが判明! ただし職場では見ない方がいい。かなりの確率で遊んでいることがバレてしまうから……。

続きを全部読む

『最悪のミュージックビデオ』と酷評されたアーティストが新作発表 → 「やり続けろ」「音楽を作り続けろ」と励ますファン続出

インターネット上には、数えきれないほど多くのミュージックビデオが公開されている。YouTubeが登場して以降は、プロアマを問わず誰でも簡単に自作動画を公開できるようになり、音楽シーンでは無名でもネット上では注目を集めるアーティストも増えているようだ。

最近一人の無名ヒップホップアーティストが、海外ネットユーザーの間で話題を呼んでいる。彼の名は「D4NNY」(ダニーと読むようだ)。彼のミュージックビデオに注目が集まっている。だが、不名誉なことに、最悪なミュージックビデオ(Worst Music Video Ever)と呼ばれてしまっている。実際に見ると、たしかに見ていてちょっと辛い……。

続きを全部読む

ビヨンセ公認! ビヨンセのミュージックビデオを超絶クオリティーで再現した少年がネットで話題に

現在海外のネット上で、ある少年に大きな注目が集まっている。

その少年は、ビヨンセの大ヒット曲『Countdown』のミュージックビデオ(以下、MV)を自力で再現したのだが、その再現度があまりに高くて、ネット上で話題になっているのだ。

続きを全部読む