「JRA」にまつわる記事

【ほぼ新作】JRAが『けものフレンズ』とのコラボ動画を公開! Aqours国木田花丸役の高槻かなこさん「フレンズになれて感動…」

2017年冬アニメで放送されて以来、圧倒的な人気を誇る『けものフレンズ』。1クールでの放送だったにもかかわらず、放送後にもガンガンファンを増やしている状態だ。この現象は、『新世紀エヴァンゲリオン』や『魔法少女まどか☆マギカ』に通じるものがある。

そんな『けものフレンズ』とJRAとのコラボ動画が話題になっている。動画を見てみたところ……すっごーい! ほぼ新作やん!!

続きを全部読む

カオス再び! JRAと日本相撲協会のコラボにカプコンが参戦した「ジャパンスモウカップ」がかなりスゴそう!!

2015年5月、日本中央競馬会(JRA)と日本相撲協会がなぜかコラボして、ウェブゲームを公開したことについてお伝えした。それから半年を経て、再びこの2つの組織がコラボをすることを発表!

またすごいカオスなゲームになるんじゃないの? と思ったら、今回は第3の刺客(?)がジョインするらしい! この奇妙なコラボに乗っかってきたのは、なんとゲームメーカーの「カプコン」だ。しかもストリートファイターで参戦するというから、もうムチャクチャですやん!!

続きを全部読む

【動画あり】黄金時代のTKサウンド! 小室哲哉 × 神田沙也加のコラボ曲『#RUN』が TK ワールド全開で 胸アツすぎる!!

90年代J-POP、いや TK ド真ん中世代集合~ッ!! あの頃、一時代を築いた小室哲哉さんの新曲が話題となっている。

曲は、動画「Umabiテーマソング「#RUN」/ TK feat.TK – #うまび」で視聴可能なのだが、視聴1秒で TK とわかるほど TK サウンドぶりが大・爆・発! さらに『アナと雪の女王』で知られる歌ウマ女優・神田沙也加さんが歌っているという胸アツ仕様なのだ!! これは聞くしかねぇぇぇぇええッ!

続きを全部読む

ナンだコレ!? JRAと日本相撲協会がコラボしたウェブゲーム「日本スモウダービー」が猛烈にカオスな件

2015年5月24日、大相撲夏場所千秋楽で関脇の照ノ富士が12勝3敗で初優勝を飾った。今場所は8人が優勝を争う大混戦で、相撲界はにわかに活況を呈している。そんななか、日本相撲協会と日本中央競馬会の異色のコラボが実現!

特設サイトの「日本スモウダービー」を見ると、ナンじゃコリャ!? 有名力士がジョッキーとなって有名馬にまたがり疾走しているじゃないか! しかも顔写真を使って自分好みのスモウジョッキーを作ることまで出来てしまう。かなりカオスなウェブゲームを楽しむことができるぞ!

続きを全部読む

【戦国無双4×JRA】武将が名馬にまたがる!? コラボ企画『ダービー無双』のクオリティがハンパないと話題

2014年6月1日、東京競馬場では国内最高峰のレース「日本ダービー」が行なわれる。3歳馬のチャンピオンを決める同レースはすべてのホースマンたちの憧れであり、ファンも熱狂する “競馬の祭典” だ。

それだけに主催の日本中央競馬会も気合いを入れるのだが、81回目の「日本ダービー」を前に人気ゲーム『戦国無双』とのコラボを実施。なんと武将で名馬にまたがってレースができるゲームをインターネット上で公開しているぞ!

続きを全部読む

【進撃の巨人×JRA】コラボ企画『進撃の有馬記念』に隠しコマンドが発覚! これが JRA の本気だ!!

先日、漫画『進撃の巨人』と日本中央競馬会のコラボ企画である『進撃の有馬記念』をご紹介し、その異常に高いクオリティをお伝えした。気軽に楽しめることもあり、プレーした人も多いことだろう。

そんな『進撃の有馬記念』だが、なんと隠しコマンドが発覚したと大きく話題になっているぞ。更なる作り込みは進撃ファンであればもちろん必見、その手順と内容は次の通りだ。

続きを全部読む

【進撃の巨人×JRA】コラボ企画『進撃の有馬記念』のクオリティが異常に高いと話題

2013年、大人気となった漫画といえば『進撃の巨人』だ。アニメのOP曲を担当したLinked Horizonが紅白に出場するなど未だにその ”快進撃” は衰えていない。多くのコラボ商品も登場し、その人気の高さは凄まじいものがある。

そんな巨大コンテンツである『進撃の巨人』だが、日本中央競馬会とコラボしているのをご存知だろうか。現在、年末の大レースである有馬記念に向けてイベントを行なっているのだが、そのクオリティが半端ないと話題になっているぞ!

続きを全部読む

JRAの公開したギャルゲーが想像以上にときめく内容だった!

2011年12月11日、日本中央競馬会(JRA)が今までにないまったく新しい切り口のウェブゲームを公開し、話題となっている。そのゲームとは、いわゆる「ギャルゲー」だ。しかも主人公、つまり自分は、「馬」になって登場する女性キャラとコミュニケーションしていくという斬新にもほどがある内容なのだ。

公開日にさっそくプレイしてみたところ、想像以上にときめくプレイ内容であることが判明した!

続きを全部読む