【JR北陸線】学生の胸ぐらを掴んだ車掌を擁護する声、ネット上で相次ぐ

行き過ぎた注意や対応は問題である。本来注意すべきことが伝わらないばかりか、相手に恐怖の感情を植え付けてしまう場合があるからだ。度を超せば、パワハラにもなりかねない。

しかし、注意される側にも注意されるだけの理由があることも。最近、JR北陸線で車掌が10代の男子学生の胸ぐらを掴む出来事があったそうだ。この車掌は後に学生に謝罪したようだが、ネット上では車掌を擁護する意見が相次いでいる。

続きを全部読む