「Google Street View(ストリートビュー)」にまつわる記事

何これ楽しい!! Googleストリートビューで北陸新幹線の中に潜入できるぞ~っ / 床や天井までぐりぐり見られる!! 新型新幹線・E7系の中身はこれだ!

2015年3月14日は、東京―金沢・富山を結ぶ「北陸新幹線」の開業日だ。乗り換えなしで金沢に行けるようになる上に、これまで4時間以上かかっていた所要時間が最速2時間半と大幅に短縮される。まさに北陸方面のアクセスの革命である!

だが、大注目とあって開業初日の新幹線の切符は瞬殺。なかには涙を飲んだ人もいるだろう。そんなあなたに朗報だ! なんと北陸新幹線の内部がGoogleマップ・インドアビューで公開されているのである。新幹線の車内を、隅から隅まで360度、思いっきり堪能することができるぞ!

続きを全部読む

長野県上田市に無許可で設置された「ナゾの石像」がストリートビューで確認できると判明! 一体なぜココに!?

最近、長野県上田市の河川敷に無許可で設置された石像が話題になっている。この石像は高さが約2メートルあり、仮に子どもが登って転落した場合、ケガをする恐れがあるとして、立ち入りを禁止する柵が設けられたそうだ。

一体誰が何の目的で置いたのかは不明だ。実はこの像、Googleのストリートビューで見ることができるのである。周囲の様子を確認してみると、石像は周りと馴染んでいるとはいえず、なぜココに? と思わざるを得ない。

続きを全部読む

もしも人類が滅亡したら街はどうなるの? 人のいなくなった街をGoogleマップで見る「Urban Jungle Street View」が面白い

SF映画のありがちな舞台のひとつに、「人類滅亡後の未来」というのがある。はたしてそのような未来は、本当に訪れるのだろうか? もし訪れるとしたなら、今ある世界はどのような姿になっているのだろうか?

その様子を垣間見ることができるウェブサービスが登場だ。その名も「Urban Jungle Street View」。これはGoogleマップのストリートビュー機能のデータを元に、そこがもしジャングルになったら、を画面上に再現するというもの。あなたの街はどんな風に様変わりしてる?

続きを全部読む

Google ストリートビューで最も多くの人が見た場所ランキングのアジア1位は富士山 / 日本が上位を独占

地図上で360度のパナラマ画像を見られるGoogle ストリートビュー。「ネット上で世界中のあらゆる場所の画像が見られるなんてすごい!」などと感じながら、自分が旅行に行ってみたいと思っている場所や気になるエリアを “バーチャル旅行” した人も多いだろう。

そんな、Googleストリートビューに関して、興味深いニュースが発表された。なんと、アジアの中で、世界の人がバーチャル旅行で最も訪れた場所は日本一有名な、あの山だという。

続きを全部読む

【1時間で日本縦断】Googleストリートビューだけで日本縦断する動画がマジすごい!!

日本に住んでいるのならば、人生一度はやってみたいのが「日本縦断」だ。北海道から九州まで、景色や気候の変化を感じ取りながら移動してみたい。だけど、そんな時間も金もない!

そんな人に是非とも見て欲しいのが今回ご紹介する動画集、題して「1時間で日本縦断してみた」だ。なんと、Googleストリートビューだけで日本縦断してしまう動画なのである。

続きを全部読む

Googleがストリートビューで「軍艦島」を公開 / 特に注目したい「子どもの足跡」と「壁の落書き」

Google Japanは「軍艦島」の名前で知られている、長崎県の端島(はしま)のストリートビューを公開したことを発表した。この島は、長崎港から19キロにある半人工の島で、その昔炭鉱として栄えた。

・島のほぼ全土を網羅

ストリートビューは島のほぼ全土を網羅している。通常の見学ルートのほかに、立ち入りが制限されている場所まで確認することが可能だ。そのなかでも特に見て頂きたい場所を、二カ所お伝えしよう。

続きを全部読む

【Googleストリートビュー】玉川上水緑道に謎の集団発見 / 海外ネットユーザー「不気味」「こっち見るな!」

目的地の様子をグルグルと見渡せるサービスが『Googleストリートビュー』だ。地図だけでは不安なとき、事前に様子が把握できるので実に便利。そんな Googleストリートビューに、奇妙なものが写っていると海外ネットユーザーの間で話題になっている。

・三鷹市玉川上水緑道
問題の場所は、なんと日本! 東京都三鷹市の玉川上水緑道付近だ。その場所のストリートビューを見ると、不可解な集団が立ち並んでいるのだ。この謎の集団の目的はいったい何なのだろうか? 海外ネットユーザーの反応は以下のとおりだ。

続きを全部読む

【衝撃シーン満載】Googleストリートビューで見る「世界の珍場面」

世の中では、面白いことがたくさん起こっている。そう証明する画像の数々がGoogle ストリートビューで発見され、現在注目を集めている。

Googleストリートビューとは、世界の様々な場所で撮影された画像をパノラマ表示で閲覧できるというサービスである。そしてそのGoogleストリートビューで見つかった珍場面を海外ニュースサイト「Mashable」が紹介しているのだが、これが本当に本当にオモシロイ!!

続きを全部読む

【激写】人気漫画家が『Googleストリートビュー』の撮影車に遭遇 / 漫画家「向こうも撮ってるからこっちも撮る」

世界規模のインターネット地図サイト『Google Maps』。そこで提供されているストリートビュー機能は、あたかもそこを歩いているかのような画像で、道路周辺を表示してくれるサービスである。

・『Googleストリートビュー』の撮影車に遭遇
そのストリートビューを作るため、道路を移動しながら撮影しているのが撮影車だ。人気漫画家が『Googleストリートビュー』の撮影車に遭遇。「あっちも撮っているのだからこっちも撮ってもいいだろう」と思ったようで、撮影車を撮影してTwitterに掲載し、話題となっている。

続きを全部読む

【検証】新しいGoogleマップを試してみた / ルート検索はかなり秀逸であることが判明

米ソフトウェア会社「Google」は、開発者向けのイベントで新しい「Googleマップ」を発表しました。 新しいマップは一体どのように進化したのでしょうか。旧マップと比較して、検証したいと思います。

・招待リクエストを申請
いち早く利用してみたいという方は、招待リクエストを申請する必要があります。申請をすると、4~5日程度で「登録完了!新しくなった Google マップをお試しいただけます」というメールが届きます。本文中の「今すぐ見る」をクリックすると、新しいマップを確認することができます。

続きを全部読む

【新種か】Googleストリートビューが「2本足のネコ」を激写していたと話題に

この世には、まだまだ未知なる生物が存在する。深海はもちろん、ジャングルの奥深くなどでは日々ジャンジャンと新種の生物が見つかっている。人間、地球のことを分かっているようで、ほとんど何も分かっていないのさ。ハハン。

そんななか、グーグル・ストリートビュー(Google Street View)が新種のネコを激写していたとして大きな話題になっている。海外サイト「GOOGLE STREET VIEW WORLD」に掲載された衝撃の写真を見てみると……!!

続きを全部読む

Googleストリートビュー写真で動画のような「タイムラプス映像」が作れちゃう新サービス登場!!

PCを開けば、そこには自分の望んだ景色が広がっている。

そんなドラえもんの「どこでもドア」のような世界を、バーチャルを通じてにわかに実現してくれるツール、Googleストリートビュー。今回ご紹介するのはそんなGoogleストリートビューを巧く利用した新サービス、『Google Street View Hyperlapse』です。

『Teehan+Lax』社が制作したこちらのサービス、一体どんな内容なのかと申しますと……なんと地図上から2地点を指定するだけで、その区間のストリートビュー写真を使用したタイムラプス映像が楽しめてしまうんですってよーっ! おおお、これはぜひとも試してみたいぞーっ!

続きを全部読む

エベレストやキリマンジャロに行った気になれる!? 世界最高峰の眺めをGoogleストリートビューで体感せよ!

去る3月19日、Googleストリートビューにて、またまた新たなスポットが公開されたみたい。その場所とはなんと、世界最高峰と呼ばれる屈指の山々!

かのエベレストをはじめ、アフリカ・キリマンジャロに南米・アコンカグア、ヨーロッパ大陸で最も高い山エルブルスなど、一生に一度は訪れてみたい景色がすぐそこに。こ、こ、これはスゴイ。Googleさん、相変わらずイイ仕事してくれますな~。

続きを全部読む

アメリカ各地の美術館がこぞって収蔵し話題になっている「Googleストリートビューを使った作品」とは

このところ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめとしたアメリカ各地の美術館がこぞって収蔵し、話題になっている写真シリーズがあります。写真家ダグ・リカード(Doug Rickard)氏によるその一連の作品は、ある大胆な手法で撮影されており、一部では美術作品としての価値に異論の声も上がっているほど。

ではいったいどんな作品かというと、写真を観て気付いた人も多いでしょう。そう、実はこれ、Googleストリートビューを使った作品なのです。

続きを全部読む

ついにこんな奥地まで! Googleストリートビューでアマゾン探検に出かけよう

皆さんはGoogleが提供しているストリートビューという地図情報サービスをお使いになったことがあるだろうか。地上約2.45メートルで撮影した世界各地の主要都市の風景が360°のパノラマで表示され、クリックひとつで視点を道沿いに進めたり、周囲を見渡したりできる。PCの前に座っていながらにして、その街を歩いているかのような感覚さえ味わえる無料オンラインサービスだ。

そのストリートビューで、なんとアマゾンの奥地を見ることができるようになった。臨場感たっぷりに大自然を眺めながらボートに乗って移動したり、ジャングルを散策したり、保護区内の集落に立ち寄ったりできるようになったのである。

続きを全部読む

おもちゃの人形がGoogleストリートビューを使って旅に出る動画がなんともステキ!

ある夜、おもちゃの人形は思った。「この暗いオフィスから飛び出て、遠くへ旅に行きたい」と。しかしその小さな体では、オフィスを出ることさえままならない。そんな時に、彼の目に2つのものが映った。おもちゃの車と、そしてGoogleストリートビュー。彼は心の中でこうつぶやいた。「これで旅に出よう!」

そんなステキなストーリーを描いた動画が公開され、現在多くの人のハートをキャッチしている。「Address Is Approximate」というタイトルのこの動画は、トム・ジェンキンスさんが作り出したもので、主人公のおもちゃの人形は太平洋岸を目指して、Googleストリートビューの「旅」に出ることになる。

続きを全部読む

便利な地図サービス「Googleマップ」の「ストリートビュー」に、またもユニークなものが写っており話題を呼んでいる。話題の写真には撮影車両のGoogleストリートビュー撮影車と、1人の男性が写っている。写真をよく見ると、男性はケータイを手に地図看板を確認しているのだ。

実はこれ、Googleストリートビュー撮影車のドライバーが道に迷って地図を見てるところらしい。ユーザーを迷わせないための便利ツールを制作する裏側で、ドライバーたちの意外な苦労が垣間見える。地図看板じゃなくてiPadやノートパソコンで『Googleマップ』を使えばいいと思うのだが……。

続きを全部読む

プライベートの侵害になるなど、毎度お騒がせ中のグーグル・ストリートビューだが、今度は最新の撮影マシーンに乗ってイタリアの街に出没した。最新マシーンというから、どんな凄いものかと思いきや、なんと出てきたのは「三輪車」! これまでは業務用の乗用車の上に専用カメラを取り付けて街を撮影していたが、最新の「専用カメラ付き三輪車」を使えば、細い路地裏もなんなく入っていけるというわけだ。ナイス・アイディア!

続きを全部読む

あらゆる街角の様子を、デスクトップで見ることができる「Googleストリートビュー」。行ってみたい街を調べるときなどにとても便利なサービスだが、一方でプライバシーの侵害や犯罪の誘発などといったデメリットがあることが、ことあるごとに指摘されている。

そんな中で、ある意味起きてしかるべき、と思えるような事件がイギリスで発生した。Googleストリートビュー用の画像を撮影する車が、犯罪の増加を恐れる住民たちによって阻止されたのだ。 続きを全部読む