「GINZA SIX」にまつわる記事

【関東上陸】抹茶の老舗「辻利」の『辻利ソフト 濃い茶』が濃厚ってもんじゃねえ! たぶん厨房に千利休いるぞコレ!! GINZA SIX限定商品

1860年創業という超ガチンコな抹茶の老舗「京都宇治総本家 辻利」。その名の通り京都・宇治に本店を構える「辻利」が、いよいよ関東に殴り込みをかけてきた。本日2017年4月20日にオープンした「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に、関東第1号店を出店したのだ。

そのお手並みを拝見、と私(あひるねこ)も初日にお店へ駆けつけたぞ。そこで食べた銀座店限定ソフトクリーム『辻利ソフト 濃い茶』の、想像を上回る濃厚さときたら! マジで厨房に千利休がいるのではないか、と疑うレベルだったのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【最新スイーツ】クイニーアマン + タルトタタン = 最強にウマい完成! GINZA SIXで「クイニータタン」を食すべしッ!!

東京・銀座6丁目にオープンした「GINZA SIX」には、241ものテナントが出店しており、そのなかには、日本初出店となるお店が12店含まれている。さらに、新業態で出店する企業も多数含まれているのだ。

なかでも、フランス・スイーツ界の巨匠フィリップ・コンティチーニ氏のブランド「フィリップ・コンティチーニ」は世界初出店となる。持ち帰りのお店とイートインのスペースを併設しており、ここで「クイニータタン」(2484円)が食べられるぞ! ところで、クイニータタンってなんだ?

続きを全部読む

【衝撃】『白い恋人』石屋製菓の「GINZA SIX」限定スイーツがウマすぎてガチで本家越え! 道民も北海道を捨てて上京するレベル

ウマいものだらけの北海道が誇る、お土産の定番と言えば何だろうか? おそらく多くの人が『白い恋人』と答えるだろう。北海道出身の私(あひるねこ)も、そこに異論はない。『白い恋人』とは、道民のアイデンティティそのものなのだ。

しかし、そのアイデンティティが崩壊する日がついに訪れてしまった。事件は東京・銀座、本日2017年4月20日にオープンした「GINZA SIX(ギンザ シックス)」で起きた。なんと『白い恋人』でお馴染み石屋製菓が、本家越えの激ウマ商品を銀座限定で発売してしまったのだ!

続きを全部読む

銀座にできた「フードコート」に行ったら、何もかも高級でびっくらこいたでござる! 東京・GINZA SIX

「フードコート」はお金のない学生の憩いの場であると、私(佐藤)は思っている。食べたいものをカウンターで注文して、「焼きそばの方~!」とか呼ばれて自分で取りに行く。食器は自分で所定の位置に片づける。それがフードコート。安い代わりに、何でも自分でやる場所だ。

もしもそれを東京・銀座でやると、どうなるのか? 2017年4月20日にオープンしたGINZA SIXには、セレブのフードコートと言ってもいい、飲食エリアが設けられている。それが、「銀座大食堂」だ。気軽に入ったら、値段もサービスもテーブル・椅子まで全部高級! ここは俺の知ってる食堂じゃねえーーッ!

続きを全部読む

【日本初】スタバの激レア新作『ナイトロ コールド ブリュー コーヒー』を飲んでみた! 国内では「GINZA SIX」でしか飲めないぞー!!

本日2017年4月20日、銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」がいよいよオープンとなった。高級ブランドなど241店が入った「GINZA SIX」には、国内初出店となるショップも数多くある。

スタバこと我らの「スターバックス」も新しく店舗をオープンしており、そこにはなんと、ここでしか飲めない超レアなコーヒーがあるという。そこで、オープン当日に1時間以上も前から並び、そのコーヒーを飲んできたぞ! さっそくお伝えしよう。

続きを全部読む

【超高級】GINZA SIXにお目見えした「のり弁専門店」の1000円のり弁を食ってみた!

のり弁といえば、安くてお腹を満たすことのできる庶民の食べ物だ。持ち帰り弁当店では、大抵 最低価格商品であり、その地位は決して高くない。

ところが! 2017年4月20日にオープンした東京・銀座の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」には、その概念を覆す一品がある。のり弁専門店『刷毛じょうゆ 海苔弁山登り』の のり弁は、1000円(税込1080円)! のり弁で1000円だとッ!? ぜい沢品かよ!

続きを全部読む