「Facebook」にまつわる記事

【ツラそう】写真うつりにウルサい彼女を撮影する彼氏の撮影風景10選

日々 SNS 上に投下される、華やかで楽しそうな写真の数々。しかしそれも、黒子に徹して撮影する人間がいてこそ。それはたいてい、彼氏や夫、男友達などが多いようだ。

今ネット上では、そんな裏方の男性にスポットライトがあてられている。 我が身を投げ出して “彼女の美しいSNS写真” を撮影する男性をフィーチャーした SNS アカウントが話題となっているのだ! 今回は、そこに寄せられた写真をご紹介したい。

続きを全部読む

【超難問クイズ】写真の中にいる「1.8mの巨大ニシキヘビ」を見つけられるかな?

コアラやカンガルー、羊などがで有名な国「オーストラリア」だが、ある危険な生物の生息地として昔から世界に知られている。それは『ヘビ』だ。

今回は、様々な場所にヘビが出没するオーストラリアならではのクイズをご紹介したい。同国のヘビ捕獲業者がFacebook上で公開した写真がクイズの題材なのだが、これが超難問! さあ、あなたは隠れたヘビを見つけれられるだろうか?

続きを全部読む

【就活の闇】面接官はSNSで「名前」を検索されている / ネットに強いと思っているオジサンはマジで要注意!!

SNSの利用は、十分に注意しなければならない。というのも、就活している人にとっては、思わぬ投稿が合否に影響を及ぼす場合があるからだ。面接官は過去の投稿を見ているかもしれない。

最近、そんな話を20代の女性としていたところ、予想外の答えが返ってきた。「それ、面接官も一緒ですよね?」、私(佐藤)は一瞬面食らってしまったが、たしかにそうだ。試す側もまた、試されることになる。ネットに長けているつもりの30~40代は要注意。SNSを甘く見ると、痛い目に遭うぞ~。

続きを全部読む

「店の前で飼い主を待つ寂しげな犬の画像」だけを集めまくったSNSページが人類の涙を誘いまくり!

店の前で飼い主を待つワンコをよく見かける。きっと多くの人が「犬の散歩のついでにスーパーやコンビニに」→「店内は動物禁止」→「すぐに戻るから待っててね、と犬を外につないで店の中へ」……といった感じで、飼い犬を外に残しているのだろう。

今、そんな「店の前で飼い主を待つワンコ」の画像だけを集めたSNSページが話題となっているのだが……アップされたどのワンコも寂しそ〜うな表情を浮かべている気がするなあ。

続きを全部読む

【ナゾ】大晦日にFacebookで「あけましておめでとう」と投稿すると花火が上がったのに、年が明けたらできない……

皆さんはお気づきだっただろうか? 2016年の大晦日。つまり昨日である。Facebookに「あけましておめでとう」や「Happy New Year」と投稿すると、それらの文字にある変化が起きていたことを。

その変化とは、文字をタップもしくはクリックすると、画面上に花火が上がっていたのだ。これはめでたい! 新年を祝福する粋な演出だな~と、私(佐藤)は思っていたのだが、年明けの朝、改めて確認してみると……。

続きを全部読む

【SNSパワー】ある少女の誕生パーティーに120万人が出席予定! メタリカとクイーンの観客動員数を合わせた以上の人数に!!

現代ではSNSの発達により、どんな画像や投稿が拡散して、話題になるか分からない時代になった。ポジティブに作用すれば良いが、そうでなかったら大きな問題にもなりかねない。

そんななか、ある少女の誕生パーティーの招待通知がSNSでシェアされまくり、出席予定者の数が120万人になってしまったというのだ! その数は、メタリカとクイーンの伝説的ライブの観客動員数を合わせたよりも多いらしいぞ!!

続きを全部読む

【動画】奇跡のシュート! ギネス新記録を更新した「世界最長180mのフリースロー」がコレだ!!

試合終了間際の逆転劇でたまにみられるロングシュート。最後までゲームを諦めない情熱、そしてチャレンジ精神の大切さを表したシュートと言えるだろう。

今回ご紹介する動画で見られるのも、そんなチャレンジ精神の大切さを教えてくれるシュートだ。180メートルという高さのダムの上から放たれたバスケットボールがゴールに入る奇跡の瞬間を、ぜひ映像でご覧いただきたい。

続きを全部読む

仕事で成功したければSNSはヤメるべき!? 「Facebook や Twitter はあなたのキャリアを台無しにする」との説が注目を集める

Twitter に Facebook、Instagram に Linkedin。多くの人は、これらソーシャルネットワークサービス(SNS)を便利で素敵なものだと感じているだろう。たしかに友達や知り合いの近況や世の情勢を気軽に見ることができるし、知らない人とお近づきになれる機会もある。

だが良いこと尽くしではないことは、すでに多くの人がご存じのはず。SNS が “友情破壊ツール” になってしまったり、ユーザーを中毒にさせたりと悪影響だってあるのだ。

この度も、「仕事で成功したければ SNS をヤメた方が良い」と、ある大学准教授が発表し、海外メディアで話題となっている。なぜ SNS をヤメなければならないのだろうか?

続きを全部読む

【マジかよ】損保ジャパンが「ネット炎上補償」のサービスを開始! ネットの声「意地でも炎上させたくなる」

近年、多くの企業がTwitterやFacebookなどのSNSを利用しビジネスに役立てている。だが、影響力が大きいため、ちょっとした不用意な発言が大きな騒動に発展することもある。

そんなインターネットの炎上に対し、損保ジャパン日本興亜が驚きの新サービスを発表した。なんとネットを24時間監視する予防策から、炎上後の対応策、費用の補償までを支援する『ネット炎上対策パッケージ』を開始するという。

続きを全部読む

【珍騒動】家の鍵を忘れた男性が煙突から入ろうとして失敗 → 消防隊にレスキューされる事態に

だれもが一度は経験があるだろう、「鍵が無くて家に入れない!」という事態。そんな時はまずひと通りオドオドしたのち、何か良い策は、何か良い策は……と頭をフル回転し始める。

そしてこの度、アメリカである珍事が起きた模様。鍵が無くて家に入れなくなった男性が、なんと煙突から家に入ろうとして失敗 → 救出される事態となったのだ!

続きを全部読む

マック公式が『ポテトをシェイクに浸す食べ方』を発表 → ネット民ざわつく「グロい」「恥を知れ」「ストロベリー味との組み合わせが最強」など

あなたはマクドナルドのある “裏技” をご存じだろうか? それは…… “ポテトをマックシェイクに浸して食べる” という方法。なんたるB級グルメ! だが海外メディア『Metro』によると、何年も前からマニアの間で静かに広がってきた食べ方なんだとか。

そして今回、マクドナルドの公式SNSページが、この裏技を取り上げたのだからサア大変。「公式がコレを認めるのか……!」と、ネット上では驚きの声が噴出しているのだ。

続きを全部読む

【衝撃動画】「ダンスを踊る72歳女性」の動きが超キレッキレでヤバすぎる!

年には勝てない……」ご存知の通りこの言葉は、年を取ると健康や体力が思うようにならないという意味だ。しかし、逆に年齢を感じさせない人がいるのも事実である。

今回ご紹介する動画に登場する女性も、そんな人間のひとりだ。映像には、当時72歳のある女性がダンスを踊る様子が収められている。あまりにも若々しく、しなやかで俊敏なその動きに、あなたも驚くこと間違いなしだ。

続きを全部読む

【頭の体操クイズ】あなたは何通り分かる? 「6+4=4」のマッチ棒1本を動かして正しい式にして下さい

万人の心を魅了するクイズ。現在 Facebook 上で、ある “頭の体操クイズ” が話題になっているのでご紹介したい。

それは「マッチ棒で書かれた数式 “6+4=4” から、マッチ棒を1本動かして正しい式にしなさい」というもの。Facebook 上には、色々なコメントが集まっているが、あなたは何通りの回答が分かるかな?

続きを全部読む

【マジかよ】恥ずかしい写真をFacebookに投稿された18歳の娘が「両親を訴える」珍事が勃発!! 裁判に勝てる可能性は十分にアリ

SNSは便利でありながら、「実は面倒な事も多い」と多々問題が報告されている。内緒にしておきたかったことを友達の投稿に書かれてしまったり、あまり写りが良くない写真をアップされたりなど、本人の承諾を得ていないと何かとトラブルが生じるようだ。

そんななか、年頃真っ盛りの18歳の娘が、「恥ずかしい写真をFacebookに投稿された!」と激高し、自分の両親を訴える珍事が勃発していたというのだ!!

続きを全部読む

カフェで「人種差別的な会話」を耳にし怒った男性が説教ではなく “もっとナイスな方法” をとって話題に

町で人種差別的な会話を耳にしたら、あなたはどうするだろうか? 無視する、反論する、会話をよく聞くなど、様々な対処法が挙げられるが、なかには効果的にその会話を封じる手だって存在する。

例えば今回ある男性がとった行動が、とても “効果的” だと注目を集めている。カフェで人種差別的な会話を耳にした彼は、こんな方法をとったのだ!

続きを全部読む

【実録】Facebook経由の迷惑LINEに顔面写真を送ったら速攻で「ロケットニュースの人ですか?」と身元がバレたので怒涛の追い込みをかけたらこうなった

SNSをやっていると、突然まったく知らない人から突然 “友だち申請” や “メッセージ” が届くことがある。そして、出会ったばかりなのに「話の続きはLINEでしようよ♪」的なことを言ってきたとしたら、そいつは十中八九「スパム」である。

つい先日のこと。私のFacebookに「ひな」と名乗る女性から友だち申請が届いた。長いこと迷惑メール評論家として活動している私は、瞬時に「こいつはスパムだな」と見抜いたが、新たな戦いを求めているのでホイホイと受理。すると、速攻で「よかったらLINEでお話しませんか?」とのメッセージが……! そして戦いが始まった。

続きを全部読む

見れば見るほどハマる! 美しいお庭を一瞬でぶち壊す「ゾンビの妖精」は謎の中毒性アリ!!

美しい緑と、花々が咲き乱れるお庭を見ながら、午後のティータイム。ああぁ優雅だなぁ。自然が豊かな場所なら、チョウチョやリスなんかもいたりして♪ ……ゾンビなんかもいたりして。

海外ではゾンビのオブジェが、ガーデニング用品として売られているのだ。「ガーデニング」と「ゾンビ」が出会うことを、一体誰が予想できただろうか。非常にリアルに作られた “ゾンビの妖精” のオブジェが並べられたお庭は、まさに悪夢だ。それなのに見るほどにハマる、謎の中毒性アリ……!

続きを全部読む

【閲覧注意】サメに襲われた歯科医が生々しい傷口と体験談をFacebookで公開し多くの人を震え上がらす 「アメフト選手が突っ込んできたような衝撃」

世の中には「閲覧注意」と呼ばれる案件が多数存在する。もちろん当サイトでも多数紹介してきた。至近距離の「恐怖のサメ襲撃映像」からゲンゴロウを食べるレポ究極のトラウマ合唱曲「チコタン」など、ああ、何度もみなさんに閲覧を注意してきたなあ……。

ということで今回もまたまた、閲覧注意案件だ! 特に血や傷口なんかを直視出来ない人は、絶対に見ない方いい内容となっている。それは……サメに襲われた生々しい傷口だ。

続きを全部読む

【光と闇】SNSあるある40

ソーシャルネットワーキングサービス、SNS。簡単にいえば「人と人とのつながりを提供するインターネットサービス」のことである。パソコンはもちろん、スマホや携帯電話をお持ちの方ならば、何かしらのサービスを利用している人が多いのではないだろうか。

そんなSNSには「良かった!」と思える光の部分と、「マジかよ……」と気持ちが落ち込む闇の部分が混在する。各サービスによって異なる部分もあるが、今回はざっくりと『SNSあるある40』と題してお届けしたい。

続きを全部読む

【個人情報ダダ漏れ】コーヒーショップのFacebookページに「いいね!」をしたらこうなった / 海外で行われた社会実験がゾッとする!

「個人情報漏えい」。ニュースで度々耳にする言葉である。実際に被害に遭ってしまった人もいれば、 “自分とは無関係” 、と他人事のように考えている人もいるだろう。

でもそんなあなたの個人情報、すでに漏れているかもしれない……。飲食店やその他さまざまな商業施設でよく目にするコレ、「いいね!で◯◯サービス!」。さっそくFacebookページを開き、すぐさま「いいね!」をポチっ……。ちょ、ちょっと待ったぁーーーッ! その前に、これから紹介する動画を見て欲しいのだ。個人情報について意識が変わること間違いなしだぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 16