「ASKA」にまつわる記事

【たぶん4択】ASKAさんの「お茶」が “陽性” になってしまった謎の「答え」がついに判明!? ASKA「頂いたコメントの中に正解者がいた」

ASKA。ああASKA。あの日以来、ずっと私は『ギフハブの謎』について考え続けており、寝ても覚めてもASKAである。おそらく明日もASKAである。昨年末、そんなASKAさんの公式ブログに、とても気になる事が書いてあったのをご存知だろうか?

それは2016年12月29日の「事実は小説より奇なり。」というエントリー。ざっくり説明すると「なぜ提出したお茶が “陽性” になったのか?」の謎について語っているのだが、なんとASKAさんは「頂いたコメントの中に、正解者がいたことに驚きました。」と書いているのだ! “お茶陽性の謎” を解いた人物がいるというのだ!!

続きを全部読む

【動画あり】ASKAさんがブログで新曲『FUKUOKA』を公開 / ネットでは感動の声が続出中

2016年12月19日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKAさん(58)が釈放となった。あれから数日……24日にASKAさんは自身のブログで新曲『FUKUOKA』を発表した。クリスマスイブということでタイトルには「Merry Christmas!!!!」、そして本文にはYouTube動画のリンクと歌詞が添えられている。

続きを全部読む

ドラッグ事情通「ASKAさんの歌詞を紐解けばギフハブの謎が見えてくる」

いつぞやか歌手のASKAさんがポロリと口にしてしまった謎の組織名『ギフハブ』。同組織の活動内容は、主に「盗撮や盗聴」であり、スマホ用のアプリも開発しているとのことであるが、詳細は不明だ。しかしその謎に、ひとつの答えを出した男がいる。

「あの日から、オレはずっとギフハブについて研究していた」と語るのは、毎度おなじみロケットニュース24の顧問ドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏だ。彼いわく、「ギフハブの謎は、ASKAの歌詞に書いてある」とのこと。詳し話を聞いてみた。

続きを全部読む

【大炎上】ASKAさんのブログ更新を受けて井上公造さんに批判が殺到! ネットの声「罰するべき」「クズやな」「さっさと謝罪」

本日2016年12月22日、ASKAさんがブログを更新し逮捕時の状況を伝えた。その衝撃的な内容にネットは騒然としているが、このブログ更新を受け、現在、芸能レポーターの井上公造さんに批判が殺到している。

・ある芸能レポーターの行動についてブログで言及

逮捕当時の状況や「尿とお茶をすり替えた理由」などについて記されている今回のエントリー「尿とお茶」。問題となっているのは、その中で芸能レポーターの行動について言及しているところだ。

続きを全部読む

【速報】ASKAさんがブログを更新 / タイトルは「尿とお茶」

2016年12月19日、東京地裁は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで11月28日に逮捕された歌手のASKAさん(58)が釈放され、ネットユーザーからは「謎の組織 “ギフハブ” の陰謀では?」という声が挙がっていたことは以前の記事でお伝えした通りである。

その後、釈放されてからすぐに自身のブログ「aska_burnishstone’s diary」を通じてメッセージを発信しているASKAさん。ついに本日2016年12月22日に更新された記事で、なぜASKAさんが「なぜスポイトで吸い上げたお茶を警察にさし出したのか」についてに触れはじめた。

続きを全部読む

【釈放】覚醒剤取締法違反で逮捕されたASKAさん不起訴の件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「たぶん高樹沙耶も無罪で釈放される」と予言

つい先ほど、歌手のASKAさんが不起訴になったとの一報が飛び込んできた。ASKAさんといえば、「ギフハブ」などの言葉を流行らせつつも、2016年11月28日に覚醒剤取締法違反で警視庁に逮捕され、大きな話題になっていた。それと同時に、彼を取材するマスコミへの非難が殺到したことも記憶に新しい。そんな彼が……不起訴に!!

この展開について、勝ち誇った顔で「ほれみたことか」と言うのは、ロケットニュース24の顧問ドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏だ。詳しく話を聞いてみた。

続きを全部読む

【速報】ASKAさんが不起訴により釈放 / ネット上は謎の組織「ギフハブ陰謀論」が話題

朝日新聞デジタルによると、本日2016年12月19日、東京地裁は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで11月28日に逮捕された歌手のASKAさん(58)を不起訴とし、釈放したという。この報道を受けてネット上では様々な声が上がっている。

続きを全部読む

【マスゴミ】ASKA容疑者の “ベンツ破損” にネット民も大激怒!「今から一緒に殴りに行こうか?」

2014年、覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者。執行猶予期間中だった2016年11月28日に同法違反で再逮捕されたことは、みなさんご存じのことだろう。

ASKA容疑者についてはさておき、ネットを中心に波紋を呼んでいるのがASKA容疑者の自宅に押し掛けたマスコミ陣のマナーの悪さだ。ASKA容疑者が所持するベンツのエンブレムがへし折られたかと思えば、タクシー内の映像が流出するなど、一線を越えた姿勢に疑問の声が上がっている。

続きを全部読む

ASKAからクリスが抜けてないときの映像がヤバイ! まさにデッド・アゲイン!!

どのような関係性においてもそうだが、一度できた “縁” は簡単に切れるものではない。たとえ本人が否定しようとも、「縁を切ったる!」と息巻こうとも、その人の心の中に何かが存在し続けているとしたら それは『関係が続いている』と言えるのではないだろうか。

ASKAとクリスの関係にしてもそうだ。本人がどう思っているのかは、正直わからない……。が、心の中に存在し続けていることは間違いないだろう。そう考えれば、「ASKAとクリスの関係は永遠に不滅」と言えるかもしれない。

続きを全部読む

【物議】逮捕前のASKA容疑者の映像をタクシー会社が提供し批判殺到! グループ会社が謝罪する事態に

2016年11月28日、歌手のASKA(アスカ、本名:宮﨑重明)が覚せい剤取締法違反で再び逮捕された。今回の逮捕について、現在捜査が進められている。そんななか、逮捕前の映像がテレビで放送され、物議をかもしている。

問題の映像は、ASKA容疑者がタクシーに乗車している時のもので、ドライブレコーダーの映像をタクシーの運行業者が提供したものと見られる。逮捕前の映像を提供するのは、プライバシーの侵害にあたるのではないか? と、批判が殺到している状況。そんななか、タクシーのグループ会社が次のように状況を説明している。

続きを全部読む

【ASKA元被告】執行猶予中に逮捕されるとどうなるのか? 法律専門家に聞いてみた

2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、ASKA(アスカ)こと宮崎重明元被告が再び逮捕されることとなった。ASKA元被告は執行猶予中(4年)であり、再び覚せい剤の陽性反応が出たことに、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

はたして、ASKA元被告はどうなるのか? 執行猶予中の逮捕は、やはり実刑になるのか? 法律の専門家に説明を求めた。回答頂いたのは、アディーレ法律事務所の鈴木淳也弁護士(札幌弁護士会所属)である。

続きを全部読む

『ASKA元被告』の逮捕報道にネット上でも落胆の声「またかよ」「才能あるのに」「覚せい剤をやっている……迷わずにSAY YES」など

覚せい剤取締法違反容疑で警視庁が逮捕する方針であるという報道を受け、自身のブログで「間違いです」と覚醒剤の使用を否定し続けているASKA元被告。果たして真実はいつ明らかになるのだろうか?

過去にはボーカルデュオ「チャゲ&飛鳥(現CHAGE and ASKA)」として一世を風靡したシンガーであるASKA元被告。その美しく力強い歌声に魅せられていたファンも多く、今回の報道についてネットでは様々な声があがっている。

続きを全部読む

【謎】ASKA元被告が自身のブログで「間違いですよ」「陽性はありません」とのコメントを発表か / 全3回の投稿を全文掲載

本日2016年11月28日、覚せい剤取締法違反で逮捕される見込みであると報じられた歌手のASKA元被告だが、その報道を受けてASKA元被告自身が書いたと思われるコメントが自身の公式ブログに度々アップされて物議を醸している。

最初にアップされた文章のタイトルは「はいはい。みなさん。落ち着いて。」というもので、続けてアップされたものも同様に逮捕の報道を否定する内容となっている。以下、当記事の執筆時点(11月28日16:00)で同ブログ上に掲載されている、逮捕の報道に対してのコメント全文をお伝えしたい。

続きを全部読む

【速報】ASKA容疑者が覚せい剤取締法違反で再び逮捕へ

2016年11月28日、午後2時20分頃に日本テレビ系「特報ライブ ミヤネ屋」がボーカルデュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者を、覚せい剤取締法違反で逮捕される見込みであると報じた。

続きを全部読む

ASKA逮捕を受けてチャゲアス商品のオークション取引が激増! 報道前の約14倍になっていることが判明

ボーカルデュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕された。これを受けてCDの販売権を持つレコード会社は、2014年5月19日にCDとDVDの回収と出荷停止。ならびに音楽配信の停止を発表している。

その影響でネットオークションサイトでは、チャゲアス商品の取引数が激増。逮捕報道前後で比べると、1日18件程度だった取引が250件以上に増え、約14倍にまでなっていることが判明した。一世を風靡したボーカリストの作品は今後、入手困難になるのかもしれない。

続きを全部読む