「1万円コーディネート」にまつわる記事

アジア雑貨の店『仲屋むげん堂』で1万円で「夏のインド人風にコーディネートしてください」と言ったらこうなった!

日本の夏は暑い! きっとインドの夏はもっと暑い!! インドに行ったことがないのでよくわからないけど、インド人の夏のファッションなら、少しは暑さもやわらぐかもしれない。

ということで、当サイトでも過去に紹介しているアジア雑貨のお店『元祖仲屋むげん堂』に行って、「夏のインド人風にコーディネートしてください!」と伝えたら、意外な事実が発覚!! インド人は○○を着ないらしい!?

続きを全部読む

郵便局で「1円でコーディネートして下さい」と言ったらこうなった

たかが1円、されど1円。「1円を笑う者は1円に泣く」と古くから言われるように、1円のポテンシャルを甘く見てはいけない。全神経を集中し知恵を絞り尽くせば、1円で達成できるミラクルがきっとあるハズなのだ。

話しはガラリと変わり、ロケットニュース24がお届けしている「1万円コーディネート」シリーズ。人は1万円でどれほどお洒落になれるのかを検証する人気企画だが、筆者はピンと来てしまった……「1円でもコーディネイトできるじゃん!」と。

続きを全部読む

【ガチすぎ】55才のオカンと62才のオカンが息子のために1万円コーディネート対決したらこうなった 〜東京しまむらコレクション〜

母親(オカン)は、自分の子供の “専属スタイリスト” である。モデルである子供たちが集う児童館や幼稚園、はたまた小学校は、母親という名のスタイリストたちの威信をかけた、真剣勝負のコレクション(ファッションショー)なのだ。きっと。

もしも仮に、「ファッションセンターしまむら」等で母親同士が鉢合わせしたら、その瞬間からスタイリスト同士の戦いは始まっている……。ということで今回お伝えしたいのは、息子がオッサンになった62才と55才のオカン同士が都内某所の「しまむら」で繰り広げた、『東京しまむらコレクション』の一部始終である。

続きを全部読む

オッサンが18歳の原宿系女子高生に1万円でコーディネートしてもらったらこうなった!

若者の文化の発信地である原宿。色あせたオッサンである私(中澤)は、竹下通りを歩くだけでそのまぶしさに目がくらんでしまいそうになる。嗚呼、私も原宿の若者たちのようにキラキラ輝きたい……。

どうすればいい……どうすれば私は輝ける!? ポク……ポク……ポク……チーン! そうだ!! 普段から原宿に慣れ親しんだ女子高生にコーディネートしてもらえば、私でも最先端のファッションを乗りこなすことができるのではないだろうか? そうと決まればさっそく、女子高生と竹下通りにライドオンだ!!

続きを全部読む

ファミリーマートで「全身コーディネートしてください」と言ったらこうなった

食料品、雑誌、洗剤にシャンプー……手軽に生活雑貨を入手できる一人暮らしの強い味方・コンビニ。近所に24時間営業のコンビニがあるかないかで暮らしやすさは格段に変わってくる。

そんなコンビニでコーディネートしてもらったら、最強の独り身コーデができるんじゃないだろうか? そう考えた私は、さっそく目についたファミリーマートに入った。はたして、どんなコーディネートになるのか。……っていうか、コーディネートしてくれるのか!?

続きを全部読む

62才のオカンに1万円コーディネートしてもらったらこうなった(しまむら編)

人生最初のスタイリスト、それがオカン(母親)である。男性であれば、おそらく誰もが思春期のころ、母に対し「もう白ブリーフは買ってこないで……」と注文をつけたことがあると思う。スタイリスト「オカン」からの脱却は、大人への第一歩なのだ。

だがしかし。あえて。あえて……私が大人(36才)になった今。カーチャンもバーチャン(62才)の年齢になった今。初心忘れるべからずということで、我が人生初のスタイリストである母親に、もう一度コーディネートをしてもらったのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

原宿系カジュアルウェアショップ・スピンズで「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

大阪に住む若者たちの聖地・アメリカ村。若き日の私(中澤)は、アメ村の雑居ビルを渡り歩き三角公園にたまっていた。そんな当時、よく行っていた古着屋が「スピンズ」である。京都発の “ちょっとひねった可愛さ” を発信するこの店は、その価格帯も相まって下町気質の若者の間で評判だったのを覚えている。

ファッションブランドショップやセレクトショップを訪れ、店員さんに1万円でコーディネートしてもらう「1万円でコーディネートしてください」シリーズ。今回は、スピンズ原宿店にお邪魔した。はたして、30代のおっさんとなった私に、この店はどういったコーディネートをしてくれるのか……? こうご期待!

続きを全部読む

超激安の古着屋たんぽぽハウスで「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

激安と言われる店は数あれど、服の安さでたんぽぽハウスに敵う店はないかもしれない。なにせ100円台や300円台の服がゴロゴロ売っている。それどころか中には80円や50円なんてモノまである始末。本当にここは服屋なのか? 値段だけ見ると完全に駄菓子屋だぞ

ファッションブランドショップやセレクトショップを訪れ、店員さんに1万円でコーディネートしてもらう「1万円でコーディネートしてください」シリーズ。今回はたんぽぽハウス高田馬場店に来た。果たしてこの激安ショップだと、どんなコーディネートになるのか? オラ、ワクワクすっぞ

続きを全部読む

カジュアルウェアショップ・ジーンズメイトで「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

ファッションとは、ほとほと奥が深いものである。1つ1つのアイテムがカッコ良くても、それぞれの色の相性やシルエットのバランスが悪ければ良さを殺してしまいかねない。逆にうまく合わせれば、単品が安くとも値段以上のカッコ良さを発揮する。オシャレとは、さながらセンスのチキンレースのようだ。

そんな責任をショップの店員さんに丸投げしてみようという「1万円でコーディネートしてください」シリーズ。第3回目の今回は、わたくし中澤星児がジーンズメイトに特攻(ぶっこ)んできたぞ!

続きを全部読む

格安ファッションブランドのフォーエバー21で「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

以前の記事で、格安ブランド「GU」に行き、1万円でコーディネートをお願いしたことについてお伝えした。トップス・ボトムス・アウターまでうまく揃えることが出来たのだが、本当はもっとオシャレになるんじゃないの? と思い、今度は「フォーエバー21」に行ってみた。

そうしたところ、同じ1万円でも全然違うことになってマジでビビった! 今回はアウターを抜きにしてみたところ、なんと5点も買うことが出来たぞ! しかも結構イケてるやん!!

続きを全部読む

格安ファッションブランドのGUで「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

ファッションって難しい! 私(佐藤)は同じモノを着続ける習性があるので、自分にナニが似合うのか? ナニが流行りなのか? 全然わからない。

そこでサンジュン記者の「シェフのオススメください」シリーズを参考に、お店のスタッフに似合いそうなものやトレンドを聞き、勧められるがままに買うことにした。予算は1万円、初回はGUである。

続きを全部読む