「高須クリニック」にまつわる記事

【イエス】女性「整形しに行ったら美人だからしなくていいって怒られた」→ 高須院長の「強烈にもほどがあるトドメ」が話題

ユーモアある人柄と抜群の生きるセンス、さらには歯に衣着せぬ発言で人気の高須克弥‏さん。そう、大手整形外科クリニックの高須院長のことである。これまでアイドルの整形疑惑などにもズバズバと言及してきた同氏が、ついに「史上最強のカウンターを繰り出した」と話題になっているのでお知らせしたい。

続きを全部読む

高須クリニック院長に脅迫状が届く / 院長「脅迫状がきたなう」

2016年9月9日、「YES高須クリニック!」でおなじみの高須克弥院長に脅迫状が届いていることが判明した。そのことが明るみに出たのは、院長自身のツイートから。なんと「脅迫状がきた(*´∀`)♪なう」と発信したのである。院長のツイートには、届いた脅迫状の写真が添付されており、以下のように書かれている。

続きを全部読む

【言っちゃった】高須院長が「複数の有名アイドルの顔立ち」についてキレ味抜群のコメントを鬼ツイート

つい先日、高須院長がツイッター上に投稿された “ある有名アイドル” の顔写真を見て「普通の鼻に戻してあげるから来なさい」という衝撃のツイートをして波紋を呼んだことは、以前の記事でお伝えした。

しかし、高須院長がコメントをしているのは一人のアイドルについてだけではなかった。実はその後、ツイッター上に投稿された複数の有名アイドルの顔立ちについても、キレ味抜群の意見を述べていたのだ。

続きを全部読む

【炎上】高須院長が “ある有名アイドル” の顔写真を見て「普通の鼻に戻してあげるから来なさい。」とツイートして波紋

様々な噂が飛び交う芸能界。特に近年、話題に多く上がるのが整形疑惑である。テレビで質問されて「整形してます」とあっさりカミングアウトしたり、逆に話題にすること自体がNGであったりと、対応はその芸能人によって様々だ。

そんななか、高須クリニックの院長であり、美容外科・整形外科界の権威である「高須克弥(たかすかつや)」さんが、ツイッター上に投稿されたある女性の顔写真を見て、有名アイドルであることを知らずに衝撃のコメントを言い放った。

続きを全部読む

【ポケモンGO】高須クリニック院長のポケモン探しがセレブすぎる

2016年7月22日、ついに日本でも『ポケモンGO』の配信が始まった。待ちに待ったこともあり、どこを見渡してもスマホ片手にポケモンを探す人ばかり。もはやその勢いは一大現象となっている。

もちろん、多くの有名人もプレイしているのだが、中でも「YES高須クリニック!」でおなじみの高須克弥院長のポケモン探しがハンパないと話題になっている。理由は単純明快。そのスケールが違いすぎるからだ!

続きを全部読む

【無念】高須クリニック『明日ママ』でのCM放映実現せず! 高須院長「僕は日テレの味方で応援したいんだよ」

番組スポンサーがCMの放映を見送っていたドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で進展があったようなのでお伝えしたい。

美容外科高須クリニックの院長、 高須克弥氏は第3話が放映される直前に、スポンサーに名乗りを上げていた。批判が相次いでいるドラマの内容を評価し、1社スポンサーとして応援したいと意思表示していたのである。ところが、交渉は難航し高須氏の望み通りに物事は運ばなかったようである。

続きを全部読む

ドラマ『明日ママ』での高須クリニックCM放映難航か!? 高須院長はある装置の使用を検討

スポンサーが一斉にCM放映の見送りをしたドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)。最新話(2014年1月29日、第3話)が放映される前日に、美容整形の「高須クリニック」高須院長がCM放映に名乗りを上げた

これで番組CMがすべて「Yes! 高須クリニック」になるのかと思いきや、なかなかそうもいかないようである。高須院長はTwitterで次のようにつぶやき、秘策を講じるつもりのようである。

続きを全部読む

全スポンサーCM放映見合わせのドラマ『明日、ママがいない』に高須院長が名乗り「僕が今からスポンサーになる」

2014年1月15日から放送が始まったばかりのドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で異例の事態が発生している。このドラマは、児童養護施設を舞台にしたもので放送開始時から、児童養護施設関係者などから、放送中止や内容改善が求められていた。

これを受けて、番組スポンサーは一斉にCM放映の見送りを決定。1月29日からすべてのCMがACジャパンに入れ替えられる予定であった。そんななか、あの高須クリニックの院長が次のようにTwitterに投稿し、注目を集めている。

続きを全部読む

【放送禁止用語騒動】お~い! 2012年3月29日(木)のMXテレビ『5時に夢中!』のテレビCMに注目だぞ~!

MXテレビの番組『5時に夢中!』で放送禁止用語を発言してしまい、番組をクビになったと自身のブログで告白した漫画家の西原理恵子さん。この騒動はさらに展開し、彼女をクビにしたテレビ局に対して不満を持った『高須クリニック』院長・高須克弥さんが、同番組のスポンサーをやめる事態に。

高須院長は「スポンサー表示とCMは消しなさい」と関係者に伝えたものの、「編集作業に3日かかる」という理由から『高須クリニック』のテレビCMを消せない状況にあるという。つまり、スポンサーの『高須クリニック』は不本意ながら番組にテレビCMを流さなくてはならないことになる。しかしそこで、高須院長が新たな行動に出た!

続きを全部読む

放送禁止用語で番組をクビになった西原理恵子に対するネットの声「西原理恵子を理解しないで起用した方が悪い」

女性器の俗称(放送禁止用語)を生番組で発言したとして、MXテレビの人気番組『5時に夢中!』をクビになってしまった漫画家・西原理恵子さん。この騒動は、彼女をクビしたMXテレビに不満を持った『高須クリニック』院長・高須克弥さんが、同番組のスポンサーをやめるという事態に発展している。

高須さんは、西原さんが自由に発言できる番組のスポンサーになるべく、現在は他局の番組を選別している状態のようだ(BSジャパンの『ギルガメッシュ LIGHT』が有力視されている)。今回の騒動に対して(ふたりに対して)、国民はどのような反応を示しているのだろうか? いくつかインターネット上の声を引用・要約してご紹介したいと思う。

続きを全部読む

ま○こ発言で西原理恵子を首にしたMXテレビに不満の高須院長がスポンサーを降りて他局に乗り換え会議中! 次は『ギルガメッシュ LIGHT』か

MXテレビの人気生番組といえば『5時に夢中!』だ。2012年3月15日(木曜日)に放送された同番組で、漫画家の西原理恵子さんが「ま○こ」(女性器の俗称)と発言してしまい、MXテレビの上層部スタッフが激怒。西原さんは番組に出られなくなってしまい、実質、クビになってしまったという。

そんなMXテレビの判断に激怒したのが、『5時に夢中!』のスポンサーでもある『高須クリニック』院長・高須克弥さん。西原さんをクビにしたMXテレビに不快感を持ったようで、『5時に夢中!』のスポンサーを降りることにしたという。この件に関する詳細は、『西原理恵子が番組クビ / 高須クリニックのスポンサー中止が確定! CM消しなさいと厳命』( http://wp.me/s25BsW-196171 )という記事をお読みいただきたい。

そんな騒動で、新たな展開があった。なんと、高須院長はすでに広告代理店とミーティングをしており、他局の番組のスポンサーになろうとしているのだ。しかも、その番組に西原さんを出す気マンマンなのである! ふたりがとても仲良しであることは知られていたが、ここまで仲が良いとは……! 以下は、西原さんと高須院長のブログ日記である。

続きを全部読む

【衝撃芸能】「ま○こ」発言で西原理恵子が番組クビ / 高須クリニックのスポンサー中止が確定「CM消しなさいと厳命」

2012年3月15日(木曜日)に放送された、MXテレビの人気生番組『5時に夢中!』。その番組内で漫画家の西原理恵子さんが「ま○こ」(女性器の俗称)と発言してしまい、MXテレビの上層部が激怒。西原さんが番組をクビになったという。

この騒動は西原さん自身が公式ブログで「やだ首になったーん。先週かなんかのま○こ発言がいけなかったんだって。MXの上層部が怒ってるんだって」と告白したために判明したもの。この件で新たな展開があった。

西原さんの友人である『高須クリニック』院長・高須克弥さんが、MXテレビの「クビという判断」に対して不満を持ち、『5時に夢中!』のスポンサーを辞めることが確定したのだ。以下は、西原さんと高須さんのブログの書き込みである。

続きを全部読む

高須クリニックゲームが想像以上と話題! 院長のもぐらたたき・神経衰弱など

「Yes! 高須クリニック」でお馴染みの美容整形外科高須クリニック。テレビCMに出演している同医院の高須院長は、最近丸坊主(つるっぱげ)にしたことでも話題になっているのだが、同医院のホームページをご覧になったことがあるだろうか?

サイト内のスペシャルコンテンツを見ると、院長を題材にしたゲームが用意されているのだが、これがインターネット上で「想像以上」と話題を呼んでいる。たとえば、院長が穴からひょっこりと顔を出すもぐらたたき(実際は、院長の頭をなでる「院長なでなで」)や神経衰弱など、これでもかと院長の顔を見る羽目になる。

院長登場の頻度は、確実にプレイ前の想像を上回るレベルなのだ。さらには絶対に「NO」と回答できない、「YES! 高須度チェック」まである。

続きを全部読む