「高円寺」にまつわる記事

アジア雑貨の店『仲屋むげん堂』で1万円で「夏のインド人風にコーディネートしてください」と言ったらこうなった!

日本の夏は暑い! きっとインドの夏はもっと暑い!! インドに行ったことがないのでよくわからないけど、インド人の夏のファッションなら、少しは暑さもやわらぐかもしれない。

ということで、当サイトでも過去に紹介しているアジア雑貨のお店『元祖仲屋むげん堂』に行って、「夏のインド人風にコーディネートしてください!」と伝えたら、意外な事実が発覚!! インド人は○○を着ないらしい!?

続きを全部読む

【浪漫食堂】デカすぎる唐揚げが2個もついた「唐揚げチャーハン」のコスパ良し! 東京・高円寺『中華料理タカノ』

どの街にも、地元の人にしか知られていないお店は存在する。いわゆる「穴場」というヤツだ。そんな秘密のお店について、時折読者から情報を得ることがある。今回紹介する『中華料理タカノ』も、そんなお店のひとつ。

「ここの唐揚げチャーハンを食べて欲しい」とのリクエストを受けて、さっそくお店に行ってみると……。唐揚げがデカい! しかも2個付き!! それで700円はかなりコスパが高いぞ。普通盛りでも十分に満足できるレベルだ。

続きを全部読む

【浪漫食堂】ハンバーグ・メンチカツ・チキンカツ・ハムエッグが乗った “サーヴィスランチ” が650円! 高円寺の馴染みの食堂「クロンボ」

どんな街にも、その土地の人にとって「馴染みの店」というのは存在する。特別なご馳走を食べられる訳ではなく、目玉料理がある訳でもない。しかしついつい足が向いてしまうお店、東京・高円寺の駅から近い高架下にある「洋食の店 クロンボ」もそんな洋食屋さんだ。

店先のメニューを見ると、ハンバーグステーキは500円~で、すべてのメニューが1000円以下。もっともコスパが高そうなのが、「サーヴィスランチ」である。おかず4品にライスとみそ汁がついて650円! ちょっと安すぎない?

続きを全部読む

【1日32本】東京・新高円寺のパン屋でしか買えない「ウサギ型食パン」が可愛いすぎる! しかも激ウマ 『兎座LEPUS』

東京・杉並区に2017年3月、パン屋さんがオープンした。それ自体は全然珍しいことではない。日本全国どこにだって、パン屋さんはオープンするだろうし、取り立てて伝えるようなことではないだろう。しかしこのお店、オープンしたばかりなのにすでに大人気となっている。一体なぜだ!?

実はこのお店は販売している食パンが、Twitter上で注目を集めて爆発的な人気を博しているのである。その食パン、ウサギの形をしているのだ。何コレ可愛い! オッサンの私(佐藤)でも思わずトキメク可愛さじゃないか!!

続きを全部読む

【グルメ】「魅力に欠ける街1位」の名古屋だけど『どて煮』だけは認めざるを得ない! 甘くてウマい『どてめし』の魅力 / 東京・高円寺「どて子」

先日、名古屋市が行ったあるアンケートが話題になったことを覚えている人はいるだろうか? 全国主要8都市に住む人を対象に「都市の魅力やイメージ」についてアンケートを行ったところ、同市がぶっちぎりの最下位となったのだ。この結果に名古屋市民はショックを受けたという……。

この件について、名古屋を観光で訪れたことのある私(あひるねこ)としても、まあわからなくもない、というのが正直なところだ。だがしかし、名古屋名物『どて煮』。あれはガチではないか? めちゃくちゃウマいのに、いまいちメジャーでないのは非常にもったいないと思うのだ!

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第22回:完全に洪水! 注文時は絶対にチェダーチーズを忘れるな!! 高円寺『ファッツ』

ちょっと難しい話になるが、かつて三国志の時代……劉備と諸葛亮はお互いが水と魚のように離れられないほど良好な関係であったことから「水魚の交わり」という故事成語が生まれた。そして時空を超えて「水魚の交わり」なのが、ハンバーガーにおける “パティとチーズ” である……ちょっと違う?

それはさておき、ハンバーガーにチーズが欠かせない存在であることは間違いない。シンプルなハンバーガーもいいが、チーズバーガーの方が心はときめくというものだ。今回の「最強ハンバーガー決定戦」は、そのチーズの存在感がハンパない東京は高円寺の『ファッツ』をご紹介したい。

続きを全部読む

【グルメ】これこそ “ふわふわ” だ! オムライスの概念を覆す白い鉄板ふわふわオムライス / 東京・高円寺「アイノワール」

オムライスを説明するときに、よく使われる言葉のひとつに「ふわふわ」がある。タマゴの食感を説明するときに、用いられることが多いのだが、「それ本当にふわふわなのか?」と思うケースも珍しくない。

なぜなら、本当のふわふわオムライスが存在するからだ。本当のふわふわとは、すでにタマゴの形状を少しもとどめていない。たとえば、東京・高円寺の「アイノワール」のオムライスは、一見するとパンケーキに乗ったホイップクリームのようにさえ見える。しかしこれは確かにオムライスなのである。

続きを全部読む

【カレー探求】「一歩入ればそこはインド」 キレのある辛さが魅力のカレーハウス『コロンボ』 東京・高円寺

サブカルの帝王と称されるみうらじゅん氏は、かつて東京・高円寺を「日本のインド」といったそうだ。アジア系の雑貨店があり、カレーのお店が多く存在している。その姿から、日本のインドと表現したのではないだろうか?

きっとこの発言に貢献したと思われるお店が、カレーハウスコロンボである。だって、ここの入り口には、「一歩入ればそこはインド」って書いてあるんだから。

続きを全部読む

【都内は3店舗だけ】天下一品のレアメニュー「納豆ラーメン」が革命的にウメぇぇぇええ! そのハンパない粘度はドロドロというかもはや沼!!

天一、それはすでに1つのジャンルである。多くのコアファンを魅了してやまない人気ラーメンチェーン、「天下一品」。まるでポタージュのような濃厚スープのラーメンは、1度食べるとやみつきになってしまう。

そんな天一のラーメンには、 “あるもの” を入れたレアメニューが存在するのだが、あなたは知っているだろうか? その “あるもの” とは、まさかの納豆である。いやいやいや、ないないない。と私(あひるねこ)も思っていたのだが、意外なことに、これが革命的なウマさだったのだ!

続きを全部読む

【カレー探求】高円寺駅高架下にある隠れた老舗食堂「タブチ」のカレー・牛丼は親しみを感じる味

牛丼といえば、どこのチェーン店を思い浮かべるだろうか? 吉野家かすき家か、それとも松屋という人もいるだろう。しかし私(佐藤)には、忘れられない味がある。それは、すでになくなってしまったチェーン店「牛丼太郎」だ。2012年に母体となる会社が倒産し、代々木と茗荷谷の店は「丼太郎」という名前で再出発。ちなみにこの名前は「どんぶりたろう」と読む。代々木はすでに閉店してしまったのだが。

現在その丼太郎は、茗荷谷のお店だけになってしまった。このチェーンの荒々しい味付けが好きだった。荒々しいというか、野性味のある味というか。そんな味を思い出させてくれる味を発見した。それが、東京・高円寺の「タブチ」だ。カレーと牛丼のダブル盛り合わせが650円。しかもボリュームもなかなかである。

続きを全部読む

これぞコスパ最強ステーキランチ! 3種の肉が250グラム乗って950円!! 東京・高円寺「パテ屋」が素敵すぎる

ウマい肉を食いてえよな~。毎日そう思ってると、思わぬところで出会えるもんだよ。求めてないヤツに出会いなんか訪れたりしないような。ある日のこと所用で東京・高円寺の商店街を歩いていると、看板に書かれた「肉盛りステーキランチ」の文字が飛び込んできた!

なんと素晴らしい言葉の響きだろうか。でも、1300円とか1500円とかするでしょ。それくらいが相場だよね~……、と思ってたら肉3種盛りのプレートが950円! マジかよ、安い!! これは食ってみる価値アリ!! っつ-ことで早速店に飛び込んだ!

続きを全部読む

【コスパ良し】から揚げ食べ放題970円! 築地で修業した大将が作る絶品揚げ物の店「あげもんや」 東京・高円寺

私(佐藤)は今まで、から揚げが嫌いと言う人に出会ったことがない。どこかにいるかもしれないけど、おそらく大抵の人が好きなおかずのはず。それが食べ放題だったら……。私の場合は「マジかーーッ!」とテンションが1.5倍くらい上がってしまう。それくらいから揚げが好きだ。ちなみに当サイトでも「から揚げ食べ放題」の人気は高い。

前置きが長くなったが、東京・高円寺に美味しいから揚げの食べ放題をやっているお店がある。そのお店「あげもんや」では、から揚げ食べ放題970円……。ナニッ! 1000円切っとるやないか!! 今行こう、すぐに行こうッ!

続きを全部読む

【0円餃子】ドリンク1杯頼んだら “餃子がタダ” ってマジかよ!? 東京・高円寺「餃子処 たちばな」のサービスが神懸かりすぎな件

街中に溢れる様々な飲食店。「安さ」を売りにした店は当然わんさかある。特別に1皿100円、いやいや10円なんて店もあるだろう。しかし、ついに行くところまで行ってしまった店を発見してしまったぞ。なんと餃子が0円だというのだ。マジか!

その店とは、東京・高円寺にある「餃子処 たちばな」だ。正確に言うと、ドリンクを1杯頼むと餃子が0円で食べられるというシステムである。餃子が0円……。つまり無料、タダだ。そ、そんなこの世の楽園みたいな店が本当に実在するというのか。トレジャーハンターのような気分で実際に確かめてきたのでお伝えしよう。

続きを全部読む

モンブランとライオンが出会った『モンブライオン』が奇跡の可愛さ! 食べずにこのまま連れて帰りたいレベル / 東京・高円寺「Baby King Kitchen」

料理とは味はもちろんだが、見た目も大事だ。せっかく美味しいのに、見た目が悪いとその魅力は半減してしまう。個人的に、ケーキは特に見た目の美しさが味と同じくらい重要だと思うのだが、どうだろう。

そんなことを考えていたら、奇跡のような、とんでもなく可愛いケーキを発見してしまったぞ。モンブランとライオンが合体した、その名も『モンブライオン』! 繰り返す。『モンブライオン』だ!! 何なのこれぇ~。こんなの食べられな~い。と男でも悶絶してしまう『モンブライオン』の詳細は以下の通り。

続きを全部読む

【大注目】ノスタルジーの塊「大人のお子様ランチ」が今アツイ! これは子供の頃食べたアノ味そのものだ!! 東京・高円寺『Baby King Kitchen』

「お子様ランチ」のワクワク感は子供だけの特権だ。大人になってしまうと、そんなものは恥ずかしくてとても注文できないし、してはいけないのである。そう、最近までは……。いま、大人のためのお子様ランチが流行し出しているらしい。

子供の頃、家族で出かけた時に食べたアノ味。大人になってから、ふと思い出し食べたくなる人は多いはずである。そんな人に朗報! 現在ロケットニュース24は、各地の「大人のお子様ランチ」をお伝えしている最中だ。今回、私(あひるねこ)は東京・高円寺にある『Baby King Kitchen』まで行ってきたぞ。

続きを全部読む

アジア雑貨店「元祖仲屋むげん堂」の感謝プレゼントが豪華すぎた件! 購入商品よりもプレゼントの数が上回るレベル

昨日12月24日は、言うまでもなくクリスマスイブである。恋人としっぽりとした時間を過ごしたという人も少なくないだろう。一方で、「何がクリスマスだ!」と毒を吐きながら、1人寂しくお酒を飲んだという人も相当数いるのでははいだろうか。

さて、実は昨日はアジア雑貨のお店として有名な「元祖仲屋むげん堂」の、創業記念日でもあった。そうとは知らずに何の気なしに東京・高円寺のお店に行った私(佐藤)は、感謝のプレゼントにビビりまくった! だって2品買ったらオマケが5品も付いてきたんだもん!

続きを全部読む

札幌ラーメンの味は本場と東京で違うのか?「らーめんてつや 東京高円寺店」で確かめてみた

ラーメンが美味しいことで有名な北の大地「北海道」。そして北海道の中でも特に有名な地域と言えば札幌だ。北海道生まれ札幌育ちの筆者は、都内でも札幌と同じ味を味わえそうなラーメン店がないかと探してみたところ……札幌の有名店「らーめんてつや」が高円寺にあるではないか!

らーめんてつやと言えば、背脂入りらーめんで一大ブームを巻き起こした札幌の有名店であり、筆者も何度も通っていた。でも本当に、本場と同じ味がするのだろうか? さっそく確かめに行ってみたので、その味をレポートしよう。

続きを全部読む

JR高円寺駅にポスター広告を出してみた / 12月2日から9日までの1週間掲出で4万弱

以前の記事で、ホストに変身してホスト専門スタジオで撮影に挑んだ私(佐藤)とGO羽鳥。専門スタジオの撮影技術の高さについては、すでにお伝えした通りだ。

せっかく撮影したのなら、次はアレをやってみたい! そう、アレというのは看板広告だ。できればホストのメッカ、新宿歌舞伎町に出したいんだけど、どこに問い合わせて良いのか全然わからない。そこで調べたところ、駅構内にB0(ゼロ)サイズのポスターが出せるとわかって、実際に掲出してみたぞ!

続きを全部読む

【グルメ】高円寺の『ラザニ屋』のラザニアはミート&ホワイトソースが極上マッチング! 舌をヤケドしても食べ続けたい!!

ラザニア? ラザニヤ? 私たちの身の回りには、正しい発音が分からずにモヤモヤする言葉が複数存在するが、ラザニアもそのひとつである。英語では「ラザーニャ」のように発音するため、本来はラザニヤに近い。しかし日本ではラザニアの方が多く使われるので、今後はラザニアで統一していくことにする。

そんなのどっちでも良い……と言わないで欲しい。ラザニア好きとしては非常に重要なことなのだ。何を隠そう筆者はラザニアを愛している。パスタでありながらスパゲッティよりマイナー。イタリア料理なのにピザよりも目立たない。しかし脇役と誰が決めた! 東京・高円寺にはラザニア専門店『ラザニ屋』があるんだぞ! 当然このお店ではラザニアが主役!!

続きを全部読む

もらっても嬉しくないモノが当たる「貧乏くじ」開催! 高円寺北中商店街夜市で待ってるぞ~ッ!!

盆休みも残すところあとわずか。観光や帰省で、素敵な夏の思い出を作ることはできただろうか。もしもまだという人は、2015年8月16日16時~20時、東京・高円寺の北中通り商店街の夜市に出かけるといい。なぜなら、私(佐藤)が出店しているからだ。

この日のためにくじ引きを用意している。それもただのくじ引きではなく、もらったら困りそうなものが当たるくじ引き、名付けて「貧乏くじ」である! 用意している景品は以下の通りだ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2