「駆除」にまつわる記事

【お仕事ニャ】ある街で元野良ネコを “積極採用” する人が増加中! ネズミ被害減少&ネコにおウチが出来てウィンウィン関係に!!

「その人の適性や能力に応じて、それにふさわしい地位・仕事に就かせること」という意味を持つ、適材適所。今回は、そんな適材適所がとても上手くいった例をご紹介したい。

米シカゴではネズミの被害が急増しているらしい。その背景には、古くなった大きな建物が取り壊され、多くのネズミが近隣の建物に引っ越してくるなどの理由が挙げられるという。そんな状況を解決する “適材” といえば、そう、ネコ様だ!

続きを全部読む

【マネ厳禁】スズメバチの巣に放水で対抗する動画がスゴい!! 火炎放射器で撃退する方法もかなりワイルド!

自宅の軒下や庭の木に出来た大きなハチの巣は、自分で勝手に対処せずに専門業者に頼むのが無難である。ハチの大群に襲われでもしたら、それこそ命を落としかねないからだ。

だが、なかには独自の撃退法でハチの巣を駆除しようとするチャレンジャーもいるようである。そんな動画「How to terminate hornets and wasps」は、なんとホースで放水して巣に対抗しようというのだ!! 他にも火炎放射器で撃退する、かなりワイルドな方法もあるぞ!

続きを全部読む

ソチオリンピック開幕前に2000匹の野良犬が処分されたとの報道 / 業者が「野良犬は生きたゴミ」発言し物議

2月7日、ロシアのソチで開幕した第22回冬季オリンピック競技大会。この日を首を長くして待っていた人もいるだろう。しかし開幕前に「ソチでおよそ2000匹もの野良犬が処分され」たとの報道が流れ、物議をかもしているのである。

続きを全部読む

イノシシやシカを銃で殺す猟師に色々話を聞いてみた! 「猟師って儲かりますか?」

日本においては銃を所持するだけで犯罪だ。もちろん、簡単には手に入らない。しかし、特別な審査を経て銃の所持・発砲を許されている男性がいる。その男性とは、熊本県在住の68歳の猟師。

彼は若い頃から銃を所持していたそうだが、多忙な仕事の日々で全く発砲するチャンスに恵まれなかった。それが今では長年勤めた会社を定年退職し、銃ひとすじの残り少ない余生を送っている。

続きを全部読む