「食中毒」にまつわる記事

18人が食中毒! 丸亀製麺が『麦とろ牛ぶっかけうどん』を一時販売中止へ

本日6月16日は麦とろの日! ジメジメしたこの季節、とろろに醤油をぶっかけて食べた時の涼やかさは、他に変えがたいものがある。ご飯だけでなく、そばやうどんにも相性ピッタリなとろろは、炭水化物の相棒であると言えるだろう。

うどんと言えば、丸亀製麺で5月18日から販売開始されている『麦とろ牛ぶっかけうどん』がウマそうだ。せっかくなので食べに行ってみたら……一時販売停止になっとるやないか

続きを全部読む

肉フェスが6月開催予定だった「秋田」「青森」も中止を発表 / 安全性と衛生面を考慮して

以前の記事で、GWに開催されたフードイベント「肉フェス TOKYO 2016 春」で食中毒が発生し、保健所が厳重注意していたことについてお伝えした。福岡で開催していた「肉フェス FUKUOKA 2016 春」でも同じ商品が原因による食中毒が発生。これを受けて、主催会社は公式ページで、2016年5月19日〜22日までの日程で開催予定だった「肉フェスツアー 2016 福島」の中止を発表していた。

5月17日になって、主催会社は6月に開催予定だった他県で行われるイベントの中止も発表。今年の肉フェスは日本全国を巡る予定だったのだが、この先の開催予定も怪しくなってきた。

続きを全部読む

肉フェス主催会社が “保健所の指導に従わなかった” との報道を否定 / 真相を問い合わせてみた

2016年4月28日~5月8日までの日程で東京・お台場で開催された、食のイベント「肉フェス TOKYO 2016 春」。その会場で提供された、『ハーブチキンささみ寿司、鶏むね肉のたたき寿司』の一部商品が原因で、食中毒が発生していたことが明らかになった。

・一部報道を否定

一部報道によると、江東区保健所は5月6日の段階で主催する会社に対して、ささみ寿司の提供をやめるように指導していたそうなのだが、継続して販売されたと報じている。しかしイベントの公式ページには次のような内容が公開され、この報道を否定している。一体どういうことなのだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】何これスゴイ! 近づけるだけで食材の鮮度がわかる「鮮度チェッカー」

4月も半ばを迎え、春の暖かさを実感する今日この頃。いよいよバーベキューが楽しみになる季節の到来だ。そこで気になるのが食材の鮮度である。「大丈夫かなあ……」と思いながら食べたものが、実は腐っていて大変なことに。そんな話も珍しくはない。

そこで今回は、食中毒などの危険から身を守る「鮮度チェッカー」をご紹介しよう。誰でもカンタンに操作が可能で、スマホの画面で結果が見れる優れものだ。以下、動画と共にその内容をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【コラム】大好物で食中毒になった場合「もう一度それを好きになる」手っ取り早い方法

突然だが、筆者は無類の貝好きである。生でもいいし、火を通してもいい。1日3食どころか5食が貝でも余裕のOKだ。たまに「もしかしたら前世はラッコだったのかも……」と思うほど、とにかく貝類全般が大好きなのだ。

そんな貝大好物の筆者は、4年ほど前に北海道で食中毒になってしまった。原因は……貝である。詳細は後述するが、結論からいうと筆者は食中毒発生から わずか4日で、苦手になりかけた貝を再び愛することに成功した。今回は「大好物で食中毒になった場合、もう一度それを好きになる方法」を伝授したい。

続きを全部読む

外務省が注意喚起! 韓国の冷麺やのり巻きから糞便にも含まれる大腸菌が検出される

夏は、食中毒に特に気をつけたい季節だ。そんななか、韓国で行われた調査で複数の飲食店で提供されている韓国冷麺やのり巻きから大腸菌が検出されていたことがわかったそうだ。外務省・在大韓民国日本大使館が注意を呼びかけている。

続きを全部読む

藤本美貴さんの「焼肉美貴亭」がいつの間にか閉店していたッ!

2012年6月8日付けで営業停止を決めたタレント、藤本美貴さんの焼肉店「焼肉美貴亭」(運営元株式会社ももじろうグループ)が閉店したことが判明した。当初、同社は「再発防止と安全管理の徹底を行う」と発表していたのだが、どうやら再開を断念したようである。

続きを全部読む

藤本美貴さんが謝罪コメント「運営その他に関与していませんでしたが、申し訳ない気持ちでいっぱい」

自身がプロデュースした店で食中毒が発生した問題で、タレントの藤本美貴さんが公式にコメントを発表した。彼女が2012年6月9日のブログで、所属事務所を通じてこの事実を知ったとしたうえで、「ご来店いただいたお客様には、たいへんご心配をおかけいたしました。申し訳ございません」と投稿している。

続きを全部読む

藤本美貴さんプロデュースの「焼肉美貴亭」で食中毒! 当該店舗およびすべての店舗を営業停止

タレントの藤本美貴さんがプロデュースする焼肉店「焼肉 美貴亭」(運営:株式会社ももじろうグループ)で、食中毒が発生していたことが判明した。同社の公式ページに掲載された「お詫びと報告」によると、2012年5月31日に来店した客が、体調不良を訴え3名が入院したという。

これを受けて同社は、6月8日付けで当該店舗および全店舗を営業停止とし、再発防止と安全管理の徹底を行うとしている。

続きを全部読む

食中毒騒動『ステーキけん』井戸社長 / TwitterではダンマリしていたがFacebookに書き込みしていた

2011年11月8日、食中毒発生が明らかとなった『ステーキハンバーグ&サラダバーけん』(株式会社エムグラントフードサービス)の鵜野森店。運営会社の公式サイトには「O-157感染による体調不良である事が判明」と書かれたプレスリリースが掲載されており、大きな話題となった。

運営会社の社長・井戸実氏はTwitterやブログに豪快な内容の書き込みをして注目を浴びる人物だったが、食中毒騒動が報じられると急にダンマリ。社長がダンマリなのに『ステーキハンバーグ&サラダバーけん』のCM出演した小学生美少女アイドルが謝罪するという情けない事態にも発展。井戸氏自身はTwitterやブログに謝罪の言葉を書き込みしなかったため、多くの人たちから反感を買っていた。

続きを全部読む

現在インターネット上でも問題となっている、『ステーキハンバーグ&サラダバーけん』鵜野森店でのO-157食中毒騒動。いつもはTwitterに書き込みしまくっていた井戸社長が騒動後にまったく発言しないことや、店舗で業務停止の言い訳を「メンテナンスによるもの」とするなど、物議をかもしている。

インターネットユーザーから事後対応のまずさが指摘されているが、そのバッシングの数が尋常ではないほど多い。バッシングが多い理由は、井戸社長のブログやTwitter、メディアからのインタビュー回答内容に一因があるといわれている。
 
■クレーム対応について
社長のブログを見ると、肉が硬いとの指摘のメールに対して「顎を鍛えてください」や「不味いというクレームは無視する」などの回答をしており、味についてのクレームは基本的に受け付けていなかったようだ。

続きを全部読む

食中毒『焼肉酒家えびす』の解雇社員を『ふらんす亭』社長が雇用!「当社で採用させて頂きます」

『焼肉酒家えびす』の和牛ユッケの食中毒問題で大きく揺れている外食業界。『焼肉酒家えびす』の社長は「自社での営業再開は当面難しい。いったん辞めてもらう」と社員らに通告し、実質、ほぼ全員が解雇されるかたちとなった。

そんな状況のなか、解雇で路頭に迷う社員たちの前に救いの手が現れた。なんと『ふらんす亭』や『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』のオーナーである井戸実さんが、「もしご興味がありましたら当社で採用させて頂きます」とコメントしたのである。井戸さんが自身の公式ブログに書いた雇用情報は以下のとおり。
 
続きを全部読む

焼肉店『牛角』で食中毒症状の客20名からO157検出 / 豪州産牛ハラミが原因か

人気の焼肉レストラン『牛角』で食中毒騒動が発生した。20名の来店客が下痢や腹痛をうったえ、行政や医療機関が調査をしたところ0157が検出されたという。

『焼肉酒家えびす』の食中毒騒動はいまだに真相解明中だが、全国展開している大手焼肉レストラン『牛角』でも食中毒が発生してしまっただけに、焼肉業界に大きな波紋を呼びつつある。

食中毒症状をうったえている来店客は、2011年5月6日に『牛角』(高岡店 / 富山県高岡市)で食事をした1組36名のうち20名。この件に対して『牛角』を運営する株式会社レインズインターナショナルは謝罪文と食中毒の概要を公式サイトに掲載している。
 
続きを全部読む

ユッケ死亡騒動『焼肉酒家えびす』の衛生管理が問題視 / 同じ布巾でテーブルと皿を拭く

焼肉レストラン『焼肉酒家えびす』が客に出したユッケ(生肉)で腸管性出血性大腸菌O-157とO-111による集団食中毒事故が発生し、4人の死亡者を出した騒動。同店のユッケを食べた多くの人たちが食中毒症状を出しており、感染した客たちの容体が非常に心配である。

マスコミの報道によると、大腸菌は『焼肉酒家えびす』で付着したものではなく、納入される段階で付着していた可能性があるという。そうなれば『焼肉酒家えびす』だけの責任ではなくなるが、そもそも『焼肉酒家えびす』自体の衛生管理が「ずさん」だったことが判明した。テーブルを拭く布巾と、客に出す皿を拭く布巾を共用していたのである。つまり、同じ布巾でテーブルと皿を拭いていたのだ。しかもユッケを素手で揉んでいたのだ。

続きを全部読む

ユッケ報道だらけでユッケを食べたくなる人が続出「無性に食いたくなって3皿食べた」

焼肉店『焼肉酒家えびす』が、本来は生で食べることに適していない牛肉をユッケ(生肉)として客に提供し、腸管性出血性大腸菌O-157とO-111による集団食中毒事故が発生した件は、死亡者や重傷者が続々と出るなど大きな問題となっている。

『焼肉酒家えびす』はテレビ激安焼肉店として有名なチェーンレストランで、人気番組『人生が変わる1分間の深イイ話』の出演者全員が絶賛するほどオススメの店として有名だった。

ユッケで死亡者が出る事態に発展しているわけで、焼肉店に行く人やユッケを注文する人が減るのではないかと不安の声もチラホラ出ているが、逆に「最近テレビでユッケの話題ばっかしてるから無性にユッケ食いたくなって今日3皿食ってきた」という人たちが多くいるようで、不思議な現象が発生している。以下は、報道によりユッケが食べたくなってしまった人の声である。
 
続きを全部読む