「青春」にまつわる記事

【なつか死】卒業してから無性に行きたくなる学校のスポット5選

通っている時は日常なのに、卒業してしまうと無性に懐かしくなるのが学校だ。しかし、学校は部外者になってしまえば、かなり断絶された空間。一度卒業してしまえば、いくら懐かしくとも戻ることはできない

しかし、青春時代のほとんどを過ごした場所であるにもかかわらず、学校の中をくまなく知っているという人は意外と少ないのではないだろうか。私(中澤)は活動範囲も狭く、クラブの縄張り的なものも怖かったので、思い返すとそんなエアスポットでいっぱいだ。そこで、卒業してから無性に気になったスポットを5つ厳選してみた。

続きを全部読む

【お宝】究極のパンチラ画像大公開! さらにパンチラの裏側までッ!!

「パンチラ」には男の夢が詰まっている。パンチラと聞いて、ときめきを感じない男はいないだろうし、人によってはガッツポーズを決めてしまうかもしれない。

今回は特別に、廊下で見かけたパンチラ画像を公開したいと思う。何度も繰り返し見えるために、ブックマーク保存必須だ。友達にもTwitterやFacebookで共有して教えてあげよう! みんなでパンチラ画像を分かち合おう!

続きを全部読む

【賛否白熱】人によって感じ方がまったく異なる「大和ハウス」のCM / あなたはどう思う?

テレビCMは、その企業のメッセージを伝えるうえで非常に重要だ。伝え方を間違えて、炎上騒動になり公開を取り止めたという例はいくつもある。視聴者にどう受け止められるかが、カギではないだろうか。

そんななか、最近公開された大和ハウスのCMについて、意見が真っ二つに分かれている。『故郷編2016』と題されたこのCM、音楽を松任谷由実さんが書き下ろしており、青春をテーマに描かれているのだが……。「めっちゃ好き!」という意見がある一方で、「ムカつく」という声もある。あなたはどう思うのだろうか?

続きを全部読む

【ビッグニュース】薬物所持で逮捕された高知東生容疑者の前妻が「あいだももさん」と知って青春が蘇る中年紳士続出中!!

2016年6月24日、芸能界に再び震撼が走った。高島礼子さんの夫で元俳優の高知東生(たかちのぼる)容疑者が、大麻と覚せい剤所持の容疑で逮捕されたのである。またしても、有名人の薬物問題が発覚した。だが、この報道の裏で、意外なことが起きていた。

中年紳士たちが続々と青春時代をよみがえらせているのだ! これは一体どういうことなのか?

続きを全部読む

【ネタバレなし】5分で分かる! 『ちはやふる』の見どころ・魅力 / 競技かるたというマニアックな題材で圧倒的に支持される理由とは?

2016年3月19日に実写映画が公開される『ちはやふる』。かるたにかける青春を描いた漫画が原作の本作は、上編の「上の句」、下編の「下の句」という二部構成である。私(中澤)はこの作品のアニメシリーズを見て、かるたと思えないその爽やかでみずみずしい世界観に何度も涙し、人にも薦めまくった。この作品は見ないと損だ。

リアルな高校生の青春がテーマであるこの作品は、きっと実写との相性も良いだろう。そこで今回は、『ちはやふる』を知らない人のためにその見どころや魅力をお伝えたい。これを読めば、映画がより面白くなること間違いなし! ちなみにネタバレはしないので安心してくれ。

続きを全部読む

炭酸飲料の常識を覆す新発見! 今春発売の「澄みきるサイダー」が”透明”なのにバッチリ果汁味でビビった

雨が上がり鳴き始めるセミ、吹き抜ける爽やかな風、朱に染まる田んぼ道……まぶたの裏に浮かぶ夏の日の1コマ。三ツ矢サイダーのシュワワッとしたのど越しは、いつだって私(中澤)に少年時代のまばゆい情景を思い出させてくれる。三ツ矢サイダーと共に笑い、共に泣き、秘密基地に泊まった。

そう、あの頃の私にとって三ツ矢サイダーだけが友達だった。そんな心の友がこの度、「三ツ矢澄みきるグレープサイダー」と「三ツ矢澄みきるオレンジサイダー」を発表した。いわく、“133年目の新発見”。一体何を発見したというんだサイダー君! ……っていうかキミ、僕より100歳も上やったんか……。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第6話:今世紀は青春時代の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【考察】大学より予備校のほうが楽しいのはなぜなのか / 思い当たる原因を5つ挙げてみた‏

一部では「大学よりも楽しい」という声すらある大学受験予備校。かくいう私も、某予備校経由で志望校入学を果たしたのであるが……実際、予備校のほうが楽しかったクチである。──なぜなのか。

受験生=ファイター ではないのか? 受験とは本来、ツラく苦しい自分との闘いなはず。楽しそうなファイターなんて、まるで減量中のボクサーが、満面の笑みでスパーリングしているような違和感をおぼえる。大学をエンジョイするための予備校をエンジョイしてしまう、この本末転倒ともいえる現象は一体なぜ起きてしまうのか?

以下に、“結構偏ってるけどあながち間違いではなかろう見解” を示したい。胸に手を当てて考えてみて欲しい。浪人悪くないな(笑)とか、もう一浪してもいいかな? なんて思ったことがないか……ダメよ〜ダメダメ! YESな人こそ必読である。

続きを全部読む

【あの人は今】『ビバリーヒルズ高校白書』の “スティーブ” は今どうしてるんだ!? → ストリップやったり TV映画で大活躍してた!

30~40代の多くが、最もハマった海外ドラマは『ビバリーヒルズ高校白書』(以下『ビバヒル』)ではないだろうか? 本作では、田舎町からビバリーヒルズへ引越してきた中流階級の双子兄妹が、ハイソな環境に馴染もうと四苦八苦するなか、思春期独特の恋愛や友情、家庭事情に悩みながら成長していく姿が描かれる。等身大の10代の姿に、多くの視聴者が共感したに違いない。

そこで今回は、女子に絶大な人気を誇っていた2大イケメンキャラクターのブランドンとディラン……ではなく、金魚のフンのように二人に引っ付いていた金髪チリチリパーマのスティーブの今を紹介したい!

続きを全部読む

【神戸グルメ】地元民オススメ「青春味のカルビ丼」をガムシャラにかっこめ! 『焼肉丼十番 三ノ宮店』

誰にでも思い出の味がある。誰にでも青春の味がある。久しぶりに口にすると「これこれ!」と思ったり「こんなんだったけ?」と感じたりするが、間違いなくその味は存在する。

神戸は三ノ宮で、地元民におすすめグルメを聞いていたら「今はあんまり行かへんけど、昔はよう食うたなぁ」「たまにメッチャ食べたなんねん」との情報をキャッチした……。 まさに青春の味ではないか! というわけで、青春味のカルビ丼が食べられる「焼肉丼十番」に行ってきたぞ!

続きを全部読む

【豆知識】みんな知らないと思うけど今日5月15日は「青春七五三」の日 / 13・15・17歳にエールを送ろう~ッ!

突然だが皆さん、今日(5月15日)は何の日かご存じだろうか? 365日毎日さまざまな記念日が存在するのだが、今日のこの記念日ほど、存在の知られていない記念日もなかなかないと思う。

その記念日とは、「青春七五三」である。いかがだろうか? たぶん、ほとんどの人が初めて聞いた言葉なのではないだろうか。この日は日本記念日協会が提唱しているもので、以下のような目的があるそうだ。みんな、青春してるか~い!

続きを全部読む

【感動高校野球動画】最後まで諦めずに皆の思いを背負って駆け抜けた姿が青春すぎる「2003夏 千葉県予選 京葉工業vs浦安南」

連日、熱戦が繰り広げられている第95回夏の甲子園。全国3957校の代表49校がその頂点を目指して戦っている。そこに登り詰めるまでには、地方大会からさまざまなドラマがあり、高校球児のひたむきなプレーには感動を覚える。

そこで今回は、甲子園を目指す地方大会での最後まで諦めない姿勢が生んだ青春ドラマをご紹介したい。YouTubeにアップされた動画のタイトルは「高校野球 2003夏 千葉県予選 京葉工業 vs 浦安南」だ!

続きを全部読む

学校の先生の目前で挑発的にダンスを踊ったらアイリッシュダンスで応戦してきた動画が話題に

もしも突然、誰かが目の前に立ち、挑発的な表情と動きでダンスを踊ってきたらどう対応すればよいだろうか。「ちょ、ちょっと……やめてください」と冷静に対応するのが正解だろうか。それとも苦笑いをして「私には無理です」と拒めば良いのだろうか。

その答えとなる動画が現在話題になっている。先に答えを書いておこう。対抗して踊れば良いのである。YouTubeにアップされている動画のタイトルは「Turn Up ’13 Style.」だ。

続きを全部読む

【世紀末】すべてのマッドマックス2ファンに捧ぐ青春映画『ベルフラワー』が全国で続々と公開されてるぞーッ!!

いつの日か、必ずやモヒカン&肩パット装備のうえ、ガソリン求めて荒野を走る時が来ると信じているマッドマックス2ファンに朗報だ! そして、偉大なる悪の首領、ヒューマンガス様のことをリスペクトしている人にもお伝えしなければならないことがある!

……青春映画『ベルフラワー』が全国で続々と公開中である。一体なんなんだ『ベルフラワー』って? と思った人は、今すぐに予告編トレイラーを見るべきだ。なんせ開始12秒後には「だれもヒューマンガスに逆らうことはできない。――偉大なるヒューマンガス」である!

続きを全部読む

50年もの長い歴史についに終止符!? あの青春番組『中学生日記』が来年3月で終了するらしいぞ

みなさんに悲しいお知らせがある。心して聞いてほしい。ついに、あの青春ドラマ『中学生日記』が終わってしまうらしいのだ。

これは電子版朝日新聞の報道により分かったことで、来年3月で50年というその長い歴史に終止符が打たれるとのこと。1962年に始まったこの番組の当初の名前は、「中学生次郎」であった。そして1972年に現在の「中学生日記」にタイトルが変更され、森本レオさんや竹下景子さんなどを始めとする約5千人が、今まで生徒役で出演してきた。

続きを全部読む

はちみつレモン復活キター! よみがえる青春の味

10月4日、学生時代に良く飲んだとっても懐かしいアノ飲み物がようやく復活した!

その商品とは、はちみつの甘さとレモンのすっぱさが美味しいドリンク「はちみつレモン」である。当時学生だった人は、学校の帰りや部活の終わりに良く飲んだ思い出がある人も多いのではないだろうか。

続きを全部読む