「電車」にまつわる記事

【海駅】全国9000駅から海の見える無人駅を厳選!『海駅図鑑』が旅本として優秀すぎて読むだけで自分が見つかるレベル

「自分探しの旅」という言葉があるが、私(中澤)の場合、自分を探そうと思ってるのは出発の瞬間だけだ。旅をしてるうちに、風景に目を奪われ、食べ物に舌を奪われ、寂しさに心を奪われて、自分探しは「他人探し」へと変わる。しかし、運命的な出会いなんてないから、暇つぶしで10分に1回SNSに投稿。

皆まで言うな。知ってるさ極めて旅下手なことくらい。というわけで、私は旅よりも「旅本」の方が好きだ。読んでるだけで、行ったような気持ちになれて一瞬現実から解放される。2017年2月15日、そんな私の胸を撃ち抜く旅本が発売された。その名も『海駅図鑑』。海の見える無人駅の図鑑である。

続きを全部読む

【超簡単】お年寄りや妊婦に「100%席を譲る方法」を教える

2016年11月にYouTube上で公開された「優先席を譲る / 譲らない問題」が物議を醸している。動画では頑なに優先席を譲らない若者(撮影者)と、席を譲れと激昂する老人が収められているが、どちらの姿勢にも問題があるから、この際どちらが良い悪いの話は置いておこう。

基本的に私(P.K.サンジュン)は、優先席であろうと普通席であろうと、妊婦や老人がいたら100%の確率で席を譲る。自慢でも誇らしいことでもなく、ただそうなのだ。今回は「席を譲りたいけどなかなか譲れない」という人のために、100%席を譲る方法を伝授したい。

続きを全部読む

【コミケかよ】54年ぶりの11月初雪で都内の駅は大混乱! 入場規制に非常停止など地獄絵図ツイートまとめ

ゆ~きやこんこん♪ アラレやこんこん♪ 雪でハシャげるのは仕事始めるまでェェェエエエ! こんにちは、中澤です。2016年11月24日、都内では朝から天気予報通りの降雪。11月のこの時期に雪が降るのは、なんと54年ぶりとのこと。

社会人にとって天敵とも言える雪。私が通勤している電車は運良く少しの遅れですみましたが、マジでヤヴァイ状況に置かれた人たちもいるようです。入場規制に非常停止……見渡す限り人の頭という地獄絵図になった通勤ラッシュに巻き込まれた人たちのツイートをお届けします。わあ♪ コミケみたいだね!

続きを全部読む

【本当にあった】電車のアナウンスで聞いた『ほっこりフレーズ』に感謝感激が止まらない!!

電車に乗ると必ず耳にするのが車内アナウンス。乗客に次の駅を教えてくれる便利なものだが、通いなれた路線では聞き流している人も多いだろう。だが、ここ数年で車内アナウンスが大きく変化したのをご存知だろうか?

通常なら連絡事項を知らせて終わり……だが、たまに車掌さんが「ほっこりするフレーズ」を言ってくれるのである。その電車に乗れた日は、何だかとてもいい気分。「聞いたことがある!」と言う人もいるのではなかろうか。そこで! 今回は、実際に記者が耳にした車掌さんのほっこりフレーズをいくつかご紹介したい。

続きを全部読む

【危機一髪】コンマ数秒の差で惨劇回避! 鉄道作業員が線路に入った酔っ払いを決死の救助

酒は飲んでも飲まれるな。これはお酒の場でよく聞く言葉だが、何があっても絶対に守らなければいけない。なぜなら酩酊状態になると他人に迷惑をかけてしまう上、無意識のうちに線路へ入って死にかけることもあるからだ!

まさかそんなこと……なんて思う人もいるかもしれないが、海外で九死に一生と言える映像が激撮されたのでご紹介しよう。あとコンマ数秒遅ければ、確実に酔っ払いの命はなかっただろう。

続きを全部読む

【追跡ミステリー】謎の未解決事件「真夏の出勤ラッシュ時に小田急線の女性専用車両に乗ったら車内のド真ん中に立派なウンコが落ちていた事件」に迫る

できることなら経験したくない大都会の生き地獄……それが魔の「通勤ラッシュ」である。乗車率100パーセントなんて当たり前で、時に120%、それ以上の臨界点を超えて窓ガラスが割れたなんて話も聞いたことがある。そのうち破裂しちゃうかも。

そんな通勤ラッシュ時において、他の車両は見るからにギュウギュウ150%なのに、不思議と乗客ガラ空きの車両がホームにすべりこんできたとしても、「超ラッキー!」や「運が良いわぁ!」と車内に駆け込むのは非常に危険である。なぜならば、本当にウンが付くかもしれないからだ。今年の真夏に起きた、謎まみれの事件のように。

続きを全部読む

ファンでなくても興奮する! 店内プラレール1色のカフェ「プラたく」が楽しすぎる / メニューにもこだわり

私(佐藤)は鉄道マニアではない。しかし列車を見れば旅情に駆られると共に、車両によっては「渋い!」とか「カッコいい!」とか感じる。これは、鉄道が本来もっている魅力なのではないだろうか? プラレールについても同じだ。プラレールファンではないけど、大きく組み上がった模型を見ると、興奮してしまう。

そんなプラレールの興奮を味わえるカフェが、東京・葛飾区に存在した。その名も「プラたく」。お店に入ると巨大な立体模型が目に飛び込んでくる! これはファンでなくても、スゲェエエエ! と驚かざるを得ない。

続きを全部読む

リオの電車で席を譲られたおじいさんが予想外の行動に! 身体を床と水平にし空中でピタッと止まる

読者の皆様のなかには、「電車で立っているお年寄りを見かけたら、席を譲りましょう」をモットーに、積極的に行動している人がいるに違いない。しかし、席を譲られたことで ‟ジジババ扱いされた……” とショックを受け、「自分はまだまだ若いぞ!」と思ってしまう老齢者もいれば、遠慮して席に座ろうとしない人もいる。

そして、時として、どれだけ自分が元気であるかを、実際に証明するお年寄りもいるようだ。なんと、ある人が電車でおじいさんに席を譲ろうとしたら、マジでブっ飛んでしまうような予想外の展開になったというのである!

続きを全部読む

【神返答】乗客が「電車で女装を見た! ビックリ」とツイート → 鉄道会社の素晴らしい返答に称賛の嵐

1日に何千、何万人もの人間を乗せる電車。あんなにたくさんの人が狭い空間に集まるのだから、当然、自分の “常識” が通じない人に出会うことだってあるはずだ。

例えばこの度、ある人物が電車の中で女装している男性客を目撃し、「女装だなんて、ビックリ!」とツイートした。すると鉄道会社から返信があったのだが、その返しが素晴らしいと話題になっているようだ。

続きを全部読む

【天才】爪をかざすだけで電車に乗れる「ICネイル乗車券」が爆誕!もうSuicaも ICOCAもPASMOも不要に!?

Suica に ICOCA、PASMO に manaca 、はやかけん、SUGOCA といえば、そう、ICカード乗車券だ。とても便利なので、多くの人が日夜お世話になっていることだろう。ロンドンの「オイスターカード」やソウルの「T-money」なんかも有名だ。

しかし今、この ICカード乗車券が進化を遂げようとしている。なんと 爪をかざせば電車にもバスにもスイスイ乗れちゃう、「ICネイル乗車券」が爆誕したというではないか! ああ、とっても未来って感じ!!

続きを全部読む

【怪奇】神戸電鉄の「納涼恐怖体験列車」がマジ怖そう

いよいよ関東地方も梅雨明け間近、ギラギラと太陽が照りつける夏本番がやって来る。夏といえば、海にBBQ、切ない恋と “怪談” の季節。よく考えれば心霊現象に季節なんて関係ない気もするが、それでも誰かが見ている……気がするシーズンだ。

以前の記事で、神奈川県のタクシー会社「三和交通」が開催する『心霊スポット巡礼ツアー』をご紹介した。ガチの噂が絶えない心霊スポットをタクシーで巡るイベントだが、なんと今回、兵庫県の神戸電鉄が「納涼恐怖体験列車」の運行を発表したのでご紹介したい。

続きを全部読む

【怖い】海外でも問題視されている「歩きスマホ」や「駆け込み乗車」の警告動画に背筋がゾ〜ッ

国や地域によって住む人間の性格の傾向に違いはあるかもしれないけれど、しょせんは同じ人間。似たような問題を抱えていたりするものだ。

例えば電車。日本では「ホーム上での歩きスマホ」や「駆け込み乗車」への注意喚起が盛んだが、海外でも同じことに頭を悩ませている模様。この度、アメリカでも「歩きスマホ」などの危険性を知らせる動画が作られたのだが……これ、なんだかちょっと怖いのだ。

続きを全部読む

【日本どうした】『妊婦の電車事情』をリサーチした結果 / 最初から座れる確率「29%」席を譲ってもらえる確率「12.3%」など

「日本の技術は素晴らしい」「日本には世界に誇る文化が数多くある」……確かにそういう一面もあるだろう。昔から奥ゆかしく自己PRが下手とされる日本人は、損している面も多いに違いない。だがしかし、本当に現代日本は “おもてなしの国” にふさわしいレベルといえるのだろうか?

以前の記事で「最近わざと優先席に座っている理由」というコラムを書いた。簡単にいえば、優先席ですら必要な人に譲れない人ばかりだから、わざと座って必要な人に譲っている……という内容だ。賛否両論、多くの反響をいただいたが、実際のところ「本当に席を必要としている人たち」は、どれくらいの確率で着席出来ているのだろう?

続きを全部読む

妊婦さんが近づく → 電車内のピンクライトが点灯! アピール力満点の “マタニティマーク” が韓国で誕生!! 「恥ずかしい」との声も

つわりで気持ち悪かったり、お腹が重かったりと、電車の中では席に座りたい妊婦さんも多いはず。なので「マタニティマーク」を付けている女性を見かければ、席を譲る人もいるだろう。しかし「マタニティマークを付けていても、滅多に席を譲られない」との声も聞かれる。お疲れだったり、マークに気付かない人もいるのかもしれない。

だがこの度、韓国で画期的な「マタニティマーク」が誕生した。妊婦さんが近づくと、マークと連動した車内ランプが点灯。周囲に「妊婦さんが乗っていますよ」とお知らせしてくれるというのだ!

続きを全部読む

全部読めたら土下座したるわ! 大阪「難読駅名」25連発

昔から、交通や商業の要所として栄えた大阪。そのような歴史あるせいだろうか。難読地名が多いことは、以前の記事でご紹介済みだ。

だが、読むのが難しいのは地名だけではない! 大阪は駅名だって難しい!! ということで、今回は超が超超つくほど難読な駅名をドドンと25連発とりあげたい。全部読めたら大阪人が土下座するレベル! あなたはいくつ読めるだろうか?

続きを全部読む

海外メディアがアドバイスする「電車内でメイクするときに守りたいこと」7選

電車内でのメイクは、 “マナー違反” だとされている。たしかに他人のメイクする姿はあまり見たくない気持ちもなんだか分かる。しかし忙しい現代社会。「電車でメイクしないと、時間が足りない!」という人もいるようだ。

それは海外でも一緒のよう。なぜなら海外メディアも「電車でのメイク」について報じているからだ。しかも「電車内でメイクするときに守りたいコツ」まで取り上げている! そこで今回は、その一部をご紹介したい。

続きを全部読む

「乗客は何人?」7歳向けの “算数の問題” に混乱する大人続出

世の中には「よく分からない問題」が存在する。例えば今、ネット上を騒がせている問題などがそうだ。パッと見は簡単。でも、正解を聞くと……「ええ? それ、本当に正解なの?」と多くの人が混乱してしまう問題だ。

しかも話題になっている問題は、小学1〜2年生用なのだとか。一体どんな内容で、人々は何に混乱しているのだろう?

続きを全部読む

【コラム】最近、わざと「優先席」に座っている理由

優先席。電車内で流れているアナウンスによれば「お年寄りや妊婦、乳幼児をお連れの方、体の不自由な方」に譲るべき座席である。電車やバスで通勤・通学している方は、どんな状況で優先席に座るだろうか?

実は最近、記者は “わざと” 優先席に座るようにしている。さらに言えば、特定の人にもそうするよう勧めている。今回はその理由について説明したい。

続きを全部読む

【動画あり】男性の「股間」が電車のドアに挟まれた

電車のドアが閉まったときに、コートや体の一部がドアに挟まれた! ──という光景は、通勤や通学で電車を利用している人なら、誰もが1度は見たことがあるだろう。「自分がやっちゃった」人だっているに違いない。

今回紹介する男性も、そんな “やっちゃった” 1人。電車のドアに体の一部が挟まれてしまったのだが……。あろうことか、彼は男性にとって最もセンシティブな部分、つまり股間がドアとドアに挟まれてしまったのである。よりによって、そこかよ!

続きを全部読む

【衝撃動画】自転車が遮断機を無視して踏切に侵入 → 電車が走ってきて激突 / 一部始終を捉えた映像が息が止まるほど恐ろしい……

手軽に乗れる自転車だが、事故などの危険も多い。飲酒、スマホを使用したり、イヤホンを装着しての走行はもちろんダメだが、今回ご紹介する動画に登場する運転の仕方はもーーーーっと NG だ!

なんと1台の自転車が、下りた遮断機を無視して踏切内に侵入したところ……走ってきた電車と激突したのである! だ、だ、大丈夫!? 自転車を運転していた人は無事だったのだろうか……!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5