「鍋」にまつわる記事

【鍋の日】ファミマのから揚げ弁当をそのまま「ちゃんこ鍋」にぶち込んでみた!

寒ィーーーーーーーー! 超寒ィィィイイイ!! 聞くところによると、先週末の北海道は記録的な豪雪だったらしいが、東京の朝晩の冷え込みもなかなかのものだ。こんな寒い日は鍋に限る! 奇遇にも本日11月7日は鍋の日だし、もう夕飯は鍋っきゃねェェェエエエ!!!

だがしかし、私(中澤)は一緒に鍋をする友達がいない独身1人暮らしのおっさんだ。鍋をしようと思ったら、材料を切らなければいけないし洗い物も増える。ぶっちゃけめんどくさい。なんとか1人暮らしでも気軽に鍋を味わう方法はないものか? そこで慣れ親しんだファミリーマートの「から揚げ弁当」を、そのままちゃんこ鍋のつゆにぶち込んでみることにした!

続きを全部読む

【絶対やってみて】日清のどん兵衛を鍋にすると猛烈にウメェェ! ちなみに加山雄三の考案レシピ

皆さん、ご存じだろうか? 芸能界の大御所、加山雄三さんがYouTuberになっていることを……。

とにかく、YouTuberとしての今後の活躍が楽しみなわけだが、一方で、若大将がアップした1つの動画がロケットニュース編集部内で話題だ。それは、日清「どん兵衛」を海鮮鍋にアレンジしたレシピ動画で、これが猛烈にウマイのだ。これを知らない人はマジで人生の半分を損しているレベル! 騙されたと思ってやってみろ、マジでビビるぞッ!!

続きを全部読む

【最強レシピ】ぼっち上等! 俺たちの「ペヤング鍋」が熱く激しく切なくウマい!!

寒気が例年より活発でないため気付きにくいが、2015年も12月……つまり冬である。冬といえば一にも二にも鍋がウマいが、鍋料理には大きな欠点があると言わざるを得ない。そう……鍋は1人だと超サビC! せつNEEEEEEーーー!! のだ。

しかも1人で鍋をすると、材料が大量に余るから厄介。ましてトレンドの「レモン鍋」や「エスニック鍋」を再現するなんて手間もかかってめんどくせぇ! ……というあなたに朗報だ。俺たちにとって永遠のトレンディ、ペヤングを鍋にすると激ウマなことが発覚したのだ! こりゃ今年の冬は『ペヤング鍋』で決まりでしょぉぉぉおおお!!

続きを全部読む

全22種類が大集結「ご当地鍋フェス@日比谷公園」が3日間限定で開催されてるぞーーー! 外で食べる鍋ウンメェェェエエエエッ!!

2015年も12月に入り、いよいよ秋から本格的な冬に突入しようとしている。この時期 特に美味しい料理といえば、なんといっても「鍋料理」だ。

一口に鍋といっても種類は様々だが、全国22種類の鍋料理が集結した『ご当地鍋フェス@日比谷公園』が、3日間限定で開催されているのでお知らせしたい。

続きを全部読む

ぼっちでも大丈夫! “1人しゃぶしゃぶ” が楽しめる店「しゃぶせん」でウマい肉食おうぜ / 東京・銀座

寒いときは鍋に限る。でも、友達いないから1人で美味しい鍋を食いに行くことができない……。チキショー! 家で1人で鍋をしても、全然盛り上がらないじゃないか!! ウマい鍋食いてえなあ~。寒くて凍えそうだよ、生きるって大変だな~……(涙)。

という、ぼっちの皆さんに朗報! 友達いなくても大丈夫、ひとり用鍋が全席に完備された名店が東京・銀座にあるぞ。これで今年の冬は、寂しさで震え上がることもなくなるな! よかったな!!

続きを全部読む

【最強レシピ】「生春巻きの皮」をしゃぶしゃぶして食べると激ウマッ! つるんとモチモチ食感最高!!

冬の食卓の絶対王者・鍋。特にしゃぶしゃぶは、「立って良し」「ノーパンで良し」「極寒でも良し」の三拍子がそろった、最強鍋と言えるだろう。先日の記事では「最強のタレ」をご紹介したが、今回はしゃぶしゃぶパーティーにぜひ加えてほしい、期待のニューフェイスをご紹介したい。

一般的なしゃぶしゃぶのパーティーは、「肉・野菜・きのこ・豆腐・うどん・餅」あたりがレギュラーだと言えるが、東南アジアから来た彼のポテンシャルも相当なもの……! 彼の名は『生春巻きの皮』くん!! 極薄で色白、パッと見貧弱そうな彼だが、実はしゃぶしゃぶとの相性は最高なのだ!

続きを全部読む

このためだけに福岡へ行け! 酢醤油で食べる「水炊き風もつ鍋」は締めのちゃんぽん麺まで超絶品!! 博多『もつ幸』

玄界灘(げんかいなだ)に育まれた海産物をはじめ、自然豊かな九州全域からウマいものが集まる福岡県。福岡を訪れたら、ラーメン・うどん・水炊きと「絶対に食べたい!」と思うものは尽きないが、中でも外せないのが「もつ鍋」だろう。

どこで食べても「ウマい!」と思っていたが、数年前に博多に住む知人に連れて行ってもらったもつ鍋屋に衝撃を受けた……それが『もつ幸』である!! 以来、福岡を訪れるときは100%の確率で伺っているほどメチャウマ! というか『もつ幸』のために福岡に行ってるようなもんなのだ!!

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】鍋のお供「マロニー」には『生マロニー』がある

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「マロニーには、“生マロニー” がある」という知識です。

言うまでもなく、大人気のお鍋のお供「マロニー」に関する話なので、もちろんみんな知っているとは思いますが、万が一知らない人がいた場合のために、おさらいしましょう。

続きを全部読む

【石川みやげ】石川で江戸時代に生まれた万能調味料「とり野菜みそ」で鍋を作ったら激ウマ! マジウマ!! ご飯と野菜が止まらない最強鍋になった

突然だが、皆さんは地方に旅行に行った際、お土産をどこで買うだろうか? 観光地や駅で買うのも悪くないが、記者(私)は地元スーパーやコンビニに行くのが好きだ。

先日、石川県に行った際、同じようにスーパーを数件物色していたのだが、あることに気がついた。どこに行っても「とり野菜みそ」というものが200円前後で売っているのである! 北の能登に行っても、南の加賀に行ってもどこにでもあるのだ! 

「とり野菜みそ」とは何なのか。果たして、「とり」なのか「野菜」なのか「みそ」なのか……気になったので買って食べてみた!!

続きを全部読む

【グルメ】牛丼チェーンの鍋戦争激化! すき家の「あつあつ鍋メニュー」を食べてみた

2013年末、牛丼チェーン大手吉野家は「牛すき鍋膳」の提供を開始した。これがヒットして発売開始から約2カ月で700万食も売り上げているという。これを後追いする形で、すき家は2月14日から「あつあつ鍋メニュー」の販売を開始したのである。

同社は「実は『すき家』の名前は『すき焼き』が由来なんです」と、鍋メニューの元祖はすき家であることをホームページ上でアピール。にわかに牛丼チェーン鍋戦争勃発の兆しが見える。はたしてすき家の巻き返しなるのか!? 早速鍋メニューを食べてみた。

続きを全部読む

【グルメ】お猿さんのお肉を食べてみた / 赤身はコリコリで脂身がジューシー!

寒い季節、豚肉や鶏肉の鍋は最高!! アツアツのネギも独特な甘みがあって最高である。でも、猿肉の鍋も絶品だということをご存じだろうか? つまりお猿さんのお肉である。今回、実際に猿鍋を食べてみることにした!

続きを全部読む

【グルメ】アメリカに引っ越したら「豚バラ肉スライス」が売ってなさすぎて困った! 売ってても高すぎ! タカスギィー!

Web系ITエンジニアの日本人男性がアメリカに引っ越しをした。彼は日本風の鍋料理を作るため、現地のスーパーマーケット『SAFEWAY』で豚バラ肉スライスを探したものの、そこには売っていなかったという。アメリカで日本と同じ食材が手に入らなくて困っているようだ。

続きを全部読む

なにこれスゴイ! 鍋やフライパンが壁にピタッと壁に貼りついちゃう超強力マグネットボード!!

日本の住宅事情を考えると、広いキッチン・広い収納スペースを確保するのはなかなか至難の業。鍋やフライパン、食器などをどうやってしまうか、頭を悩ませている皆さんも多いのでは?

今回ご紹介するのは、そんなお悩みをズバッと解決してくれる優れモノ! キッチンにあふれているフライパンや鍋、ナイフなどを磁石の力でことごとく壁に貼り付けちゃう、その名も「マグネットウォール」!!

続きを全部読む

爆発的にヒットした『ザクとうふ』に新たな仲間が登場 『鍋用! ズゴックとうふ』が本日(10月3日)発売開始!!

2012年3月の発売開始以来爆発的なヒットとなった、枝豆風味の緑色の豆腐『ザクとうふ』に新たな仲間が登場することが判明した。その名も『鍋用! ズゴックとうふ』である。本日(10月3日)より、関東を中心にスーパーマーケットやショッピングモールで取り扱い開始となるようだ。またしても、品切れ状態になるに違いないだろう。どうしても欲しいという方は購入を急げッ!!

続きを全部読む

【ウマすぎ注意】炊飯器で作る『鶏の水炊き鍋』が冬に最高! シメの雑炊も格別の美味しさ

代表的な冬の味覚と言えば、「鍋」ですよね! みんなで囲むアツアツの鍋は、楽しくて美味しくて最高です。

でも、いつもスーパーなどで売られている既製品の鍋スープにちょっと飽きてしまったという人もいると思います。

今回はそんな人のために、炊飯器さえあれば超簡単に美味しいスープをとることができ、そのまま『鶏の水炊き鍋』などのスープに使えるテクニックとレシピをお伝えしましょう。

この方法を使えば、お鍋もいつも一味違う美味しさ、シメの雑炊は格別の味になりますよ!

続きを全部読む

女子と鍋を囲む際は「トマト鍋」を選ぶと好感度が上がるらしい

冬の合コンに忘年会、そして新年会とこれから女の子と鍋を囲むシーズンも多いのではないだろうか。同じ鍋を囲むと一気に距離が縮まるもの。何鍋にしようか迷うところだが、ある調査によると今年は女性の間でトマト鍋ブームに再燃の兆しがあるそうだ。 

続きを全部読む

12月に入り、東京もすっかり寒くなってきました。暖房器具を使い始めたという人も多いのではないでしょうか。そんな寒い日に、日本人が食べたくなるものといえば『鍋』。定番鍋に加えて、今年はモロッコ風の蒸し料理「タジン鍋」が人気だそうですが、どの鍋においても付き物なのが「鍋奉行」の存在です。

鍋奉行はご存知の通り、鍋の煮え頃や食べ頃を仕切りたがる人のことを言いますが、他にも「アクを取る人」や「ひたすら食べるのを待っている人」にも、鍋奉行にならった特有の呼び名があるのです。

続きを全部読む

海外に行くと和食を食べたくなることがよくありますよね。でも、海外で和食を食べたことがある人なら「えっ!? これは違うでしょ!!」という経験をしたことが一度や二度はあるはず。そう、味がまずかったり、料理自体が何を勘違いしたのか別のものだったり……。

東南アジアのほほ笑みの国・タイには、そんな間違った和食があふれかえっている。特に注意したいのが、しゃぶしゃぶだ。しゃぶしゃぶなのに、なぜか店内には回転寿司用のベルトコンベアーがめぐらされており、寿司やしゃぶしゃぶの具、スイーツ(笑)やサラダ、チャーハンなどが流れているのである。

続きを全部読む