「鉄道」にまつわる記事

【マサイ通信】第70回:オレもう撮り鉄! マサイ族が撮影したケニアの鉄道写真

スパ! 元気か? オレは元気だ。ところでよ、みんなは電車、スキか? ていうかよ、オレよすっげー珍しい写真を撮れたんだよ! マサイの村から、かな〜り遠くのほうに行ったんだけども、なんと……遠くの方から電車が走ってきたんだよ!!

すぐさまスマホをとりだして、無我夢中でシャッターを切った。なにせ線路の上に……でっかい電車が走ってたんだから! オレ、興奮したよ。オレもう撮り鉄。日本の鉄ちゃんのみんな、じっくり見てくれ。これがケニアの僻地を走る鉄道だ!

続きを全部読む

【海駅】全国9000駅から海の見える無人駅を厳選!『海駅図鑑』が旅本として優秀すぎて読むだけで自分が見つかるレベル

「自分探しの旅」という言葉があるが、私(中澤)の場合、自分を探そうと思ってるのは出発の瞬間だけだ。旅をしてるうちに、風景に目を奪われ、食べ物に舌を奪われ、寂しさに心を奪われて、自分探しは「他人探し」へと変わる。しかし、運命的な出会いなんてないから、暇つぶしで10分に1回SNSに投稿。

皆まで言うな。知ってるさ極めて旅下手なことくらい。というわけで、私は旅よりも「旅本」の方が好きだ。読んでるだけで、行ったような気持ちになれて一瞬現実から解放される。2017年2月15日、そんな私の胸を撃ち抜く旅本が発売された。その名も『海駅図鑑』。海の見える無人駅の図鑑である。

続きを全部読む

埼玉県大宮市がご当地グルメに『大宮ナポリタン』を提唱! その実力を確かめてみた「さいたま市・伯爵邸」

町おこしの一環で、さまざまな地域で地元の特産品をいかしたB級グルメの開発されている。ご当地グルメの頂点を競う「B-1グランプリ」が開催されるようになってから、その開発競争に拍車がかかっているように見えるのだが、いまだメニューが定まっていない地域も数多く存在するだろう。

・大宮ナポリタン

そんななか、埼玉県大宮市はナポリタンをご当地グルメにすることにしたそうだ。名付けて「大宮ナポリタン」。地元でも愛される喫茶店のひとつ「伯爵邸」もこの取り組みに参加する店舗のひとつなのだとか。その伯爵邸のナポリタンのトッピング全部乗せを食べてみた! 見た目以上にボリュームがあるので、食べるときは要注意だ。

続きを全部読む

【人身事故】踏切で列車に衝突したけど大丈夫だった男性の動画

踏切で列車に衝突したけど大丈夫だった男性の動画をご紹介したいと思います。ビニール袋を持った男性が、遮断機が降りている踏切に入っていきました。思ったよりも早く列車がやってきたのか、途中から急いで踏切を渡ろうとしました。しかし、男性は列車に衝突してしまいました。

続きを全部読む

線路で生活するタイの人々 / 危険と隣り合わせの「のどかな風景」

タイは貧富の差が激しい国といわれている。首都バンコクは近代的なビルが立ち並び、華やかな一面が目立つものの、喧騒から離れると観光では見えない多角的なタイをみることができる。

いま現在も、バラックに住んでいるタイ人は少なくない。線路に沿うかたちでバラックを建て、線路とともに生きているタイ人たちがいる。当然ながら列車が走ってくるし、間違えばひかれてもおかしくない。取材で6年前に訪れたが、また改めて出向いてみた。

続きを全部読む

未来の地下鉄はこうなる? 世界を地下鉄で結ぶ構想がスケールでか過ぎ!

路線と駅が視覚的に分かりやすく表記されている路線図。降りる駅や乗り換えの駅を確認する時などに、見る人は多いだろう。

そんな路線図の中で、間違いなく世界最大スケールと言えるものが、今海外で話題になっている。その図は、世界中の都市を地下鉄で結んだもの。つまり、日本の都市とロンドンやパリ、ニューヨークなどが繋がっている地下鉄の路線図なのだ。

続きを全部読む

台風26号が本州に接近し、警戒が呼びかけられている。とくに、関東と東海では、本日2013年10月16日朝の通勤・通学時間帯に風雨のピークが訪れ、大荒れとなる見込みとのこと。

「こんな日にわざわざ外に出たくない! 会社休みたい!」と思えど、なかなか難しいのが社会人のつらいところ。でも、来ない電車を駅で待ち続けるのもイヤだ! 通勤難民にはなりたくない!! ということで、東京を走る鉄道会社の公式の運行情報一覧を以下にまとめたので、もし役に立てば幸いだ。

続きを全部読む

【コラム】JR北海道の管理体制は「危険」すぎる / 保線作業の実状から逸脱している

JR北海道で保線に関するトラブルが次々と明るみになっている。レール異常を放置したことにより、脱線事故が発生し、管理体制の杜撰(ずさん)さが浮き彫りになっている状況だ。

・JR北海道の管理体制

その原因について、予算面の問題や労組の対立などが指摘されているのだが、利用客からすれば安全・安心の確保を最優先して欲しいはず。記者(私)は約20年前に保線に従事した経験がある。その観点からすれば、JR北海道の管理体制は杜撰を通り越して「危険」と言っていい。経験者から見ると考えられないレベルである。

続きを全部読む

【イタリアでは非常識】ヘイ! ジャパニーズ! なんでキップに自分で刻印してないんだよ罰金な(笑)

イタリアの鉄道駅には改札口がないので、キップを持っていなくても列車に乗ることができる。しかし無賃乗車は多額の罰金を支払う必要があり、バレてスタッフに激怒され、罰金を支払うように言われている乗客を目撃することがある。「イタリアに行っても私は無賃乗車なんてしないよ」という人も注意が必要。

続きを全部読む

電車の先頭車両に乗って運転席からの風景見るの超楽しい

電車とは不思議なものだ。幼少の頃も乗ってて楽しかったし、大人になってもワクワクすることがある。特に先頭車両に乗って運転席を覗くとドキドキして楽しいもの。あの楽しさは、大人になっても感じる不思議な感覚である。

・線路と風景を楽しむことができる
インターネット上で「電車の先頭車両に乗って運転席からの風景見るの超楽しい」と語っているのは、TwitterユーザーのRyukoさん。確かに、どこまでも続く線路と風景を楽しむことができる。あえて先頭車両に行き、運転席を眺める人もいるのではないだろうか?

続きを全部読む

【台湾グルメ】現地人が「ここに来て食べなきゃ人生損してる」というほど絶賛!  阿里山鉄道・奮起湖駅の駅弁

列車の旅により彩りを添えてくれるもの、それは「駅弁」だ。台湾では日本と同じようにたくさんの駅弁が売られているのだが、そのなかでもひときわ有名な駅弁がある。

それは、台湾中南部の阿里山を走る登山鉄道「阿里山森林鉄道」の奮起湖駅の駅弁だ。ここの駅弁は、台湾駅弁界のベスト3にも入るそうで、現地では「奮起湖に来て弁当を食べないなんて、人生損してるレベル」と言うほどだというのである。

続きを全部読む

【暴風雨】電車の運行状況が気になる人へ / 鉄道各社の公式Twitterアカウントまとめ

急速に発達する「猛烈低気圧」の影響で、西日本から東日本にかけた広い範囲で、暴風雨の影響が出ています。神奈川県では2013年4月6日深夜、観測史上最大の雨量を記録し避難判断水位に達しました。

また猛烈な雨量による河川の氾濫の警戒が呼びかけられています。外出を予定されていた方は、交通状況も気になるところでしょう。鉄道各社のTwitterの情報で運行状況を確認してください。

続きを全部読む

ミャンマー鉄道に乗ってみた / 山手線のように環状線で1周3時間

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンには、市民が気軽に使える鉄道が走っている。そのひとつは環状線となっており、山手線のようにグルリと街を周回している。

ミャンマー人は数十円で乗れるが、外国人は1ドルが相場となっている。環状線の場合、どこまで乗っても運賃は同じだ。今回は、そんなミャンマーの鉄道に乗ってみた。

続きを全部読む

【動画あり】鉄道イベントで男性と親子連れ間でトラブル発生! 母親が土下座

あるひとつの動画が現在ネット上で注目を集めている。「【鉄オタ】イベント会場でマジ喧嘩!【撮り鉄】」というその動画には、鉄道イベント会場で起こったと思われる一人の男性とある親子のトラブルが映し出されている。

そのもめ事の詳細について、動画投稿者は次のように説明している。

続きを全部読む

【二度寝】JR西日本「六地蔵駅」の営業開始が遅延した原因が正直すぎて和むと話題に

誰にでも失敗はある。そして、誰でも寝坊するときはある。さらに寝坊だけではなく、一度は起きたがもう一度寝てしまう「二度寝」することもよくある話だ。そして二度寝は気持ちいい。

2012年10月29日、JR西日本・奈良線の六地蔵駅の営業時間が遅れるという事象が発生した。JR西日本は公式サイトのプレスリリースにて、その事柄の詳細をまとめているのだが、営業時間が遅れた「原因」があまりにも正直すぎると話題になっている。

続きを全部読む

【北京ロンドン鉄道旅1】旅の始まり / 中国・北京 → 中国・二連浩特(エレンホト)

日本からイギリスのロンドンに行く場合、ほぼすべての人が飛行機での移動を選択するだろうし、それしか選択の余地がないと考えているだろう。もちろん船や鉄道で行けなくはないことを知ってはいるが、それらのルートを思い浮かべる人は少ないはずだ。

今回は、中国・北京から英国・ロンドンまで鉄道で旅をするルートをご紹介したいと思う。旅の経由地は、北京 → モスクワ → キエフ → ワルシャワ → ベルリン → ハンブルグ → アムステルダム → ブリュッセル → ロンドンとなる。今回は中国・北京から中国・二連浩特(エレンホト)までのルートをレポートする。詳細は以下のとおり。

続きを全部読む

【情熱的感動映像】海外の鉄道ファンの興奮っぷりがハンパないと話題に

以前、「虹マニアの男が虹を見て大興奮する動画」なる記事をお伝えした。あまりの大興奮っぷりに虹男は大ブレイク。後に海外マイクロソフトのCMに出演するなど、伝説的な虹男となった。

そして今……。新たな伝説が生まれようとしている。今回は虹ではなく、日本でもおなじみの “鉄道” である。つまりは海外の鉄道ファンだ。話題になっている動画のタイトルは「Excited train guy, New York!」だ。

続きを全部読む

ロンドンオリンピックに日本から陸路・海路で行く方法 / 日本~中国~ロシア~イギリス

2012年7月27日~8月12日の期間に開催されるイギリス・ロンドンの夏季オリンピック。世界中のアスリートが競い合うスポーツの祭典として注目されているのも当然ですが、経済効果としても非常に大きな期待が持たれています。

世界中から観光客が集まるロンドンオリンピックですが、皆さんも行く予定でしょうか? すでに主要のホテルは予約がいっぱいで、人気の観戦チケットは入手が難しい状況になっているようです。もちろん、飛行機のチケットも手に入りにくい状況になるでしょう。でも飛行機で行くという人が大半ですよね。
 
続きを全部読む

富山県・念願の自動改札機設置に県民「やったぁぁぁぁ!!」と歓喜 / 悔しがる隣の石川県民

東京、大阪など都会にお住まいの方はご存知ないかもしれない。日本を走る電車の中には無人駅であったりドアが手動であったり、自動改札がなかったりする路線・駅が多数存在する。

「日本で最も住みやすい街」「環境がいい街」にたびたび名を連ねる富山の鉄道が、ついに自動改札機を導入するそうだ。このニュースに富山県民は「やったぁぁぁぁ!!」と歓喜、隣の石川県民は「何だと!!」と大変悔しがっている。

続きを全部読む

鉄道でインドのニューデリーから砂漠都市ジャイサルメールまで行ってみた

インドのニューデリーといえば、その国の首都として有名だ。パックパッカーにとってはカルカッタ(コルカタ)やバラナシ(聖地ベナレス)のほうが人気だが、それでも世界中の旅行者が集まる都市としてニューデリーは人気の地域となっている。

インドはとても広大な国ため、旅行者の多くが飛行機での移動をしているが、実は鉄道での旅行が非常に楽しい国でもある。よって、時間があるならば可能なかぎり鉄道での旅をオススメしたい(しかし女性の1~2人旅の場合は避けたほうが良い)。今回は、ニューデリーから砂漠都市ジャイサルメールまでの鉄道の旅をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2