「週刊文春」にまつわる記事

文春砲にGACKT様が猛反論!「自分たちのケツは自分たちで拭け!!! ボクを巻き込むんじゃねぇ!」

2017年2月2日発売の週刊文春に、「元愛人が自殺未遂した」とし、突如報道されたGACKTさん。一日明けた今日、自身のブログで今回の騒動について言及している。「ボクを巻き込むな! 自分たちのケツは自分たちで拭け!!」と題されたタイトルからも、GACKT様の怒りが伝わってくるようだ。

続きを全部読む

【拡散中】狩野英孝と元交際相手の事情を知る『地下アイドル・戦慄かなの』さんのツイッターがマジ戦慄「狩野さんとの○○の話聞いちゃって」など

未成年との交際が発覚し、謹慎処分中のお笑い芸人・狩野英孝。事態発覚後、すぐに謹慎期間に入ったことから一応の決着は着いた格好だが、元交際相手サイドの情報が、週刊文春を始め様々なメディアで取り沙汰されている。

中でもネットを中心に急速な勢いで注目を集めているのが、地下アイドルグループ「のーぷらん」の水色担当『戦慄かなの』さんだ。狩野英孝と元交際相手の事情を知るとされる彼女のツイートは、1つ1つが超ド級の破壊力。マジで戦慄せずにはいられないレベルである。

続きを全部読む

【文春砲】狩野英孝の元交際相手(17歳女子高生)の男性遍歴がエゲツなくてネット民も同情「これは狩野が可哀想」

未成年との交際が発覚し、謹慎処分中のお笑い芸人、狩野英孝。未成年との交際は褒められたものではないが、2017年1月26日発売の週刊文春の報道を受けて、ネット上では狩野英孝に同情する声が相次いでいる。

今回の “文春砲” をザックリいえば、元交際相手とされる女子高生の「男性遍歴」を報じたもので、17歳とは思えないなかなかのエゲツなさに、ネット民も驚きを隠せないようだ。

続きを全部読む

【文春砲】愛妻家芸人『COWCOWの善し』にまさかの不倫報道 / ネットの声「これで “善し” とはならないだろう」

いまや、毎週のように不倫の話題が取りざたされている最近の芸能界。そんな中、ついにあの愛妻家芸人にまで不倫報道が……。

その芸人とは、あたりまえ体操でお馴染み、COWCOWの “善し” こと山田與志さんだ。彼の不倫愛を2017年1月26日発売の週刊文春がスクープしている。過去には、家族と仲睦まじくテレビ出演していただけに、これはショック……。

続きを全部読む

【成宮引退】『ザ・グレート・サスケ』の所属事務所会長が怒りの告発「週刊文春と週刊新潮は最低な雑誌かと思う」

2016年12月9日、引退を発表した元俳優の成宮寛貴さん。直筆メッセージによれば「個人のセクシャリティな部分がクローズアップされることに耐えられない」ということであったが、その直後に意味深な発言をしたのが、プロレスラーの『ザ・グレート・サスケ』である。

サスケは自身のブログに「10年程前に愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか」と投稿し、物議を醸していたのだが……。ここに来てサスケの所属事務所会長・荒井英夫氏が、週刊文春と週刊新潮を「最低な雑誌」と名指しで批判しているのだ。

続きを全部読む

【文春砲】ホリエモンをメロメロにした “女装男子” の夜の魅力とは? 新宿2丁目に通う「経験者」に聞いてみた

ユーキャンの流行語大賞トップ10に「ゲス不倫」がランクインしたことでもわかるように、今年は週刊文春の年だった。毎週のように週刊文春のスクープが話題になるので「文春砲」という言葉まで生まれたくらいだ。そんな「文春砲」が12月8日発売の週刊文春にて、またもさく裂している

標的はホリエモンこと堀江貴文さん。週刊文春によると、新恋人は「女装男子」なのだという。モデルや女優など、数々の美女と浮き名を流してきたホリエモンがメロメロになるほどの女装男子の魅力とは一体? 新宿2丁目の経験者にその良さについて聞いてみた。

続きを全部読む

【文春砲】 テレビ朝日の局アナ『田中萌と加藤泰平』に不倫報道 → 速攻で番組から姿を消す

不倫騒動が絶えない2016年、その流れはまだ収まることを知らないようだ。なんとテレビ朝日の「グッド!モーニング」に出演していた局アナ、田中萌(25)と加藤泰平(33)が “禁断の関係” だという。

その一部始終を押さえたのは、今年の流行語大賞にも選出された “ゲス不倫” の生みの親「週刊文春」である。2人はこのスクープを受け、早くも番組から姿を消したもようだ。

続きを全部読む

【文春砲】ホリエモンこと堀江貴文氏の新恋人が「カリスマ女装男子」との報道 / 現在は沈黙を続ける

2016年もあとわずか……というのに、週刊文春の勢いが止まらない。12月8日発売の週刊文春によると、ホリエモンこと堀江貴文氏の新恋人がカリスマ女装男子の「大島薫」さんだというのだ。詳しくは明日発売の週刊文春をご確認いただきたいが、堀江氏は今のところ沈黙を貫いている。

続きを全部読む

【文春砲】ジャニーズ「伊野尾慧」が女子アナ2名と二股疑惑 → ネット上ではファン作の “謎のポエム” が大量発生中

今年は週刊文春の年であった。もはや一つの言葉として定着した「文春砲」に表されるように、その破壊力はエゲツない。そして2016年も残すところ1カ月を切った12月1日、またしてもファンにとっては衝撃のスクープが週刊文春に掲載された。

なんとジャニーズ事務所所属で「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧(いのお けい)が、フジテレビとTBSの女子アナ2名と二股愛を繰り広げているというのだ。詳しくは週刊文春をご覧いただきたいが、天下のジャニーズアイドルの不祥事……しかも二股とは穏やかではない。

続きを全部読む

【文春砲】三代目JSBの『レコ大買収問題』で責任者が謝罪 → またもファン大激怒「勝手に謝るな!」「これで嫌いになる度胸でファンやってないんだよ!!」

“文春砲” の追撃が止まらない。以前お伝えした「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下三代目JSB)の日本レコード大賞買収問題で、新たな動きがあったようだ。2016年11月2日発売の週刊文春によると、今回の騒動を受けて「レコ大の最高責任者が謝罪の言葉を口にした」と報じている。

ついにレコ大の “ドン” まで登場したこの問題。はたして真相が明かされる日は来るのだろうか? 詳しくは週刊文春をご覧いただきたいが、今回の報道にまたしても三代目JSBファンはブチ切れモード! ネット上は怒りのコメントであふれている。

続きを全部読む

【文春砲】三代目JSBの『日本レコード大賞1億円買収問題』にネット上で疑問の声続々「なんでテレビで報道されないの?」

2016年10月27日に炸裂した文春砲。週刊文春が報じた、2015年末の「日本レコード大賞」を受賞した「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目JSB)が審査員を1億円で買収したとされる問題である。

ことの真偽はさておき、報道から1日経過した今日、ネット上では新たな疑問が浮上しているようだ。それはこれだけの大ニュースなのに、テレビでほぼ取り上げられていないということ。ファンではない人からはもちろん、ファンからもその声は多いようだ。

続きを全部読む

【文春砲】三代目JSBの『日本レコード大賞1億円買収問題』にファン大激怒! ネットの声「あんまりウチら舐めんなよ?」

またも “文春砲” が炸裂した。2016年10月27日発売の週刊文春によると、2015年末の「日本レコード大賞」を受賞した「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下三代目JSB)が、審査員を買収したというのだ。

しかも、芸能界で絶大な権力を誇るとされる芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が一枚かんでいるというから穏やかではない。詳しくは週刊文春をご覧いただきたいが、この報道に三代目JSBファンは大激怒! ネット上はブチギレまくりのコメントであふれている。

続きを全部読む

【完全決着】ゲス川谷の元妻、ベッキーに「がんばってくださいね。私もがんばります」→ 元妻だけが神だった

2016年の年明け早々、日本中を驚かせた人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音とベッキーの不倫騒動。川谷は音楽活動を続け、つい先日ベッキーもテレビに復帰したが、ようやく2016年5月19日発売の週刊文春をもって、一連の騒動に決着がついたようだ。

週刊文春によると、元妻はベッキーからの直接謝罪を受けた際、「がんばってくださいね。私もがんばります」と声をかけたというから、結局のところ元妻だけが人格者だったということになる。

続きを全部読む

【衝撃】井上公造氏が「ベッキー騒動は終わっていない」「文春はまだ駒を持っている」と発言 / ネットの声「文春砲マジこええ」

人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さんとの不倫騒動で芸能活動を休止していたタレントのベッキーさん。2016年5月13日放送のTBS系列『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』でテレビ復帰を果たし、奥さまへの謝罪したことが明らかになるなど、一応の決着はついたかと思われていた。だがしかし……。

芸能リポーターの井上公造氏が2016年5月16日放送の『ミヤネ屋』内で、「これで騒動は終わりではない。ベッキーさんにとって今後のタレント人生を左右するような大きな出来事が今週待っている」と発言し、ネットを中心に大きな波紋を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

文春を「センテンススプリング」と訳すのは正しいのか? 気になったのでアメリカ人男性に聞いたら全然違ったぞ!

SMAPの解散騒動と並んで、メディアをにぎわせているベッキーさんの不倫騒動。2016年1月21日に発売された週刊文春に、お相手川谷絵音さんとのLINEのやり取りの新たな画像が掲載され、さらなる物議をかもしている。

2人は文春にスクープされたことを語っていたそうなのだが、その中に気になる内容があった。それはベッキーさんが冗談で、文春を「センテンススプリング(sentence-spring)」と言っていることだ。センテンス(文)、スプリング(春)ということらしいのだが、これって英語として正しいの?

気になったのでアメリカ人男性に聞いてみたら、全然違った!

続きを全部読む

覚せい剤疑惑のASKAさんが「週刊文春」インタビューで疑惑の一部認める / 一方事務所は「事実関係を確認中」

週刊文春に覚せい剤吸引疑惑を報じられた、人気デュオ「CHAGE&ASKA」のASKAさん。所属事務所は2013年9月27日に公式ページで、この報道内容を否定していた。そのASKAさん自身が、10月9日発売の同誌インタビューに応じているのだ。

・「事実に反する」はずだったが……

インタビュー内容を見ると、疑惑の一部を認め暴力団関係者と関わりがあったことも語っている。公式ページでは9月27日の段階で、「いずれも事実に反するもの」と書かれていたはずなのだが……。改めて公式ページを見てみると、次のように掲載されていた。 続きを全部読む

週刊文春が「フィギュア安藤美姫選手の出産を支持するか」とアンケートを実施 → ネット上で抗議が相次ぎ炎上 → 文春が謝罪

先日、テレビ番組で2013年4月に女児を出産していたことを明かしたフィギュアスケートの安藤美姫選手。世間はおろか、スケート連盟も安藤選手の妊娠・出産を把握しておらず、この告白には日本中が驚いた。

安藤選手は女児の父親を明かしていない。「父親は誰なのか」、「子育てとの両立は大変なのでは?」と多くの人が注目している。そんななか『週刊文春』が「緊急アンケート 安藤美姫選手の出産を支持しますか?」というアンケートを行い物議をかもしている。その内容は以下の通りである。

続きを全部読む

週刊文春が「火渡りで老人に重傷を負わせた最低の番組」とフジテレビ批判 / 火渡り→大火傷→移植手術→歩行不可

人気雑誌『週刊文春』(文芸春秋)が、フジテレビのいい加減なバラエティー番組の現場を痛烈に批判している。問題視されているのは、2003~2004年にかけて放送された番組『退屈貴族』。その番組内で、一般人の老人を大火傷させたというのだ。

テレビ局が事故や不祥事を起こせばニュースや新聞等で報道されるものだが、この件は「表に出なかった出来事」だったようだ。それにしても、どうして老人が大火傷を負うことになってしまったのか?

続きを全部読む

日本テレビ『ZIP!』看板犬ジッペイの声帯は切り取られていた!?動物虐待ではと週刊文春が報じる

日本テレビで放送されている朝の人気番組『ZIP!』。番組中で最も人気だとされているのが、シンガーソングライターのダイスケさんと2匹のサモエドの兄弟犬ZIPPEI(じっぺい)が全国を旅する『スマイルキャラバン』である。

とても愛らしくて大人しいZIPPEIとダイスケさんが旅をする風景はとても癒されるものだが、この兄弟犬は声帯を切除されているために大人しいのだと週刊文春が報じている。

続きを全部読む