「週刊少年マガジン」にまつわる記事

【特報映像あり】劇場版『聲(こえ)の形』のビジュアルがついに解禁! 硝子かわウィィィイイイ!!

週刊少年マガジンで連載され、数々の賞に輝いたヒット漫画『聲(こえ)の形』。主人公・石田将也(いしだ しょうや)とヒロイン・西宮硝子(にしみや しょうこ)の、淡く切なくもどかしい関係は世代を超えた支持を集めた。

この作品が、京都アニメーションによって劇場アニメ化されることはすでに発表されていたが、今回ついに特報映像が届いたためお伝えしたい! さっそく、映像を見てみると、うおおおお硝子超かわウィィィイイイ!! 京アニの本気キマしたわーーーーーーーー!!!!

続きを全部読む

人気漫画『あひるの空』のタイトル見開きページが真っ白で読者困惑 / ファン「ミスかと思った」

週刊少年マガジンで連載中の人気漫画、『あひるの空』の最新話がファンの間で話題になっている。

・最新号に真っ白なページ
2013年6月26日発売の最新号(第30号)で、タイトルだけしかない見開きの真っ白なページが存在するのだ。ファンは戸惑ったようで、「ミスかと思った」や「真っ白ページがあって吹いた」などコメントしている。

続きを全部読む

『なかよし』の漫画家キットで描いた漫画を『週刊少年マガジン』に持ち込んでみた / その漫画を公開

いつか漫画家になりたい。幼い頃からそう考えていた私(デリケートゾーン佐藤)は2012年10月、人気漫画誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)に原稿を持ち込みした。ジャンプ担当者の方に、「意識を高く持って描いて頂かないと」という指摘を受け、その原稿は持ち帰ることになった。

ふたたび作品を描いた私は、改めて持ち込みすることを決意。今度はジャンプ同様に人気漫画誌として、長らく愛されている『週刊少年マガジン』へ。電話で持ち込みの希望日を伝え、原稿を持って講談社へと向かったのである。

続きを全部読む

講談社は『週刊少年マガジン』や『ヤングマガジン』、『モーニング』などの人気漫画雑誌を無料でインターネット配信すると発表した。人気の6誌を配信するとしており、東北地方太平洋沖地震の影響で雑誌を手にできなかった読者たちに配慮したものと思われる。

続きを全部読む

講談社の『週刊少年マガジン』編集者である鈴木一司氏に対して月刊コミックの電撃大王編集者が苦言を呈いしてることが電撃大王編集者のブログで判明した。

BIGLOBEお仕事DB 読書の秋特集というコーナーで鈴木一司氏が自身のキャリア、編集という仕事、これからのビジョン目標を1ページにわたって掲載、「実は僕、今まで15作品くらい担当してきて、ほとんどが連載打ち切りになってしまったんですよ。」「あんまりたくさん打ち切りを食らったので、挫折なんて言ったら、4年間挫折のし通しでしたよ」など自らが担当していた連載約15作品が打ち切りになった事実まで露呈したのだ。 続きを全部読む