「転職」にまつわる記事

【使える豆知識】東急ハンズで「ハンズロゴ」風の名入れが『無料』で出来るぞ~! 進学就職祝いに困ったらコレだ

もうすぐは~るですね~♪ なかなか暖かくならないけど、確実に春はもうそこまで来ている! 新生活を前に期待と不安で胸を膨らませている人も多いと思う。進学・就職・転職・失職するみんな~! がんばれ~ッ!!

という訳で新生活に贈りたいものが文具だ。それが名前入りだったら、ますます喜ばれると思う。実はその名前入りのプレゼントに関して、東急ハンズが面白いサービスを行っているぞ。あのハンズのロゴ風で、名前を入れてくれるのだ。しかも無料ッ!!

続きを全部読む

【社会人必見】俺が会社を辞めた理由 / いつ辞める? 液晶大手の元社員が退職を決断した方法にハッとさせられる

……会社辞めたい。社会人の皆さんならそう思ったことが一度や二度、いや100回とか1000回くらいはあるだろう。「3年はいた方がいいっていうし」「次の仕事が見つかるかわからない」などなど、退職を思いとどまる理由はいくらでもある。そして、気がつけば何年も働いている。

「やだなぁ」と思っても続けることが幸せかもしれないし、もしかしたら辞めることが “正しい選択” になるかもしれない。先が見えないから転職は怖いものだが、ある人物から聞いた、退職のタイミングを見極めた方法が、心にグサっと刺さる内容だったので紹介したい。

続きを全部読む

【色恋相談室】転職中男性 「『不安定な人とは付き合えない』という女性をどうすれば振り向かせられますか?」

今回のご相談は、サラリーマンとして勤めていた元職場に、派遣社員として配属された女性(27歳)への片想いです。たまたま帰り道が一緒になり、ゴハンに行った流れから、連日LINEでやりとりする仲に! そして彼(まいけるさん・30歳)は、「好き」という想いを告げたとのことですが、彼女の返答は「お付き合いできない」とのこと。その理由を分析し、そこに挽回の可能性はないものか、模索したいと思います。

続きを全部読む

【実話】サハラ砂漠でガチの「ラクダ使い」に転職したでござる / ボロ小屋暮らしでも充実の毎日

サハラ砂漠には、世界中から訪れる観光客を冒険旅行へと誘う職業がある。その名は「ラクダ使い」だ。世界中の言葉を自在に操り、人にも動物にも優しく接するその姿は、男でも思わず惚れてしまうレベルだと言われている。

一方で、毎日デスクワークで座ったまま、体を動かすのはトイレとコンビニに行くときだけだった私(砂子間)。正直、冒険には縁がないし、英語も「ハワユー」程度しかわからないオッサンだ。しかしこの度、そんな退屈な毎日にピリオドを打つため、ガチでラクダ使いになってきたので報告したい。

続きを全部読む

【色恋相談室】転職が事後報告だった彼氏にショック!

あなたは、付き合っている相手に、洗いざらい話しますか? 「そもそも付き合っている相手がいません」という非モテな叫びも聞こえてきそうですが……。何はともあれ、今回のご相談は、「交際相手にどこまで話すか?」がテーマです。

続きを全部読む

昼休憩2時間!? 人事部感動課!? 企業のユニークな取り組みを公募する『グッド・アクション』が今年も始まったぞぉ~!

「郷に入っては郷に従え」なんて言葉があるが、これはビジネスパーソンにとってはめちゃ重要なことである。みんなが仕事しているのに遊んでいたり、ひとりだけ昼休憩を2時間とっていたりしたら、そりゃあもうヒンシュクを買うこと必至なのである。

しかしながら、世の中にはあんなことやこんなことが認められているうらやましい企業も存在するのである。そのユニークな取り組み、ぜひ我が社でも採用させていただきたい!

続きを全部読む

【グッジョブ!】落語家やれんこん農家の仕事をのぞき見できる / さまざまな職業の1日に密着した『お仕事ドキュメンタリー』サイトが話題

3月12日オープンしてからじわじわと人気を集め、翌週月曜にはすでに1万Viewを突破したサイトがある。『JOB WATCH 24時間お仕事ドキュメンタリー produced by リクナビNEXT』というサイトで、さまざまな人の「働く姿」をのぞき見できちゃうそうだ。

続きを全部読む

1年のうち「最も憂鬱な日は1月の第1月曜である」ことが判明 / 仕事への不満や「離婚の申請数」がピークに

お正月休みも終わり、新年の抱負を掲げて心機一転でがんばっている人もいるだろう。ところが、外は寒いし休みボケも抜けないしで、1年のうち1月の第1月曜が、最も人生に対する不満がピークに達するとの興味深い調査結果が発表され、話題となっているのだ。

続きを全部読む

【社会人必見】 仕事をしながら転職先を探すコツ5選 「同僚には内緒」など

ひとつの会社に「永久就職」する人が少なくなった昨今、本当にやりたいことを求めて転職を考えている人もいるだろう。しかし転職するなら後腐れなくキレイに辞めたいものだし、金銭面においても、できれば辞職後と次の仕事を始めるまでの期間は短いのが理想的である。

海外サイトで「サラリーマンをしながら転職先を探すコツ」が5つ選出され、「参考になった!」と、話題になっている。日本での転職でも共通するポイントばかりなので、ぜひ紹介したい。

1. 会社のパソコンで仕事探しをしない

仕事中に腹が立って、その場で転職サイトをチェックしたくなる衝動に駆られることもあるだろう。しかし会社のパソコンに監視ソフトが入っていたら、ブラウザの履歴で職探しがバレてしまう可能性があるので注意が必要だ。

続きを全部読む

【安月給】自分が平均年収より多くもらっているのかチェックしよう! アンタの安月給どうにかしろよ!

「アンタの安月給どうにかしろよ!」と毎日のように妻に罵られているサラリーマンを知っているが、いくら給料をもらっていれば「安月給」じゃなくなるのだろうか? そもそもどうすれば給料があがるのか? ちなみにライター業をしている記者(私)は絶望的である。

・平均年収をもらうことすら難しい

少なくとも、年齢にふさわしい年収は得ていたいもの。不景気な世の中、平均年収をもらうことすら難しいのかもしれないが、統計では、以下のような平均年収の数字が出ている。あなたの年収と比べてどうだろうか?

続きを全部読む

もしもあなたが、好ましくない人もしくは快く仕事をできない会社で働いているのなら、働き方そのものを見直した方が良いかもしれない。場合によっては転職という手段を考えるべきかもしれない。いくら気持ちで割り切ろうとしても、あなたの脳はパフォーマンスを上げようとはしてくれない可能性があるからだ。最近発表された、米南カリフォルニア大学の研究によると、好ましくない人物の近くにいると脳は正常に機能しなくなり、イライラはつのる一方になるようだ。

続きを全部読む