「足立区」にまつわる記事

【超限定】「キャプテン翼モナカ」が足立区と葛飾区だけで販売中 / 中身は至って普通のモナカ

名作レベルの漫画ともなると、フィギュア・Tシャツ・ゲームは当然として多くのコラボ商品になる。中には「それはどうなの?」と理解し難いものもあるが、今回はサッカー漫画の大傑作「キャプテン翼」がコラボした『キャプテン翼モナカ』をご紹介したい。

クッキーならまだわかるし、「キャプ翼弁当」なんてのもありそうだ。だがしかし、なぜピンポイントでモナカになったのかはよくわからない。しかも、発売している足立区一帯では密かに話題になっているというから驚きだ。

続きを全部読む

頬っぺたがブッ飛ぶほどウマい海鮮丼がたった850円! コスパ抜群のお店「酒処ぽんた」に迷わず行くべし!!

おいしい海鮮丼が食べたい……。若いころは牛丼かカツ丼にしか興味がなかった私(りょう)だが、正直30代半ばになると肉を食べるのがしんどい日もある。しかし、おいしい海鮮丼は値段が高いことが多い。途方に暮れて街を歩いていた、その時! ついにコスパ抜群のお店を発見してしまった。

それが、東京・足立区にある『酒処ぽんた』だ。その名の通り、夜は居酒屋として営業しているこの店。実は週2日ランチ限定で「腹いっぱい激ウマ海鮮丼」が食べられるのである! しかも料金はたった850円。生魚好きなら行くしかないだろ!!

続きを全部読む

【恐怖】都内最強の「心霊スポット」と言われる橋に行ってみた / 驚きの光景に遭遇

東京23区の中でベスト3の面積を誇る足立区。ビートたけしさんの出身地としても有名だが、ここには都内最強と名高い心霊スポットが存在する。

それが荒川にかかる全長449メートルの「江北橋(こうほくはし)」だ。昔から幽霊の目撃情報が絶えず、特に「夜中は橋を渡ると呪われる」とまで言われている。幽霊と遭遇するのか? 夜中に行くとマジで呪われてしまうのだろうか? 実際に行って検証してみたぞ!

続きを全部読む

安さ爆発! 東京・足立区「ダイナマイトキッチン」のデカ唐揚げ弁当のコスパがスゴイ!! ご飯が完全におかずレベル

これまで数々の盛りすぎな唐揚げ弁当を紹介してきたが、コスパ最高峰のお店を発見したかもしれない! そのお店「ダイナマイトキッチン」のデカ唐揚げ弁当は安い! そして量が多い!! この値段でこの量を実現するお店は、なかなかないかもしれないぞ。

値段は590円! 600円でお釣りがくるのに、なんと唐揚げは10個も入っているじゃないか!! メインはどう考えても唐揚げで、ご飯は完全におかずレベル! これに勝るコスパ弁当はちょっとないんじゃないの!?

続きを全部読む

足立区竹ノ塚にオープンした「200円カレー」が大人気すぎてヤバい! 買うのに1時間半もかかったぞッ!!

私(佐藤)はこれまでで1番並ぶお店に、今日(2016年2月9日)、遭遇した。iPhoneなどの数日間並ぶ行列を除けば、最長になる1時間半も並んだのである。

目当ての商品は、カレーライス。200円という驚きの価格で、高コスパなのではないか? と期待したのだが、まさか1時間半も並ぶことになるとは。かえってコスパ悪すぎたッ!

続きを全部読む

【絶品薄焼き卵オムライス特集】足立区・千住大橋『キッチンエッグス』

最近は “ふわとろオムライス” に人気を奪われつつある、伝統的な “薄焼き卵オムライス”。ケチャップとふんわり綺麗に焼かれた薄焼き卵、味付きライスの3重奏は、ソースと米、卵が一体化する、ふわとろオムライスにはマネできない美味しさがある。

そんな美味しいのに主役にイマイチなれない薄焼き卵オムライスを応援すべく、「絶品薄焼き卵オムライス特集」を開始。1軒目に紹介する店舗は、足立区・千住大橋駅近くにあるオムライス店『キッチンエッグス』だ!

続きを全部読む

【ラスト・オブ・闇市】ヴィーナス像と20万円の仏像を売る謎の「68円スーパー」に突撃! Byクーロン黒沢

東京・埼玉・千葉が接するゴールデン・トライアングル「足立区・北綾瀬」。ここに、日本中から集めたおかしな商品を、激安価格で叩き売る不思議なスーパーマーケットがあると聞いた。

「北綾瀬」は、終着駅なのに直通列車のない変な駅。となりの綾瀬駅から専用列車で「ひと駅」を移動。さらにバスに乗り換え住宅街を分け入った最果てに、目指すABS卸売りセンター本店を発見! 殺風景な錆臭い倉庫風の建物は、まんま昭和風情。照明は暗く、空気は淀み、商品はうっすら埃を被っていた……。

続きを全部読む

迫り来る勢い! 足立区民放送のキャッチコピーがスゴイ

東京都足立区に開局を予定しているコミュニティFM「足立区民放送」。同局は現在、正式な開局に向けて毎週土曜日にUstreamでプレ放送を行っている。より広く知ってもらうために、グッズやポスターを制作しているのだが、そのキャッチコピーがなかなか目を引くのである。

続きを全部読む