「賃貸」にまつわる記事

【リアルガチ】2017年『穴場だと思う街ランキング』が発表される → 赤羽・池袋・大塚を抑え堂々の1位は……!

家賃はなるべく安く抑えたい。とんでもないお金持ちならともかく、一般庶民ならばきっと誰もがそう思うもの。安くて利便性が高い土地、しかもそれが好きな街ならば最高だ。

そこで今回は、2017年度版の『穴場だと思う街ランキング』をご紹介したい。夢見がちな「住みたい街ランキング」より、遥かに参考になるランキングになっているぞ。

続きを全部読む

『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産業者が多数登場 「賃料100万円、近くに有名なポケストあり」「近隣ジム3つ、ポケスト5つあり」など

多くの人がハマっている『ポケモンGO』。ここまでブームになったのだから、ビジネスチャンスも豊富だ。今、アメリカでは『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産会社が出現しているという。

「よいポケストップが近くにあります」などとうたって、部屋の広告を出しているのである。通常お部屋探しでは、広さや部屋数、立地などが重視されるが、ポケモンを条件に部屋を選ぶお客さんって本当にいるのだろうか?

続きを全部読む

イケダハヤトと田端信太郎もバトル! 住宅ローンと賃貸どちらが良い? 答え「立地が良い場所でローンで戸建て購入」

賃貸住宅に住み続けるのが良いのか? 意を決して住宅ローンを組み、マンションや戸建てを買った方が賢いのか? さまざまな意見があるため、長いあいだ議論されているが、なかなか決着がつくことは無い。

そんな「賃貸 VS 住宅ローン」論争にプロブロガーのイケダハヤトさんが参戦。自身のブログで「35年ローンとか意味不明すぎて笑えるwww」と、35年ローンを返し続けることを “まともじゃない神経” と批判した。

さらにその内容に対し、LINE株式会社の執行役員である田端信太郎さんがTwitterで「俺も35年ローンでマンションを買った。アフィリエイト収入目当てでいつまでブログ書いて消耗してるの?」と、ブチギレコメントで反論しているのだ。

続きを全部読む

【衝撃賃貸】ワンルーム3畳キッチン付き家賃25000円の部屋に行ってみた / 東京23区の一等地!!

東京都といえば、日本でも家賃が高い地域のひとつである。風呂さえ妥協すれば2万円台の物件もあるが、風呂がついたとたん、どんなにボロボロでも4~5万円に相場が跳ねあがる。

今回は、東京23区内にある、ワンルーム3畳キッチン付き家賃25000円の部屋に行ってみた。しかも山手線の駅から早歩きで5分! ダッシュで3分のところにある一等地!! はたしてどんな部屋なのか?

続きを全部読む

【最高の街】後楽園に住んでみてわかったこと6つ / 東京ドームまで徒歩2分!

2013年、セ・リーグ優勝を果たした巨人こと読売ジャイアンツ。惜しくも日本一の栄冠は逃したが、監督や選手たちは早くも来年のリーグ3連覇&日本一を目指して英気を養っている。

そんな巨人の本拠地といえば後楽園にある東京ドームである!! 巨人ファンにとって後楽園は聖地かもしれないが、住むとなるとどうなのだろう? 巨人が好きすぎて、茨城からわざわざ後楽園に上京して住みはじめた人物に 実際のところを聞いてみた!

続きを全部読む

【まんが】地獄みたいな物件を借りてみた! の巻

引っ越しを決意したとき、誰もが「キレイで広い場所に住みたい」と思うだろう。さらに「安くて駅から近くて」も入るだろう。「できれば風呂トイレ別で」も入るだろうし、「エアコンも、ベランダも……」と、希望は広がりまくりのまくりingだ!

いずれにしても、部屋はキレイなほうがいい。だがしかし、地獄のような物件を借りてみるのも一興だ。そう、たとえば、今回ご紹介するマンガのように……。

続きを全部読む

【不動産】事故物件の紹介文がスゴイ「一人暮らしなのに一人暮らしではないような感覚にさせてくれる寂しがり屋さんにオススメ」

不動産紹介サイト『SUUMO』に掲載されている賃貸物件の情報がスゴイと話題になっている。その物件は事故物件(自殺や他殺などがあった物件)らしいのだが、その物件の紹介文があまりにもポジティブすぎるというのだ。以下が、この物件の紹介文である。

続きを全部読む

【不動産トラブル】ありがちな「借主←→不動産屋A←→不動産屋B←→大家」というケースのトラブル

よくある不動産トラブルをひとつご紹介しましょう。賃貸マンションを借りるとき、不動産屋を通じて契約を結ぶのが一般的です。不動産屋が大家と借主との間に立って仲介をするわけです。それが賃貸における不動産屋の仕事です。

・より大きな規模の不動産屋に
つまり「借主←→不動産屋←→大家」というわけですね。しかし「借主←→不動産屋A←→不動産屋B←→大家」というケースもよくあります。不動産屋Bが、より大きな規模の不動産屋Aに物件を置いておいてもらっているわけですね。

続きを全部読む