「講談社」にまつわる記事

編集次長逮捕について漫画誌モーニングが公式サイトで釈明 『進撃の巨人』立ち上げ担当との報道を否定

妻殺害の容疑で、講談社「モーニング」の編集次長が逮捕された。一部のメディアでは、大人気漫画『進撃の巨人』の立ち上げ担当だったと報じられていたのだが、このことについて、モーニングが公式サイトに編集長名義で以下の文言を公開している。

続きを全部読む

30年前のアイドル雑誌の誌面企画「学校名無差別人気投票」が理解に苦しむ件

当編集部の近所に、雑誌の在庫量が多い古本屋がある。私(佐藤)は時々お店を覗いて、古い文芸作品を漁っていたのだが、残念なことにこのお店が近々閉店することになってしまった。

店先には、店内在庫50パーセントオフ。店頭の文庫本は袋に詰め放題で300円という、在庫一掃セールの貼り紙がされている。そこでアイドル雑誌を数冊購入して、その当時のアイドルシーンを振り返っていたら、ちょっと理解に苦しむ誌面企画を発見した。「学校名無差別人気投票」とあるのだが、これは一体どういう投票なんだ?

続きを全部読む

『なかよし』の漫画家キットで描いた漫画を『週刊少年マガジン』に持ち込んでみた / その漫画を公開

いつか漫画家になりたい。幼い頃からそう考えていた私(デリケートゾーン佐藤)は2012年10月、人気漫画誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)に原稿を持ち込みした。ジャンプ担当者の方に、「意識を高く持って描いて頂かないと」という指摘を受け、その原稿は持ち帰ることになった。

ふたたび作品を描いた私は、改めて持ち込みすることを決意。今度はジャンプ同様に人気漫画誌として、長らく愛されている『週刊少年マガジン』へ。電話で持ち込みの希望日を伝え、原稿を持って講談社へと向かったのである。

続きを全部読む

【ランキング】本屋で店員に在庫を聞きにくい漫画ベスト3

日本にはさまざまな漫画が存在するが、人気漫画や古い漫画は書店で見つけることができないことが多々ある。そういうときは店員に「○○○○の在庫ありませんか?」と聞くのが手っ取り早いが、なかなか口に出して言えない恥ずかしいタイトルの漫画もある。

今回は「本屋で店員に在庫を聞きにくい漫画BEST3」を発表したいと思う。もしかすると、あなたが好きな漫画がランクインしているかもしれない!? 気になるランキング結果は以下の通りだ。

続きを全部読む

今年は「電子書籍元年」と言われているのだが、それを疑いたくなるような、衝撃の事実が判明した。講談社が出版する漫画雑誌「モーニング・ツー」のAndroid版のダウンロード数が、41号が18部、42号が20部。2号合わせても50部にも満たないのだ。この事実を同誌のTwitter公式アカウントが、「内部資料を流出させます」として明かしているのである。

続きを全部読む