「認知症」にまつわる記事

音楽で認知症を救うドキュメンタリー映画『パーソナルソング』が示す可能性が凄まじい! 一度でいいから観てほしい!

ドキュメンタリー作品が大好きな筆者(私)は、先日Netflixで『パーソナル・ソング』というドキュメンタリー映画に出会い、衝撃を受けた。

というより涙が止まらなかった。そこに映し出される “奇跡” があまりに美しかったからだ。そして、作品を見終わったときにこう思った。

「これはもっと多くの人に観てもらうべきだ」

続きを全部読む

45秒に愛が一杯詰まった映像に感動! 認知症の夫が1枚の写真をきっかけに「妻とのある夜」を思い出す展開に涙!!

デジタルカメラの時代が到来して以来、昔に比べると、写真を現像してアルバムに収めることが少なくなっているように思う。アルバムを引っ張り出して想い出に浸ったり、家族団らんのひと時に、アルバムが登場する機会が減っているかもしれない。

いま人々の想い出を引き出す ‟写真のマジック” を描いた45秒ほどの映像「ifolor GRACE, Christmas commercial」が、感動を呼んでいるので紹介したい。認知症の夫が1枚の写真をきっかけに、「妻とのある夜」を思い出す展開が涙なしでは見られないのだ!

続きを全部読む

外国語が話せると脳が得する7つの事 「認知症になるのが4~5年遅れる」「感情的にならずに理性的に決断を下せる」など

ひと昔前に比べると、日本でもバイリンガルや多言語を話せる人が増えてきた。外国語が話せると旅行の時に便利なのはもちろん、外国人の友達もできて人間関係の幅が広がる。しかしそれだけではなく、多言語を話すことで脳が受ける恩恵も大きいというのだ。そこで「外国語が話せると脳が得する7つの事」を紹介したい。

続きを全部読む

アルツハイマー病を患う老人が自宅を出たまま行方不明に! 家を出た理由に多くの人が感動!!

世界中の多くの老人とその家族を苦しめているアルツハイマー病。物忘れで始まると言われているこの病気は、進行すると記憶障害により家族の顔と名前さえも忘れることがある。また、自分のいる場所が分からなくなって、徘徊(はいかい)をするケースも少なくない。

そんなアルツハイマー病患者のニュースが、今海外で話題になっているので紹介したい。深刻な病気であることを考えると、「暗い内容かな?」と思われるかもしれないが、そうではない。何とも心温まるニュースなのだ。

続きを全部読む

卵で認知症の発症を抑えられるかも? 現在進行中の実験と研究者の見込みが話題

年をとると怖いのが認知症だ。中には「自分は大丈夫」と思って人もいるかもしれないが、誰だって発症する可能性がある。家族などにかける迷惑や心配を考えると、非常に厄介。そのため「発症を防止できることがあるなら、やっておきたい」と思っている人は多いだろう。

そんな人は、もしかしたら卵を食事に取り入れてみると良いかもしれない。実は今、卵が認知症や物忘れの抑止に役立つ可能性があると、海外で注目を集めているのだ。その原因は、アメリカで行われている検証実験と、研究者の見込みである。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】衛生的な先進国に住んでいると認知症になりやすいことが判明

高齢化が進み、介護や医療の問題が深刻化する日本で、特に認知症は心配される病気である。そんななか、ある研究により衛生的過ぎる環境が、認知症患者の数に拍車をかけていることが判明し話題となっている。

続きを全部読む

食べ過ぎは太るだけじゃない! 認知機能が低下しアルツハイマー病になる可能性も

ついつい食べ過ぎてしまうという方は、要注意! 最新の研究によると、「食べ過ぎは、肥満になるだけでなく、軽度認知障害と呼ばれる、認知機能の低下をもたらす」という。

続きを全部読む

イギリス、オックスフォード大学薬理学教授のデビッド・スミス博士は「ビタミンBは”老人性痴呆”を予防する効果がある」と発表しました。イギリスのBBCニュースが今月8日に報じています。

スミス博士は老人性痴呆に繋がる、比較的症状が軽い認知障害の高齢者168人を2つのグループに分け、1つのグループにのみ葉酸とビタミンB6 、ビタミンB12を組み合わせたビタミンBを2年間投与し実験。

続きを全部読む