「訛り」にまつわる記事

「青森県民 vs 滑舌悪い芸人」のラップバトル第2弾が公開! 青森県民の言葉が超難解でビビった!!

秋田、大阪、沖縄などなど、方言のきつい都道府県は数あれど、ひときわ難解な方言をもつと言われているのが「青森県」だ。そんな青森県が、観光PRの一環として、滑舌の悪い芸人として知られる諸見里大介さんと、青森県民がラップバトルを繰り広げる動画「ディス(り)カバリー青森」の第2弾を公開した。

昨年2016年12月に公開された第1弾は、公開3カ月で35万回の再生を記録し好評だったというが、第2弾はどんな内容に仕上がっているのだろうか? 

続きを全部読む

専門家「酔っ払うと出身地の訛りが出るのは脳に負担がかかっているから」 / 体力低下中にも同じ現象が起こる

普段の生活では出身地の方言を使わなくなったのに、なぜか酔っ払うと地元訛り(なまり)で喋っていたという経験はないだろうか。こんなとき、意識して訛りを隠そうとしてもなかなか隠しきれないものだ。

ある専門家によると、これはアルコールが脳に負担をかけることが原因なのだとか。しかも、実は同じ現象が、疲れているときや体調を崩しているときにも起こるという。

続きを全部読む

【衝撃】最近の山形県人はなまらない? カンニング竹山「じいちゃんがバリバリの標準語。頼む少しなまってくれ!」

山形県出身のアイドル・佐藤ゆいさんが、山形県で東北訛(なま)りで話しつつロケをした。しかし、一般人のおじいちゃんがまったく訛っておらず、事務所の先輩であるカンニング竹山さんが「じいちゃんがバリバリの標準語。頼む少し訛ってくれ!」と困惑コメントをTwitterに書き込みしている。

続きを全部読む