「訃報」にまつわる記事

小林麻央さん死去の報道の後、市川海老蔵さんがブログを更新「どんな事があろうと舞台」「なるべくいつも通りに過ごします」

2017年6月23日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが死去したことがスポニチに報じられた。前日には、夫である市川海老蔵さんが「人生で一番泣いた日です」とブログを更新。

その容体を心配する声が集まっていた中に飛び込んで来た訃報である。そんな中、市川海老蔵さんがブログを更新しているためお伝えしたい。

続きを全部読む

【訃報】小林麻央さん死去 / 享年34歳

2014年に乳がんであることを明かし、闘病を続けていたフリーアナウンサーの小林麻央さんが2017年6月22日夜、自宅で亡くなったことが明らかになった。享年34歳。

続きを全部読む

【訃報】世界的ロックシンガーのクリス・コーネル死去 / 享年52歳

近年、世界的なロックレジェンドの死が相次いでいるのだが、またひとり偉大なロックシンガーがこの世を去った。亡くなったのは、「サウンド・ガーデン」や「オーディオ・スレイブ」などで活躍した、クリス・コーネルだ。

まだ52歳という早すぎる死に、ロックギターの巨匠ジミー・ペイジも悲しみをあらわにしている。

続きを全部読む

【追憶】みんなムッシュに憧れた! 日本ロック界のレジェンド・かまやつひろしの名曲5選

2017年3月1日、ミュージシャンのムッシュかまやつさんががんで亡くなっていたことが判明した。実は、私(中澤)は、かまやつさんに会ったことがある。あれは2年ほど前の夏、自分のバンドのライブの合間に下北沢を歩いていると、ライブハウス下北沢ガーデンからかまやつさんがフラっと出てきたのだ。

その時も「よぼよぼやな!」と思ったが……そうか、ついに逝ってしまったか。最後までライブをし続けたその姿勢やオリジナリティーあふれる音楽性など、かまやつさんはミュージシャンにこそ尊敬されるミュージシャンだった。そこで、ムッシュかまやつの名曲を5曲、独断と偏見で選んでみたぞ。

続きを全部読む

【訃報】アイドルグループ『私立恵比寿中学』の松野莉奈さん(18)が死去 / 10日前にはブログ更新も

2017年2月8日、アイドルグループ『私立恵比寿中学』のメンバーの1人である松野莉奈さんが亡くなっていたことが判明した。FNNニュースによると、病死とみられている。

体調不良のため、7日に開催されたコンサートを休んでいた松野さん。都内の自宅で療養中だったが、2月8日朝に容体が急変、午前5時ごろ、両親が119番通報し、病院に救急で運ばれたが搬送先で死亡が確認されたとのこと。18歳は若すぎる……。

続きを全部読む

【訃報】元プロレスラー泉田純さん死去 / ネット上では自殺説も浮上

2017年2月7日、元プロレスラーの泉田純さんが死去していたことが判明した。51歳だった。これはプロレスラー丸藤正道が自身のFacebookで明かしたもので、突然の死にファンには衝撃が走っている。

続きを全部読む

【訃報】「おヒョイさん」こと藤村俊二さん死去 / 享年82歳

日本テレビ系の街ブラバラエティ『ぶらり途中下車の旅』のナレーションでお馴染みだった、俳優の藤村俊二さんが亡くなっていたことが明らかになった。藤村さんは病気療養で2015年10月からこの番組を降板し、表舞台に立つことはなかった。そして2017年1月25日、心不全でこの世を去った。享年82歳。

続きを全部読む

【訃報】俳優の松方弘樹さん死去 / 松方さんが『元気が出るテレビ!!』に起用された理由

2017年1月21日、俳優の松方弘樹さんが亡くなった。74歳だった。スポニチアネックスによると、病名は脳リンパ腫だという。昭和を代表する大スターの訃報に悲しみの声が広がっている。

続きを全部読む

【訃報】“スーパーフライ” ことプロレスラー「ジミー・スヌーカ」氏が死去

また伝説がひとつ終わりを告げた。WWE公式ホームページによれば、“スーパーフライ” ことジミー・スヌーカ氏が、2017年1月15日 死去した。73歳だった。アメリカのみならず日本でも活躍したレジェンドの訃報に、ネット上には追悼の声が相次いでいる。

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】2016年にこの世を去ったメタル界のミュージシャンたち

2016年はデヴィッド・ボウイやプリンス、ジョージ・マイケルなど数多くの有名ミュージシャンが亡くなった年だった。メタルの世界でもMegadethのドラマーであるニック・メンザが急逝した事が報じられた。

しかしそれよりもマイナーなメタルバンドの場合、一般ニュースでは報じられない。アンダーグラウンドのメタルバンドの病死なども含めると、2016年に亡くなったメタラーの数は相当存在する。そこで本稿では、2016年に衝撃的に亡くなったメタラーを紹介しよう。

続きを全部読む

【訃報】世界的シンガーのジョージ・マイケル死去 / 享年53歳

クリスマスの定番曲として、世代を超えて愛される曲がある。ポップデュオ「ワム!」の『ラストクリスマス』もそのひとつだ。そのメンバーだった世界的シンガーのジョージ・マイケルが亡くなっていたことが、2016年12月25日に発表された。享年53歳、まだまだ活躍できる歳だっただけに、残念というよりほかない。

続きを全部読む

【訃報】「L⇔R」の黒沢健一さんが死去 / 享年48歳、死因は脳腫瘍

2016年12月7日、J−POPバンド「L⇔R」のボーカリスト黒沢健一さんが12月5日に亡くなっていたことが判明した。黒沢さんの公式HPによると、死因は脳腫瘍とのこと。音楽界の星がまた1人逝ってしまった……。

続きを全部読む

【訃報】元プロレスラー「永源遥」さん死去 / 僕たちはツバ攻撃を忘れない

元プロレスラーで全日本プロレスやノアで活躍した永源遥(えいげん はるか)さんが2016年11月28日、死去した。70歳だった。プロレスラーとして強さではなく、楽しさを教えてくれた永源さん。代名詞ともいえる “ツバ攻撃” は、プロレスファンの記憶にいつもでも残ることだろう。

続きを全部読む

【悲報】2016年の約半分が終了

今から約半年前……あなたはどんな誓いを胸に2016年を迎えただろうか? そしてその目標は叶えられただろうか? 達成できた人、まだの人、もう少しで叶いそうな人。大丈夫だ、あと半年もある。……そしてあと半年しかない

7月1日を迎えた本日、無慈悲にも2016年の約半分が終了した。日数にすると181日、秒数にすると約1564万秒が過ぎたことになる。まさに光陰矢の如し……いや、光陰マッハの如しといえるだろう。

続きを全部読む

【訃報】演出家蜷川幸雄さん死去 享年80歳

世界的な演出家として知られる蜷川幸雄さんが、亡くなっていたことが明らかになった。蜷川さんは2015年12月に体調を崩しており、2016年1月から舞台の稽古に入る予定だったそうだ。享年80歳。

続きを全部読む

1匹のリスが謎の死を遂げる → 死を悼む警察官が続出

形あるもの、命あるもの、全てがいつかは無に還る。悲しいことだけれど、それがこの世に生まれた上での厳然たる事実だ。

今回も1匹のリスが、突然あの世へと旅立った。すると警察官たちが「仲良しのリスが……」とガックリ肩を落とし、その死を悼んだという。

続きを全部読む

2016年に亡くなった「偉大な才能」一覧

神よ、もう止めてくれないか……。きっと2016年4月22日の今日もまた、多くの人がそう思ったことだろう。なぜなら歌手のプリンスさんがあの世へと旅立ったことが判明したからだ。享年57歳。何が原因で彼が息を引き取ったかは、まだ明らかになっていないという。

今年の半分も過ぎていないというのに、多くのスターがこの世を去っていった。今回は、2016年に亡くなった「偉大な才能」を振り返ってみたい。

続きを全部読む

【訃報】ミュージシャンのプリンスさん死去 / 享年57歳

世界の音楽シーンに多大な影響を与えたミュージシャン、プリンスさんが亡くなっていたことが判明したという。彼は1978年にアルバムデビュー、1981年に主演と音楽制作の両方を務めた映画『パープル・レイン(Purple Rain)』のサウンドトラックが世界的ヒットを記録し、世界中にその名を轟かせた。

海外の音楽情報サイトが伝えるところでは、2016年4月21日に米ミネソタ州ミネアポリス近郊の自宅で死亡しているのが見つかったとされているが、詳しい死因は不明。米メディアによると、4月上旬に公演予定だったコンサートをインフルエンザという理由で延期しており、自宅療養中であったという。享年57歳。

続きを全部読む

【訃報】元サッカーオランダ代表のヨハン・クライフ氏が死去

2016年3月24日、現代サッカーの礎を築いた元オランダ代表のヨハン・クライフ氏が68歳で死去した。原因は肺がん。スペインのバルセロナで家族に見守られながら息を引き取ったという。

1974年のサッカーW杯でオランダ代表が用いた戦術「トータルフットボール」の申し子と言われたクライフ氏。W杯では準優勝に貢献し、アヤックスやFCバルセロナといった所属クラブでも中心人物として活躍した。

続きを全部読む

【訃報】プロレスラー「ハヤブサ」こと江崎英治さんが死去

2016年3月3日、プロレスラーの「ハヤブサ」こと江崎英治さんが、くも膜下出血のため亡くなった。47歳だった。プロレスファンならご存じだろうが、類まれなるセンスとトップレスラーに不可欠な “華” を兼ね備えた選手で、将来はプロレス界を背負って立つスター候補と期待されていた。

だが2001年に頸椎(けいつい)を損傷。以来、車いすでの生活を余儀なくされていたが、ファンはハヤブサの飛翔を信じていた。それは彼にセンスと華があったからだけでなく、あふれるほどのプロレス愛があったからである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2