「覚醒剤」にまつわる記事

覚せい剤精製所で飼われていたニシキヘビが薬物依存症のためリハビリ施設に入院 / 更生に7カ月もかかる

人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』により、世界中に知られるところとなった薬物メタンフェタミンは、覚せい剤の一種で精製の際に有毒なガスが発生する。

そんな、メタンフェタミンの精製所で飼われていた2メートルもあるニシキヘビが、その煙を吸い込んだため依存症となり、リハビリ施設で更生する事態になったというのである!

続きを全部読む

【たぶん4択】ASKAさんの「お茶」が “陽性” になってしまった謎の「答え」がついに判明!? ASKA「頂いたコメントの中に正解者がいた」

ASKA。ああASKA。あの日以来、ずっと私は『ギフハブの謎』について考え続けており、寝ても覚めてもASKAである。おそらく明日もASKAである。昨年末、そんなASKAさんの公式ブログに、とても気になる事が書いてあったのをご存知だろうか?

それは2016年12月29日の「事実は小説より奇なり。」というエントリー。ざっくり説明すると「なぜ提出したお茶が “陽性” になったのか?」の謎について語っているのだが、なんとASKAさんは「頂いたコメントの中に、正解者がいたことに驚きました。」と書いているのだ! “お茶陽性の謎” を解いた人物がいるというのだ!!

続きを全部読む

【動画あり】ASKAさんがブログで新曲『FUKUOKA』を公開 / ネットでは感動の声が続出中

2016年12月19日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKAさん(58)が釈放となった。あれから数日……24日にASKAさんは自身のブログで新曲『FUKUOKA』を発表した。クリスマスイブということでタイトルには「Merry Christmas!!!!」、そして本文にはYouTube動画のリンクと歌詞が添えられている。

続きを全部読む

【釈放】覚醒剤取締法違反で逮捕されたASKAさん不起訴の件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「たぶん高樹沙耶も無罪で釈放される」と予言

つい先ほど、歌手のASKAさんが不起訴になったとの一報が飛び込んできた。ASKAさんといえば、「ギフハブ」などの言葉を流行らせつつも、2016年11月28日に覚醒剤取締法違反で警視庁に逮捕され、大きな話題になっていた。それと同時に、彼を取材するマスコミへの非難が殺到したことも記憶に新しい。そんな彼が……不起訴に!!

この展開について、勝ち誇った顔で「ほれみたことか」と言うのは、ロケットニュース24の顧問ドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏だ。詳しく話を聞いてみた。

続きを全部読む

【マスゴミ】ASKA容疑者の “ベンツ破損” にネット民も大激怒!「今から一緒に殴りに行こうか?」

2014年、覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者。執行猶予期間中だった2016年11月28日に同法違反で再逮捕されたことは、みなさんご存じのことだろう。

ASKA容疑者についてはさておき、ネットを中心に波紋を呼んでいるのがASKA容疑者の自宅に押し掛けたマスコミ陣のマナーの悪さだ。ASKA容疑者が所持するベンツのエンブレムがへし折られたかと思えば、タクシー内の映像が流出するなど、一線を越えた姿勢に疑問の声が上がっている。

続きを全部読む

『ASKA元被告』の逮捕報道にネット上でも落胆の声「またかよ」「才能あるのに」「覚せい剤をやっている……迷わずにSAY YES」など

覚せい剤取締法違反容疑で警視庁が逮捕する方針であるという報道を受け、自身のブログで「間違いです」と覚醒剤の使用を否定し続けているASKA元被告。果たして真実はいつ明らかになるのだろうか?

過去にはボーカルデュオ「チャゲ&飛鳥(現CHAGE and ASKA)」として一世を風靡したシンガーであるASKA元被告。その美しく力強い歌声に魅せられていたファンも多く、今回の報道についてネットでは様々な声があがっている。

続きを全部読む

【謎】ASKA元被告が自身のブログで「間違いですよ」「陽性はありません」とのコメントを発表か / 全3回の投稿を全文掲載

本日2016年11月28日、覚せい剤取締法違反で逮捕される見込みであると報じられた歌手のASKA元被告だが、その報道を受けてASKA元被告自身が書いたと思われるコメントが自身の公式ブログに度々アップされて物議を醸している。

最初にアップされた文章のタイトルは「はいはい。みなさん。落ち着いて。」というもので、続けてアップされたものも同様に逮捕の報道を否定する内容となっている。以下、当記事の執筆時点(11月28日16:00)で同ブログ上に掲載されている、逮捕の報道に対してのコメント全文をお伝えしたい。

続きを全部読む

【参院選】なぜ医療用大麻合法化の高樹沙耶氏が「わずか2秒で落選濃厚」になったのか? 最も意見を聞いてはいけない専門家に “落選した理由” を聞いてみた

昨日2016年7月10日は、第24回参院選(第24回参議院議員通常選挙)の投票日。ちなみに夜20時が投票の〆切だった。結果的には与党の圧勝に終わったもようだが、なんと投票終了後 “わずか2秒で落選濃厚” という伝説を作った立候補者がいる。新党改革から東京選挙区で出馬した、元女優の高樹沙耶(たかぎ さや)氏だ。

彼女が掲げていた大きな目標は、日本における医療用大麻の合法化。一体なぜ、こんなにも崇高なマニフェストを掲げた人物が、瞬殺の勢いで落選濃厚になってしまったのか? その答えを知るのは……“あの人” しかいない。さっそく話を聞いてみた!

続きを全部読む

【悲報】2016年の約半分が終了

今から約半年前……あなたはどんな誓いを胸に2016年を迎えただろうか? そしてその目標は叶えられただろうか? 達成できた人、まだの人、もう少しで叶いそうな人。大丈夫だ、あと半年もある。……そしてあと半年しかない

7月1日を迎えた本日、無慈悲にも2016年の約半分が終了した。日数にすると181日、秒数にすると約1564万秒が過ぎたことになる。まさに光陰矢の如し……いや、光陰マッハの如しといえるだろう。

続きを全部読む

「覚せい剤と大麻所持で高知東生容疑者が現行犯逮捕」の件ついてドラッグ事情通に意見を聞いてみた

2016年6月24日、元俳優の高知東生(たかち のぼる)容疑者が覚せい剤と大麻所持で現行犯逮捕されたとのこと。彼は今年5月、神奈川県横浜市でエステサロン「エスクラ」をオープンしたばかりで、同店のTwitterを確認してみると……な、なんと!

つい3日前の6月21日、「ミヤネ屋さんにご紹介頂きました!」という言葉と共に、意味深なテレビ画面が投稿されていた。一体何が紹介されていたのか? ここから先は、正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼氏に意見を聞きつつ進行してみたい。ボブさ〜ん!!

続きを全部読む

【悲報】NHK元うたのお兄さん “あきひろお兄さん” が覚せい剤所持の疑いで逮捕 / ネットの声「歌ダントツにうまかったのに」

2016年4月14日、衝撃的なニュースが伝えられた。NHK『おかあさんといっしょ』で歌のお兄さんとして活躍した “あきひろお兄さん” が、覚醒剤所持の疑いで逮捕されたというのだ。

素敵な歌声で、子供たちに夢と笑顔を届けてくれたあきひろお兄さんが逮捕……しかも覚醒剤所持。ネット上でもショックが広がっている。

続きを全部読む

【画像あり】かつて清原容疑者が登場した「覚せい剤うたずにホームラン打とう」 ポスターを探してみた → あった! それらしきものを発見!!

覚せい剤うたずにホームラン打とう。今、こんな文言がネットで話題となっている。これは過去に作成されたという “覚醒剤追放ポスター” のキャッチコピー。そして、そのポスターに登場したのが覚醒剤を所持していたとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者だという。……なんと皮肉なことだろう。

しかし、このポスターの存在は謎に包まれている。いや、存在していたことは確かなのだが、何しろかなり昔のものだ。ネット上には画像すら見当たらないのである。何とか見ることはできないのか、探しに行ってみた。

続きを全部読む

元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤で逮捕されることもドラクエの復活の呪文は予言していた!

元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕されたというニュースが飛び込んできた。以前から週刊誌などで覚醒剤の使用が疑われていただけに「火のないところに煙は立たぬ」ということを立証してみせてしまった。

このニュースについて「8bitの預言書」であるドラクエの復活の呪文を調べてみたところ、清原容疑者が覚醒剤で逮捕されるというそのものズバリの呪文があったので公開したい。

続きを全部読む

ドラクエの復活の呪文に「酒井法子・小向美奈子・田代まさし・ASKA」と入力すると薬草所持数MAX値で再開できる!

ロケットニュース24の記者名を並べた復活の呪文があるのは以前お伝えしたとおり。このように、ある共通点を持った人々を復活の呪文で入力すると再開できることがある。

今回入力した名前は……「酒井法子・小向美奈子・田代まさし・ASKA」だ。この名前を入れるとなぜか薬草を大量に持った勇者で再開できるのである!

続きを全部読む

海外ドラマ『ブレイキング・バッド』で知られるメタンフェタミンが引き起こす恐怖の副作用 「皮膚の下を虫が這っているような幻覚に襲われる」など

世界中で一大旋風を巻き起こした衝撃の海外ドラマ『ブレイキング・バッド』は、余命少ない高校教師が家族に遺産を残すため、ドラッグを精製して麻薬の世界に染まっていくというストーリーだ。シリーズに登場する高純度ドラッグ “ブルーメス” とは覚醒剤のメタンフェタミンのことで、本作の第2の主役とも言えるだろう。

見た目が水晶に似ているため “クリスタル・メス” との異名を持つメタンフェタミンは、中枢神経興奮作用をもつ依存性の高い薬物だ。深刻な副作用を起こすことで知られているため、間違っても危険なドラッグに手を出さないよう、恐ろしい副作用についてお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

覚せい剤を「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」が分かりやす過ぎ! クスリで逮捕された女性のTシャツが話題

ア・イ・シ・テ・ルのサインと言えば、当然ながらブレーキランプ5回点滅である。常識だ……と言いたいところだが、私(記者)と世代が違う読者の中には「何それ!?」となっている人もいるだろう。説明すると、「ブレーキランプ5回点滅」はドリカムの名曲『未来予想図2』の一節で、恋人同士の秘密のサインのことである。

今回はそんな「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」にまつわる事件を取り上げたい。と言っても、ドリカムの楽曲のように美しい話ではない。むしろ、ダーティー&ブラック……なぜかというと、問題の女性が愛していると思われるのは人ではない。覚せい剤だ。そして何より、そのサインがド直球! 堂々たる、覚せい剤ア・イ・シ・テ・ル宣言だったのだ。

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』のスカイラーの激太り&激ヤセの理由が明らかに! 疾患のために処方された薬のせいだった!!

2時間ほどで終わってしまう映画とは違い、海外ドラマは数シーズン続くと、出演俳優が老けたり見た目が変わってしまうことがある。特に、全シーズンを一気見すると変化に気づきやすいが、最近では、大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』のスカイラーの激太り&激ヤセぶりが、気になっていたという人は少なくないのではないだろうか!?

そんなスカイラー役を演じるアンナ・ガンが、処方された薬のせいで激太りしたことを明かしているのだ。

続きを全部読む

「タダで海外旅行に行ける!」で約6億8000万円相当のヤクの運び屋にされてしまった老夫婦が話題

「タダほど怖いものはない」とはよく言うが、うさん臭いと思いつつも、無料、タダという響きはやはり魅力的だ。そんな言葉の魔力にまんまと引っかかって、海外旅行をプレゼントされた老夫婦がヤクの運び屋にされてしまう事件が起き、「やっぱりタダって怖い!」と話題を呼んでいる。

続きを全部読む