「薬物」にまつわる記事

【衝撃】ドラマ『ごくせん』のキャストが「デスノート」すぎる

2017年6月9日、フライデーに掲載された記事を受け、無期限活動停止を発表した俳優の小出恵介さん。所属事務所の Amuse(アミューズ)は本件について、「刑事事件に係る事案を含んでいる為、現在、専門家も交えて調査・分析を進めており、会見を開ける状況にはない」ことをHPにて改めて発表した。

俳優の問題が多い2017年。今年に入ってから、ヒットドラマでよく見かけた若手俳優の「活動停止」や「引退」という不穏な言葉が飛び交っている。それにしても、なんかどっかで共演してそうなメンツだな……と思っていたら、あ! あのドラマだ!!

続きを全部読む

アイスランドで「ドラッグに手を染める若者の数」が激減! ‟ナチュラル・ハイ” が問題解決の鍵に

日本でも、法の目をかいぐぐった脱法ドラッグが出回り、興味本位で若者が手を出してしまうケースが報告されている。若者による違法ドラッグの使用は世界の共通問題だとも言えるが、なんと、アイスランドでは「ドラッグに手を染める若者の数」が激減! 

その方法が海外メディアに取り上げられ話題となっているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」

本日2016年12月9日、俳優の成宮寛貴さんが芸能界を引退することを発表した。成宮さんの発表を見ても分かる通り、この突然の引退劇には、先週12月2日発売号の『FRIDAY』から取り沙汰されている薬物疑惑騒動が深く関係しているようだ。

そんな中、直接的な原因とも言える『FRIDAY』のTwitterアカウントにファンからの批判が殺到している。

続きを全部読む

【激震】成宮寛貴さん、芸能界を引退 / 直筆のメッセージを全文公開

2016年12月、週刊フライデーによる薬物使用疑惑が取りざたされていた、俳優の成宮寛貴さんが9日、芸能界を引退することを発表した。所属事務所は法的手段に訴えるとも報じられていたが、まさかの引退発表にネット上は激震が走っている。

続きを全部読む

【なぜ】英警察が ‟ある計画” のために「ドラッグ使用者の逮捕」をストップ! → かなりの効果を上げているらしい

違法ドラッグを不法所持・使用している人は、見つかったら警察に逮捕されてしまうのが普通である。

ところが、いくつかの英警察機関では、個人で使用する目的で、かつ少量の違法薬物所持で逮捕された者に関しては、逮捕しない方針を進めているとのこと。なんでも、ドラッグ使用者を救う ‟ある計画” のためだというのだが、かなりの効果を上げているというのだ。

続きを全部読む

【大麻所持】女優『高樹沙耶』の逮捕にネット上は “想定内” と冷ややかな反応 →「やっぱり」「知ってた」「何を今さら」など

2016年10月25日、女優の高樹沙耶(たかぎ さや)こと益戸育江容疑者(53)が大麻取締法違反の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕されたことが判明した。通常、芸能人による薬物関連での逮捕劇となるとネット上は大盛り上がりになるハズだが、今回はいささか事情が違うようだ。

続きを全部読む

【実践】社内の薬物汚染が心配だったので、抜き打ちで「薬物検査(コカイン・ヘロインマリファナなど)」を実施してみた!

芸能界の薬物汚染が叫ばれて久しい。つい最近も、高島礼子さんの夫である高知東生容疑者が逮捕されたばかりだ。もしかしたら、薬物は遠い世界の話ではなく、すぐ身近にその危険が潜んでいるのかもしれない。

とても心配になった私(佐藤)は、編集部で抜き打ち薬物検査を実施することにした。検査の公平性を期すために、私自身も検査に参加。検査のために使用したキットでは、アンフェタミン・メタンフェタミン・コカイン・ヘロイン・マリファナの5種を確かめることができるという。果たしてその結果は……。

続きを全部読む

【動画あり】田代まさしさんが「鎖グループ」とコラボして超絶クールなラップを披露! マーシー「だいじょぶだあ」→ ネット民「大丈夫じゃない」

コメディアンの志村けんさんが、白塗りで殿さまに扮してコントをするお笑い番組「志村けんのバカ殿様」。私(中澤)は子供の頃、たまにしか放送されないこのスペシャル番組に胸をトキメカして待っていた。この番組の中で、なくてはならない存在だったのが家臣役の田代まさしさん(以下マーシー)である。

ボケ倒す志村さんと引き気味のマーシーのやり取りは軽妙で、何度もお腹を抱えて笑った。そんなマーシーが、ヒップホップグループ「鎖グループ」とコラボし、ラップしている映像が話題となっている。

続きを全部読む

海外ドラマ『ブレイキング・バッド』で知られるメタンフェタミンが引き起こす恐怖の副作用 「皮膚の下を虫が這っているような幻覚に襲われる」など

世界中で一大旋風を巻き起こした衝撃の海外ドラマ『ブレイキング・バッド』は、余命少ない高校教師が家族に遺産を残すため、ドラッグを精製して麻薬の世界に染まっていくというストーリーだ。シリーズに登場する高純度ドラッグ “ブルーメス” とは覚醒剤のメタンフェタミンのことで、本作の第2の主役とも言えるだろう。

見た目が水晶に似ているため “クリスタル・メス” との異名を持つメタンフェタミンは、中枢神経興奮作用をもつ依存性の高い薬物だ。深刻な副作用を起こすことで知られているため、間違っても危険なドラッグに手を出さないよう、恐ろしい副作用についてお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

中国のレストランで「アヘン原料のケシの実入りの麺」を出していた店主が御用に! 目的は “隠し味” が効いた麺でリピーターを確保するため

以前、米国ワシントン州でマリファナ・コーヒーの発売が開始されるとのニュースをお伝えしたが、海外の一部では、大麻入りのケーキやクッキーを購入できる店もある。もちろん、そういった店舗は国の許可を得て販売しているわけだが、なんと中国で秘かに「アヘン原料のケシの実入りの麺」を出していたレストラン店主が、御用になったとのニュースが飛び込んできた! リピーターを確保するために “隠し味” が効いた麺で、客を虜にしようとしたというから怖ろしい話である。

続きを全部読む

ジャッキー・チェンさんの息子らが大麻使用容疑で拘束! 押収・拘束時の映像が公開される / 一部では「最高で死刑」という報道も

2014年8月18日、衝撃的なニュースが駆け巡った。アクションスター ジャッキー・チェンさんの息子で、香港俳優のジェイシー・チャン容疑者、そして映画『あの頃、君を追いかけた』でブレイクした台湾俳優クー・チェンドン容疑者が大麻使用の疑いで、中国北京市公安局に拘束されたというのだ。

突然の報道に「まさか」という声もあったが、8月19日に「薬物押収、および拘束時の映像」が公開され、衝撃を与えている。

続きを全部読む

スーパーで購入したステーキ肉を食べた一家が中毒を起こす → 幻覚薬物 LSDが混入していた! と話題

日本でも最近、冷凍ピザに農薬が混入されていた事件があったが、スーパーで購入したステーキ肉を食べた一家が中毒を起こし、なんと牛肉にLSDが混入されていたことが発覚したのだ! そしてネットユーザーの間で「マジか!? 肉を食べてトリップできるのか!」と大きな話題になっているのである。

続きを全部読む

【衝撃動画】生放送中のエミネムの様子が完全にヤバイと話題

アメリカを代表するヒップホップアーティストであり、音楽プロデューサーとしても活躍するエミネム。その彼が2013年11月にニューアルバムをリリースすることとなった。

それに先立ちシングルのミュージックビデオを公開。PRの一環でテレビの生放送に出演したのだが、彼の様子が明らかにおかしい。放送中だというのに、口を半開きにしてぼう然としているのである。彼に一体何が起こったというのか?

続きを全部読む

白血病の娘を救うため医療用マリファナを投与し続ける母と薬物の悪影響を危惧する父 / 両者の意見に賛否

白血病を患う7歳の少女をめぐって発生した両親の意見の対立が、いま全米を巻き込む議論へと発展している。娘の苦痛を少しでも和らげるために医療用のマリファナを投与する母と、薬物の悪影響を危惧しマリファナの使用に反対する父。もしも彼らの立場だったら、あなたならどうするだろうか。

続きを全部読む

以前から繰り返しお伝えしていることなのだが、アメリカでは若年層の間で薬物の問題が深刻化しており、全州を挙げて薬物の魔の手から若者を守る活動が続いている。しかし根絶にはまだ程遠い。学校単位で厳しい薬物検査を行っているものの、あの手この手で検査をかい潜る者があとを絶たないそうだ。

その検査の目をごまかす方法が大変危険であると、米警察は注意を促している。その方法とは、なんと漂白剤を飲むのである。検査にはパスするかもしれないのだが、当然ながら体への悪影響は避けられない。

続きを全部読む

アラブ首長国連邦の中枢を担う国、ドバイ。現在急速に発展しており、イギリスから年間に100万人以上が観光に訪れ、10万人が暮らしているという。そのドバイの英大使館が、イギリス国民に対して異例の勧告を出した。

その内容とは、知らない人にすすめられたお酒を飲まないように、というものだ。それがおごりであっても絶対に口をつけてはいけないという。それは一体なぜ?

続きを全部読む