「自伝」にまつわる記事

【インタビュー】ロックバンド「人間椅子」和嶋慎治の自伝『屈折くん』重版決定! 再ブレイクを果たした真相を激白

何事も長く継続することは、並々ならぬ努力がいる。しかも一線で活躍するとなると、努力だけでは乗り越えられない壁にぶつかることは避けられない。そう考えると、デビューから28年を経て、デビュー当時を凌ぐ勢いで支持を集めるロックバンド「人間椅子」は、かなり稀有な存在であると言えるだろう。

いまだにロックに対する情熱は潰えることなく、メンバー全員が50代に突入して、ますますその魂に磨きがかかっている。一体何が彼らを突き動かすのか? その答えが、2017年2月に発売されたギター・ボーカル和嶋慎治氏の自伝『屈折くん』に隠されている。

続きを全部読む

『あの花』のじんたんは脚本家・岡田麿里さん自身!? 自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』が発売

もはやすっかり「引きこもり」という言葉は一般的になった。SNSではネタとして使う人もいるくらいだが、一方で本当に悩みを抱えている人が多いことも忘れてはならない。そんな引きこもりの少年が主人公のアニメが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(以下、あの花)』である。

なんと、この作品の脚本家の岡田麿里さんが自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』を発売するという。岡田さんいわく、主人公のじんたんの行動は引きこもっていた自分の経験とのこと。

続きを全部読む

【中国】発売からたった2週間、伝記本『スティーブ・ジョブズ』のニセモノ40種類以上が発見される

2011年10月5日に亡くなったアップル社の創設者、スティーブ・ジョブズ氏。10月24日に発売されたジョブズ氏の自伝『スティーブ・ジョブズ』は全世界で爆発的な売れ行きを見せた。アメリカでは発売1週間で37万9000部売れ、その週の売り上げ第1位になったそうだ。だが、意外なことにその約2倍売れた国がある。中国だ。中国では発売1週目で67万8000部売れ、多くの書店で品薄状態となっている。

そこに商機を見出したのがニセモノ商人達だ。なんと中国ではすでに40種類以上のニセモノが売られているという。それもただのコピー商品ではない。中身までもジョブズ氏の自伝とは全く異なるものだそうだ。

続きを全部読む