「股間」にまつわる記事

【悶絶】ボブサップを秒殺した格闘家に強烈すぎる金的が炸裂 / たった7秒で無効試合

男性が絶対に避けたいアクシデントといえば、「急所の強打」で決まりだろう。それもそのはず、男性にとって股間は命の次に大切な場所と言っても過言ではなく、握りつぶされると死に至るケースもあるからだ。

もし急所にダメージを負ったら……なんて想像するだけでもガクブルだが、衝撃的な映像が海外から飛び込んできたのでお伝えしておきたい。先日行われた格闘技の試合でローブロー(金的)が炸裂し、あまりの恐怖に世の男性は震え上がっている。

続きを全部読む

【注意喚起】デリケートゾーンが痒すぎて病院に行った結果 / 男性よ、梅雨や夏は特に気をつけよう!

デリケートゾーン。その言葉を使いたくて本記事を執筆しているわけではないことを、まず最初に宣言しておきたい。これは極めて真っ当な注意喚起記事である。特に男性は、一歩間違えると大変なことになるので気をつけて欲しい。

——数日前、私は気づいたのだ。無意識のうちに、デリケートゾーンに手を伸ばしていることを。正確に言うならば、普段よりもデリケートゾーンに手を伸ばす頻度が多くなっていることを。なぜ私はこんなにもデリケートゾーンに触れているのか? ……考えるまでもなく、原因は明らかであった。痒い! デリケートゾーンが痒いのだ!!

続きを全部読む

【WBC】オランダ代表選手のホームランが観客の股間にホールインワン

2017年3月15日、第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の2次ラウンド・プールEは、オランダ vs キューバの試合が行われた。結果は14−1の7回コールドでオランダが勝利し2勝1敗。一方のキューバは3連敗で敗退が決まった。

改めてオランダ打線の強力さに驚かされる一戦となったのだが、同時にあまりにも痛すぎるチンプレーが発生していたのでご報告しておこう。なんとオランダ代表選手のホームランが観客の股間にホールインワンしたのである!

続きを全部読む

【悲劇】全豪オープンテニスで剛速球が股間を直撃するチンプレーが発生

2017年1月16日から29日にかけてオーストラリアで行われている「全豪オープン」。4大大会のひとつということでハイレベルな戦いが繰り広げられているが、1回戦から思わぬアクシデントが起きてしまった。

なんと剛速球が選手の股間を直撃し、うずくまって動けなくなる悲劇があったという。一体、どんな形で当たったのか、動画「New balls please: Stan smashes Klizan where the sun don’t shine | Australian Open 2017」を確認してみると……ギャッー!!

続きを全部読む

【マネ禁止】おしり専用カイロを股間に貼ると、身体が火照って来ちゃうの……

最近めっきりと寒くなって、そのうち都内でも雪がチラつくのではないかと思うほど、冷え込んでいる。こう寒いと、多少厚着をしたところで、身体は温かくない。表面的には寒さを防げても、身体の芯は冷え切ったままだ。

そこで大胆な防寒対策を思いついた! 男性限定、芯から身体が温まる方法だ。ただ温まるだけではなく、なぜか癒し効果があるのではないかと思えるほど、じんわりと温かくなる。しかしある種の危険が伴うので、絶対にマネしないで欲しい。その方法とは!?

続きを全部読む

【世界仰天動画】股間でスイカを割る男

日頃から鍛えているマッチョマンたちが成果を実感できるのは、何かを成し遂げた時である。これまでできなかったことが可能になる……有名どころでいえば、リンゴを素手で握り潰す、分厚い本を一瞬で真っ二つにするなどがそうだろう。

しかし先日、新たな筋肉自慢動画「Crushing a watermelon between my legs!」が YouTube にアップされ、マッチョ界に衝撃を与えようとしているのでご報告したい。なぜなら、股間を使ってスイカを割る男が海外に出現したのだ!

続きを全部読む

【動画あり】世界最強の股間を持つ男

たとえどんなに強い男であっても、必ず弱点は存在する。なぜなら、最強にして最悪の泣きどころ……「股間」があるからだ。別名・急所と言われるように、ちょっとした打撃であっても股間は致命傷になりうる。

だからこそ格闘技などでも急所への攻撃は禁止されているのだが、「股間弱点説」をくつがえすような人物がインドにいたのでご報告だ。なんでもその男は「最強の股間を持つ」らしい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】伝説のチンプレー再び! 股間をゴールポストにぶつけた選手が現れる

1998年、サッカー界に語り継がれる伝説のプレーが生まれた。それはイングランド・プレミアリーグのリヴァプール vs チェルシーの試合でのこと。シュートを防ごうとしたディフェンダーがスライディングすると、勢い余ってゴールポストに股間をぶつけたのだ。

これぞまさしくチンプレー。当事者のフィル・バブ選手は、不名誉な形で世界に名を知られることになったのだが、あれから約20年。そんな悪夢が再び起きてしまった。そう、今回もある意味2つのゴールが生まれたのである。

続きを全部読む

【動画あり】男性の「股間」が電車のドアに挟まれた

電車のドアが閉まったときに、コートや体の一部がドアに挟まれた! ──という光景は、通勤や通学で電車を利用している人なら、誰もが1度は見たことがあるだろう。「自分がやっちゃった」人だっているに違いない。

今回紹介する男性も、そんな “やっちゃった” 1人。電車のドアに体の一部が挟まれてしまったのだが……。あろうことか、彼は男性にとって最もセンシティブな部分、つまり股間がドアとドアに挟まれてしまったのである。よりによって、そこかよ!

続きを全部読む

【股間事故動画】アイスホッケーの試合でシュートが選手の「デリケート・ゾーン」を直撃! 受けた選手のチンカップはこうなった

スポーツにアクシデントは付きものだが、見ていて最も痛々しいのは、デリケートゾーン(以下、DZ)にまつわる事故ではないだろうか。野球しかりサッカーしかり、ボールが選手のDZを直撃したシーンは、一種のホラーである。

そんなホラーな事故が、アイスホッケーの試合でも起こってしまったようだ。やや遠目の位置から放たれた1本のシュートが、ディフェンスに入った選手のDZに……。選手はその場に倒れ、動けなくなってしまったのである。

続きを全部読む

【注意喚起】花火を股間に入れて遊んだらこうなる

夏の暑い時期に外せないものといえば、なんといっても花火だ。全国各地で行われる花火大会をはじめ、個人でもできる小規模のものまである。子供から大人まで楽しむことができる遊びとして、人気が高いのは言うまでもないだろう。

しかしながら、時として好奇心が危険を呼び寄せるのも花火で、火の取り扱いを間違えると事故を招いてしまうことも少なくない。例えばこれからご紹介する動画「Cone of Death (Full Speed)」もそう。花火を股間に入れるなど言語道断。絶対に真似厳禁だ。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】全体重をかけた側宙キックが急所をクリティカルヒット

急所とは攻撃されると命の危険が伴う場所のことを指す。男性でいえば、まるで地獄のような苦しみを味わう “あそこ” がそう。その危険度は、もし握りつぶされたら死にいたることもあるくらいヤバい。

もはや考えたくもない急所関連の事故だが、この度総合格闘技の試合でとんでもないアクシデントが起きたのでご報告しておきたい。一体、何が起きたのか。その様子は、動画「Impressive side flip ball stomp by Wu Ze – Asian MMA」で確認できるぞ!

続きを全部読む

男性のパンツに “殺人アリ” の巣をぶち込んだらこうなった

“微笑みの国” と言われるタイで、微笑みが一瞬で硬直してしまいそうな、1人の男性のハードチャレンジが話題を集めている。彼が何をしたのかというと……自分の股間に、殺人アリの巣を突っ込んだのだ。YouTube にアップされている動画「A man has the bad idea to rub his penis in a nest of red ants.」と併せて、紹介しよう。

続きを全部読む

【ほぼ犯罪ドッキリ動画】彼氏の “股間” に電気ショックを与える企画がエグすぎる / 彼氏「アレが燃える!」

電撃ネットワーク、ザ・スターリン、大日本プロレス。この3つに共通するキーワードと言えば……そう、“過激” である。ジャンルは違えども、それぞれ過激なパフォーマンスで知られるグループ・団体だ。

そして、YouTube のドッキリ界で過激な動画を公開しているのが、Viral Brothers。その名を知らなくても、「彼氏が使うトイレットペーパーに唐辛子スプレーをかける企画」「内蔵が抜かれたと思わせるドッキリ」を手がけた人たち、と言うと「あ〜はいはい」となる人もいるのではないだろうか。

そんな彼らが、新作を発表。これがまた……ハードな美学を貫き通した1本になっているので、紹介したい。内容をザックリ言うと、彼氏の股間に電気ショックを与えるというもの。……もはやドッキリと言うより、ほぼ犯罪、ほぼ拷問のような気がしないでもないが、とにかくその一部始終はYouTubeの動画「Fire Prank with Electric Shock in the Boyfriend’s Balls」で確認できる。

続きを全部読む

メタルバンドのライブ中にキャノン砲がロッカーの股間を直撃 / TAMA裂傷の大ケガを負いながらも最後まで演奏を続けたベーシストのプロ根性がスゴ過ぎる!

プロ根性は、時に見ている人々の心を揺さぶる。最近で言うと、フィギュアスケーターの羽生結弦選手だ。2014年11月に行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦・中国杯。羽生選手はその直前練習で怪我を負ったものの、棄権することなく本番の演技に臨み、多くの人を感動させた。

今回はそんな羽生選手と同じくらい、いや、もしかしたら彼以上にプロ根性あふれるミュージシャンを取り上げたい。簡単に言うと、そのミュージシャンはライブ中に、股間……具体的にはTAMA(以下TM)に大ケガを負ってしまったのだ。出血をし、下手するとTMを失ってもおかしくないレベルの大ケガを!

だがしかし! そのミュージシャンは演奏を止めることなく、想像を絶する痛みに耐え、ライブ終了までステージに立ち続けたのである! なんというプロ根性!! アクシデントの瞬間を記録したYouTubeの動画とともに、色々な意味で鳥肌が立つストーリーを紹介しよう。

続きを全部読む

【悲劇動画】戦闘態勢に入っている男性の股間が電車のドアに挟まれた

男性なら誰しも、間の悪いタイミングで股間が戦闘態勢に入ってしまうことがあるだろう。地下に眠っているはずのミサイル発射台が突然地上に姿を表し、ミサイルが雄々しい仰角で天を向く、そんな時だ。

今回取り上げる動画に登場する男性もタイミングが悪い。なんと、満員電車に乗ろうしている時にスイッチオンである。しかも、その男性はタイミングだけでなく、場所も悪かった。電車のドアのすぐ近くだったのだ。結果……男性の男性自身が、電車のドアに挟まれてしまったのである。悲劇の一部始終はYouTube にアップされた動画で確認できるぞ。

続きを全部読む

【iPhone6行列】トラブル発生! トラブル発生! Gパンのままデッキチェアで眠ると股間がハンパなくムレムレになる / かといって短パンだと寒い

iPhone6 Plusをいち早く購入するために、東京・丸の内のドコモショップに並んでいる佐藤記者。本サイトでは、これまで佐藤記者の現状を紹介するとともに、虫さされ対策など、行列に並ぶ際の注意点についてもレポートしてきた。

今回、また新たに注意すべきポイントが判明したので取り上げたい。実は蚊や眠さ以外にも、見えざる敵がいたのである。それは……股間の蒸れだ!! 佐藤記者が「うんこに行ってくる」と言ったきり帰ってこないので、私(和才)が代わりにお伝えしたい。

続きを全部読む

とあるネットユーザーの『女子あるある』が面白い / 「男性の股間を凝視している」「どうでもいい事を隠す」など

男子にとって女子とは、なかなか理解しがたい存在である。もちろん女子にとって男子は理解できないと思うこともあるだろう。だが、男子から言わせてもらえば、女子は男子を見透かしているように見えてならない。たぶん、その手のひらの上で転がされているのは、間違いなく男子の方だ。

とあるTwitterユーザーが、「女子あるある」というのをまとめていたので、ご紹介したい。その内容を見ると、何となく納得してしまうものが多いから不思議だ。

この内容は、電子書籍を取り扱っている『竹の子書房』のコラム担当、「@MaDrine666」さんがまとめたものだ。彼女は赤裸々に、女子の心の内側を端的な言葉でまとめている。その内容は以下のようなものである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2