「職人」にまつわる記事

【必見】ある村に伝わる奇祭「神輿レース」がファンキーすぎる件 / 必殺技・まくり差しがめちゃめちゃカッコイイ!!!

最近では、インターネット上でさまざまな動画を視聴できる。ちょっと検索すればおもしろい動画が見つかって、うっかり夢中になってしまうとアッという間に時間が経つのだ。

私のようなオッサンからすると、本当に便利な時代になったなぁ~と思わずにはいられない。

さて、いつものように、おもしろ動画サーチにいそしんでいると、スゴイのを見つけたのでご紹介したい。いやあ、これはハイレベルで、ビックリだわ。

続きを全部読む

【職人】ロボットレストランの求人チラシが斬新すぎる! あらゆる有資格者を募集しまくりッ!!

ロボット、ロボット、レストラン♪ 歌舞伎町にオープン♪ ナゾのエンターテインメントレストラン「ロボットレストラン」がオープンして、早いもので5年が経過した。総工費100億円と言われる、トンデモない飲食店なのだが、海外のアーティストのミュージックビデオに起用されたことを気に、外国人観光客の間で注目を集め、すっかり日本の新名所として定着した感がある。

そのロボットレストランの人材募集のチラシがスゴイ! レストランでありながら、およそ飲食とは関係のない資格を有する人を募集しているのだ。これは、自前で新しくレストランを建てる気なのか!?

続きを全部読む

【神業動画】仕事の極意を身につけた職人たちが繰り出す「プロの美技」7連発

その道を極め、熟練の技を持つ人は「プロ」と呼ばれる。他の人に真似できないような “技” を持つ彼ら。雲の上のような存在と思いきや、意外と身近なところにいたりするものだ。

ということでご覧いただきたいのが、動画「Amazing Skilled Workers」に登場する7人の神様。近いところで極意を身につけたプロたちは、どんな仕事ぶりを見せているのか。その職人技は瞬き禁止だ!

続きを全部読む

これぞ才能の無駄遣い! どんな写真も「映画ポスター」にしちゃうネット職人が激アツすぎ!!

映画のポスターではデザインが重要。どのような映画か一発で分かり、スタイリッシュで、人の心もつかみ、その上、集客力がなくてはならない……うーん、素人には難しいお仕事かもしれない。

しかしネット上には、どんな写真も、カッコいい「映画ポスター風」に変えてしまう職人さんがいるのをご存じだろうか? どれもこれもレベルが高く、実際に見てみたくなる良作ばかりが生み出されているのだ!

続きを全部読む

謎の書物『亞書』の出版元の住所地に行ったら理容室だったので「スポーツ刈り」にしてもらった

謎の作者に謎の出版社、謎の価格(1冊6万4800円)に謎の大長編(全96巻)、それなのに、なぜかAmazonでしか流通していない──という、すべてが謎に包まれた書籍『亞書』については以前の記事でお伝えした通りであるが、それらの謎は未だに解明されていない。

だがしかし、出版元の住所地を調べてみると、意外な場所であることが判明した。実際に行ってみると……なんと理容室だったのである! 出版元との関係は不明なのだが、せっかくなので「スポーツ刈り」にしてもらったぞ!

続きを全部読む

【神業動画】これぞ職人技! 木目も描いちゃうタイのペンキ屋さんがスゴすぎ!!

誰しも一度は夢見るものにマイホームがある。仮に建てたとしたら、気になるのはなんといっても外観。きれいに塗装してくれるかどうかが重要だ。そしてそんな時は、できるだけ腕のいい職人にお願いしたいものである。

ということで今回は、是が非でもお願いしたくなるようなペンキ塗りのプロ……かつてないほど芸術的に塗装するタイの男性をご紹介したい。これぞ職人技! そう思わずにはいられないほどの塗装は必見だ!

続きを全部読む

マンゴーにこんな切り方があったとは! 食べやすそうなうえにカットが芸術的

これから夏を迎えるにあたり、果物がおいしい季節となる。中でも人気なのがマンゴー。日本では沖縄県をはじめ、宮崎県が名産地として有名で、現地に行って食べるのもひとつの醍醐味だろう。

ただ、マンゴーはど真ん中に大きく平たい種が入っており、買ったはいいもののどうやって食べたらいいかわからないという人もいるに違いない。そこで今回は、海外露天商の芸術的な切り方をご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】プロレスラー「ヒロ斉藤」のセントーン47連発

世の中には「職人」と呼ばれる人間がいる。決して目立たず自己主張も強くないが、その仕事っぷりは誰からも一目置かれるような存在。歴史あるプロレス界には、これまで多くの職人が存在したが、「ヒロ斉藤」その人も誰もが認める職人レスラーである。

もし周りにプロレスファンがいたら聞いてみて欲しい、「ヒロ斉藤といえば?」と……。おそらく9割の人が「セントーン」と答えることだろう。多くのプロレスファンにとっては「ヒロ斉藤=セントーン」「セントーン=ヒロ斉藤」なのだ。

そんなヒロ斉藤のセントーンだけを集めた動画がYouTubeにアップされているのでご紹介したい。動画のタイトルはズバリ!「ヒロ斉藤セントーン47連発」だ!!

続きを全部読む

【北海道グルメ】オーダーしてから1時間40分待ち! 夜だけ営業の超こだわりパフェ屋は完全にアウターゾーン!! 札幌「ピープル・ピープ」

食べ物を注文してから運ばれてくるまで、あなたは何時間我慢できるだろうか? 気の短い人ならば30分でも嫌だろう。気が長い人だって、1時間待たされれば、「ん?」と思うはずだ。

そんな環境でも大混雑しているお店が札幌にある。パフェの「ピープル・ピープ」だ。スイーツなのに夜だけ週4日間、それぞれ5時間ほどしか営業していない。完全に異質である。いったいどんなパフェが出てくるのか? さっそく行ってきたぞ!

続きを全部読む

【笑った】宅配寿司『銀のさら』公式ブログがはじけすぎな件 / 寿司力1万9000のインド人が「寿司-1グランプリ」で頂点を目指すって…

うまい寿司を自宅まで届けてくれることで知られる宅配寿司『銀のさら』。インターネット注文もできるため、公式サイトをのぞいたことがある人は多いかもしれない。しかし今、注目したいのは『銀のさら』の公式ブログである。

記者(私)自身、『銀のさら』の公式ブログでまさかここまで笑うとは予想外であった。いや、そもそも『銀のさら』が、謎のインド人が寿司職人を目指す物語を連載しているなんて予想外であった。予想の斜め上をいきすぎていて、『銀のさら』を尊敬してしまったぐらいだ。「日本一のおもしろ宅配寿司屋」の異名をとってもおかしくないとさえ思ったほどだ。

続きを全部読む

ぎゃあぁ…蛇!? かと思ったら正体はキュウリ / おうちでカンタンにできるニョロニョロ「ヘビの作り方」

包丁1本で作り上げた、食べることができる芸術品、包丁細工。

本日みなさまにご覧いただくのは、そんな「見るものの度肝を抜く」、包丁細工技のひとつです。米マイアミ在住の日本人寿司職人、Hiro Teradaさんが手掛けた驚くべき作品、それはなんと、キュウリでできたヘビ

水の中でグネグネ動く様は、まさにヘビそのものといった印象。ちょっぴり気味が悪いけれど、これができたらホームパーティーなどで賞賛を浴びること確実。もちろんお子様ウケも、相当良いかと思われますぞ。

続きを全部読む

職人技を見ながら味わえる! 目黒の老舗とんかつ店『とんき』は究極至高の「とんかつ劇場」だ!!

東京・目黒でとんかつを食べたくなったら、避けては通れない究極至高の名店がある。その名も「とんき」。創業は昭和14年。74年もの歴史をもつ、老舗中の老舗とんかつ店だ。熱烈ファンも数多い。

一体なぜ目黒の「とんき」が古くから人気なのか。その答えは、完成され尽くした “味” もさることながら、国宝レベルの職人技を目の前で鑑賞できる “場” の雰囲気にもあるだろう。

続きを全部読む

インドから船便で海外に荷物を送る場合、たとえそれが片手で持てるくらい小さくても、ひとりじゃ担げないくらい大きくても、布職人に荷物を布で包んでもらい、縫ってもらう必要があるのをご存じだろうか? インドでは郵便局の内部や近隣に必ず布職人のおじさんがおり、郵便局に荷物を持って行く前に布で包んでもらい、縫ってもらう必要があるのだ。

「そんなの意味わかんない! 面倒だ!」と言ったところで、布職人が縫った布に包まれていないかぎり、郵便局は荷物を受け取ってくれない。「いいから縫ってもらえ!」と言われておわりである。

続きを全部読む